2016年 3月 愛媛県 津島と御荘のタイリクスズキ

 もうそろそろ、タイリクスズキが釣れだしますよと前回ヒラメ釣りに連れて行っていただいたルアーTEAMの隊長さんからお話しを戴いて、『隊長、ほんなら先発部隊としてワテが斥候してきますわ』 午前5時に大阪堺を宇和島自動車専用道の終点目指して走ります。ほんま便利になりましたねぇ。橋渡って突き当りまで走れば津島町へ到着でっせ、時間は休憩も含めて約6時間半です。お気軽になっちゃいました。到着したのが大潮の正午頃と言う事で岩松川も干上がっています。まぁ今日は最近竿を出して居ない所で竿を出して、明日の夕方からタイリクスズキを狙いに行きましょか、この波止も空の生簀やロープが少し整理されて釣座が広がっていました。
DSCF1036_convert_20160310163824.jpg

 兎に角今日は暑い!シャツ1枚でも暑いんです。まるで初夏のような状態で塩のタブレットを1錠口へ放り込んで、経口保水薬を飲んだりして午後1時頃から釣りを開始します。バケツに汲んだ海水は1月に来た時より随分冷たく感じました。まぁ今が水温の底あたりなんでしょうかね。丁度良い水温にも感じますけれど・・・・。
 最初のアタリは15時頃でした。『じぃぃぃー 爺。爺。』回転しているドラグには大きいイラのようなスピード感が無いですね。糸フケを取って合わせを『バシーーーィィィ』ドシッと重量感はあるけれど巻き取る程にヒラヒラ感がwww。『おもたぁ~い』
DSCF1030_convert_20160310161742.jpg
水深約30mのところから3連続でこのサイズ

最後の3匹目はワテがあまりにも連続で竿を曲げているのを見て、養殖作業小屋からオッチャンが出てきて『何を釣ってるんや??』  『すんませんけど、こいつ掬ってもらえまへんかぁ?・・・もーーーー。シンドい、腕がパンパンでぇ。 仕掛けも切れへんしぃ・・・』  『あーこいつかぁ。。はははww』3匹目は養殖のおっちゃんに掬い上げてもらえました。あーしんどかった。
4匹目は釣れずに漸く静かな時間がやってきました。当たりも全くエサ取りも無いときにポツンと1発ドカ-ンと来るのがこの津島に多い感じなんです。潮も上げてきた17時前に激しくドラグを鳴らしてヤツはやって来ました
DSCF1032_convert_20160310163802.jpg
43センチのメチャ綺麗で美味しそーなイラ

まだまだ明るい18時過ぎに竿を煽るとメチャ重いです。グググッと潜る感じや首を振ってるような感覚もありーのです。メインに攻めているポイントとは違って、少し浅い水深20M程の養殖イケス際から寄せて来る仕掛けを妨げる障害物は高さ6M波止の基礎石くらいでしょうかねぇ。テーパーの結び目がスプールに巻き込まれ、高さは身長に、重くて既に真っすぐに立てられ無い竿も入れて海面から約10M、もうそろそろお魚は見えて来ます。抵抗している感じが伝わってきます。横になったお魚がちらっ『ヒ00・・・・・あっ!!!』   ポヨヨ~ンと飛んできたお魚ちゃんを見ると
DSCF1031_convert_20160310161805.jpg
体のウロコは剥がれ、尾鰭もボロボロ、深さ3mm程の歯型が斜めに綺麗に入った。可哀想なトラギス君

これは捨て針が無かったら掛からんわぁ。最後は結局ヌケル運命でした。以前此処へも小アジを持って来て飲ませをしたのですけれど、エソ以外釣れた事がなかったので・・・・・・。
周りも薄暗くなって来て、大きなイトヨリでも来ないかなぁーと期待して大潮の潮止まりになりました。ヘッドライトを点灯しても夏用の薄いジャンパーをシャツの上から羽織るだけで過ごせる異常に暑い3月初旬も、既に闇夜の20時を過ぎて来ました。
DSCF1038_convert_20160310163853.jpg
夜釣りの1匹目がこれかよーーーヌッタンやんか。・・・・やぁ~めたっ。ビール飲んで寝よ寝よ。明日は朝3時に起きるどーー

 ここの地形は北西~西に開いて其処以外は深い山に囲まれて朝日の訪れは遅くなります。カメラにフィイルターをかけても朝の青い時間が長いんです。機能の無いカメラを使うと全体が青くなるんですね。フラッシュオートで旨く働かないとこんな映り方になる時があります
DSCF1039_convert_20160309214647.jpg
朝の1投目が揃った頃に釣れたのが48センチ美しいイトヨリ嬢でした。実はこれが釣りたかったんです美味しいしねぇ

 1匹釣れれば充分満足で美味しく1食頂けます。まぁ数の出る釣り場じゃないですから予想通りこの1匹でイトヨリは終了でした。今日の夕方には教えて貰った2か所の何れかでタイリクスズキを狙うので、この釣り場は15時には離れないといけません。朝のイトヨリ嬢を釣ってから、覚悟していたエイとの格闘も無く、この場所らしい ナーーーンも来えへん時間が長過ぎますと、フト気がついたらシャツ1枚で寝ていたなんて事が頻繁にありまして。もうお昼を過ぎてド干潮に成った頃に漸くアタリが出ました。
 重量感はそれ程でも無いですけれどそこそこに、首を振っているような感じと偶にゴロゴロ感、あっ、ヤツやっ、切られるかな???そんな感じのお魚が釣れました。
DSCF10404_convert_20160310163937.jpg
練天の具材のエソ55センチでした。

これを機会にゆっくり納竿準備に掛かかる事に、兎に角今日も暑くて汗が滴り落ちてきます。今冬はまだ一度も防寒着を着用したことがありません。今回もこの調子やったらまた着ないやろうなぁ。
 予定どうりタイリクスズキを釣って見たいと言う事で出発します。今日は半夜にするか通しにするか状況任せで、教えて戴いた岩谷川のテトラ波止を覗きましたけれど、先着の方が居ました。テトラ積みですけれど平たい部分が上を向いて足場もそれ程悪く無いのですけれど、どう見ても定員一人竿3本でしょうね。残念な事に先客が居たので御荘まで走ることにします。そこでアカンかったら愛南町で何か釣ろうと予定を立てました。
 16時頃釣り場へ到着、レクチャーを受けた釣座3か所とも空いていました。到着から西風が強くなり6Mと出ています。物影がある所を選びそこで竿を出す事にします
DSCF1051_convert_20160310164016.jpg

あちこちに水門があって、川の流れ込みもありポイント全体に浅く絶好のスズキ場のように感じます。まぁエサ取りも多いやろうなぁ。そんな感じの釣り場です。エサ取りの猛襲を覚悟しましたが、意外と針に残って戻ってきます。底は起伏の少ない砂底で所々に邪魔にならない程度で藻が生えている感じです。結果から言うと全くアタリがありませんでした。ひと月早いのかなぁ~そんな感じを受けましたけれど、偶々やったかも知れないです。釣り場の経験値が少ないのでなんとも判らないですね。
ウナギの稚魚を採られているオッチャンとお話しをすると、スズキは多く居るよ全然釣れへんてかぁ?釣れる筈やけどねぇ?今は釣り好きな人はヒラメ釣りをするそうで、小アジを釣っての飲ませ釣りです。釣り場まで歩いて連れていって貰いました。車を止めた真逆のところでしたけれど、『ここからここまでに沈み瀬があって、そこで5月頃までヒラメを狙い、エサはあの00工場の電気が灯っている波止で小アジを釣るんやで』ワテが竿出してる所はどうですか?『あの辺はスズキしか居れへんから誰も竿出さないよ、しかも竿4本も、アハハ』
今はヒラメをアジの飲ませで狙うのが面白いヤロと言う結論wwになりました。たしかに10日程前に高知で飲ませ釣りでヒラメを釣ったなぁ~

今回の大物釣果

イ ト ヨ リ 48センチ
エ  ソ 55センチ
イ  ラ 43センチ



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

たっくうさん こんばんわー

宇和島も土佐もヒラメのシーズン真っ盛りみたいですねぇ

これから5月頃までいけますよ。

でもカレイも今年は各地でエエみたいですから。

ほんまどれも釣りたいですww

岡山出発やったら何処でも行けるからエエですね。

イトヨリ綺麗ですね

半世紀中年さんこんにちわー

この時期宇和島方面はヒラメがいいんですね!
一度チャレンジしたいものです。

しかしデカいイトヨリ・・・素晴らしい。

そろそろ僕もよっこらしょで始動しようと思っています。

呉の島々でカレイかな~

隊長 こんにちわ

いえいえ、全くエエ情報にならずにダメでしたね

でもヒラメの良いポイントも解ったし、詳しい事は

メールで送っておきます。足元はエエし、車横づけやし

ヒラメとタイリクスズキ共に狙えるのと違いますかねぇ

只、国道からここに入って行くのが、ワテの車では大変でした。

兎に角細いですわぁ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かん太さん こんにちわー

イトヨリは煮漬けで美味しかったぁ~~

イラはゆうたろうさん直伝の西京漬で寝かし中

エソは家内が棘抜きで骨を抜いて

TVを見ながらすり鉢でコネコネしてくれてました

今日あたり練天が食べられるかなぁ~

エソとイトヨリの残骸はうちのバカ犬2匹が残らず食べてしまいました。

もっとクレェ~と言う顔してましたけれど

なにも残っていませんww

能登行きは4月ですか、エエですやん珠洲市外っ側やったら縞ホッケ

もまだ釣れるのでは?ほんま楽しみですねぇ

ゆうたろうさん こんにちわ

今回はバラシが多かったです。

水深があるために、波止の基礎部(海中部)に擦れて高切れが

多くでました。でもエイは取れるんですね。う~ん本命方向ですからね

魚拓ねー。あの得体の知れないボクジュもどきをお魚に付けるのは躊躇います

あの液体を薄めていくと青いですデ、墨の匂いもしないし(一体何者??)

本物の墨濡・墨滴はお値段が高いですものね。自己記録を更新した時くらいですかね

拓するのは

イトヨリだけなら、三浦、明浜をうろつけば、数は出る気がしますよ。

あぁヒラメねぇ。高知も愛媛もシーズン真っ盛りとちがいますか

ここよりも、もう少し釣り易い浅い所がエエと思いますけど


ところで、場所を離れる際に崖上から見てきましたよ。

新しいケーソンが入って新しい釣り場が増えてました。

地の人に尋ねたら200M沖で100Mの水深があるよって言うてました

道は細いですけれど、機会があれば一度偵察に行きましょうか??

No title

お疲れです!美味しそうなイラにイトヨリですね、それにエソだって料理次第では美味しく頂けますし。残念なのはトラギスに食らい付いた獲物ですね。私の能登島は4月に延期ですが、来週あたりから活動予定です。

No title

半世紀ヒラメ名人さん こんにちは
でかエイしか釣れませんといっておられましたが、何の何の・・・
やっぱし釣りはりますね~
イラのデカパン・・・魚拓とったらSですやん
何よりイトヨリの超大物・・・実寸でSですやん
良く超えておいしそうですね~
以前、連れて行っていただいた高知で釣った初のイトヨリ30cm
あのお造りのおいしかったこと・・・それ以降私には縁がありせん。(笑)
ヒラメも、今回は、残念でしたが・・・それでもかすっていますし・・・
毎回、高確率で釣っておられて・・・うらやましい限りです。

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事