2016年 4月 カゴ竿の遠投ブルズアイを投げ竿にプチ改造

 我が家の周りのサクラが散ると、ブルーベリー20本の花が咲き始めます。ほんで熊蜂や蜜蜂、今年は5種類の蜂がやってきました。鳥もメジロやウグイス、モズ、ヒヨドリ、スズメが無農薬で発生する葉巻虫やらを捕食しに朝から賑やかです。初めてやってきたウグイスもエエ声出してますww。なにやら豊作の予感がしますねぇ。今年も30Kg越える収穫が出来るかなぁ?
DSCF1133_convert_20160429125235.jpg

 隠岐ノ島へ行く予定が雨と強風の加減で少しズレて、えらい暇になってしまい、以前から実行せなアカンと言う事を、今日からするゾーとの気合いで取り掛かりました。
 活魚を付けて投げている遠投用のカゴ竿なのですけれど、長年投げ竿に馴染んでいると、どうしてもリールシートの位置が短くて合わないんですねぇ。ワテの考えられるところでは竿尻を延長するか、リールシートの位置を変えるかですね。でもリール取り付けはスクリューシートの位置変更やから難しいなぁ。竿尻延長も振り出し竿の仕舞いに支障が出そうやし、強度も不安です。手前の1番竿だけを古いスピンパワーと交換するのもあまりに竿内径が合えへんしなぁ??大体がスピニングリールで投げるように成って無いのかなぁカゴ竿ちゅーのは??。せめて遠投と銘が打ってあるんやし、もう少しリールシートの位置を広く取れへんもんなんかなぁ?別に遠投する気は無いですがねぇ・・・・。理由としては竿全体が投げ竿と比べるとメチャ柔らかい事もあるんやろか?キット何か他に理由があるのでしょうね。メーカー各社同じような位置やもん。まぁ兎に角、スピニングリールで投げ易くなるようにチョットだけ触ってみます。これで近投の名人に成れるかもしれまへんね。

 初期のスピンパワーBX-Tからリールシートを2個外してきました。おっチタンって刻印してありますね。これをカゴ竿に付けるだけです。スクリューシートより竿先側に付くし、以前は良くガイドを交換したり位置を弄ったりしてたんで、リールシートだけなら簡単な作業で終わりそうです。スレッド(巻く糸)色は車のタッチペンで塗装しようかなと思いました。メタリックもきっちりと再現出来るやろうし、なんと言っても色彩が豊富で、色調も確実でしょう。竿との色合わせも塗装色が解るのでエエかもね。今回は残っても使えるよう車に合わせた色でトヨタ202ブラックと竿に合わせたトヨタ8K4ライトブルーメタリックで新しいスレッドに着色してみます。
DSCF1074_convert_20160429125315.jpg

DSCF1125_convert_20160429125854.jpg
用意したものです。

A #1000以上の極細目 耐水ヤスリ
B カッターナイフ(バリを取る時に刃ではなく背を使います)
C 棘抜き(塗装が乾いていない時にフワフワ飛んで付着した埃掴や塗装の水泡取りに重宝します)
D うすめ液 薄めたり拭いたりあれば良いですね。無くてもOK
E 仕上げのエポキシ樹脂、扱いがメンドクサかったです。車用のクリアで仕上げたらよかった
F 紙製のテープとビニル製のマスキングテープ
DSCF1075_convert_20160429125341.jpg
今回はスレッドの色は何でも良いです。残ったPEの細いものでもOKやね

DSCF1078_convert_20160429125404.jpg
巻き上りました。次はマスキングをしてタッチペンで塗りましょう

DSCF1079_convert_20160429125430.jpg
1度目のトヨタ8K4ライトブルーメタリックを塗ったところです
なんか、スレッドの色がプロサーフの色に近いなぁww

DSCF1085_convert_20160429125504.jpg
#1000以上の耐水ヤスリで泡を消したり、表面にヤスリで極小さなキズを付けて仕上げ塗料が乗り易くします
出たヤスリ屑を全て吹き飛ばすのを忘れずに

DSCF1099_convert_20160429125530.jpg
スレッドの色付終了

DSCF10866666_convert_20160429125551.jpg
エポキシ樹脂を塗り、良く乾かせば、
ブルズアイSP 遠投4.5-520PK改リバーシブルの出来上がりです

DSCF1128_convert_20160429125632.jpg
2本共綺麗にできました。両竿とも同じスレッドを使っています。
上の竿は4号ブラックエディションLTDの竿にトヨタ202ブラックを染りました

DSCF1130_convert_20160429125656.jpg
残ったエポキシは竿尻へ、勿体ないのでコテコテに塗りつけてます。


 塗装はホンマ簡単にできます。塗り面積が少ないですし、随分昔から商品化されてるだけありメタリックの再現も旨くできます。ところが乾き難くて粘度が高いエポキシコーティングはワテには扱い難くかったです。マスキングもしっかり確実にしないと、紙のマスキングテープだと乾き出すまで時間が掛かるので染むし、ビニルテープはシワや隙間からは滲むし、テープは両方併用してリールシートの隙間とか溝とかをキッチリ詰めましょう。

 実釣はまだですけれど外で振ってみると、遥かに振り易くなってます。振れすぎるのかも?軽いオモリで旨く飛ぶ感じですね。高齢者向きww?4号4.5号の竿を投げ竿とでは比べられませんけど、しなやかで軟投や近投、カゴも100M近くはせぇ~のビヨヨヨーンと投げられそうです。

 ところで先月ワテのTwitterに、カナダの日系の人からメールが入りまして。内容はエサ箱の製作注文でしたが、それはそれは丁寧にお断りさせて戴きました。
お金を戴くちゅー事は一切していませんし、また戴く程の事でも無いし、まぁ何時も適当にしか出来ないので・・・・スンマヘンですわ


 

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

いやいや

クルマ用のペイントって、寒暖差に強くなくてはいかんので、結構竿のしなりにも追従するかもしれませんね。

しかし、隠岐島でエイって、またまたwww.

たっくうさん こんばんわー

あはははー。長い間気がつかなかったんです。(なんでやろ?頭が固くなって来たんやろかな)

ほんま簡単な事で、リールシートを付け足したらエエだけでした。

実釣は近々、隠岐でアジをつけて超大型エイを釣ってみますww

今日は餌の段取りをしたり、渡船屋のおやじと連絡をつけて夜中に迎えに来てくれへんかぁ

とか色々やってました。

ほんでタッチUPペンちゅーのは蓋裏に小さな筆も付いてるし、ほんま旨く塗れますね。

再現色もまぁ近いし、でも皆さん同じような事を考えるんですね

あとは暇を見つけて深いキズをパテ埋めして、古いスピンパワーを

赤にスプレー塗装しようかなと思ってます。

どうせワテら素人は常温で乾かすんやから、

粘りのある塗装になって竿のシナリに割れずに耐えるかなと思ってるんですけど

なんか旨く出来そうな気がしてます。

トヨタ純正?

半世紀中年さんこんちわーでございます。

磯竿にリールシートを追加する?ってアイデア、素晴らしいですね!

しかし塗料がクルマ用ってのが笑ってしまいましたwww.

実は、昔の安物並継…竿尻が木製だったりするやつですが、塗料が剥げてくると、トヨタ純正のメタリックブラックでリタッチしてましたwww.

これが意外とキレイに仕上がるもんですから、「こんなん誰も知らんやろ~」なんて悦に入っておりましたが、あははwww.

隊長 おはようございます

メールもいただきました。

いつもお世話に成っているのに、OKに決まってますがな

了解ですよ、どうぞ持って来て下さい

詳細は返信させていただいた内容の通りです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事