2013年6月 島根県隠岐西ノ島

 月2回程のお仕事があってUPが遅れました。と言っても大した釣果は出てまへん。なんかねー調子が悪いしぃ~。ついてないなー今年は。でも、今回は、有名ブロガーYさんと一緒やし釣れる予感がして楽しみにしてました。
1日早くワテが出発して、
西ノ島行きは頭から
Yさんは1日遅れのチッキ(手荷物)でGO、ワテが港でお待ちするちゅーパターンです。

 さて、初日はワテ一人何処でも入れます。この時期はでぇかいキスも群れで俳諧しているんで、明日の釣り場も潰したくないしね。やっぱり連日同じ所を攻めるのは、隠岐といえど釣果は日に日に落ちて来るんで。でいつもあまり竿を出せへんけど、まぁいけるんとちゃうか?ちゅう所で竿を出しました。いつも入るポイントとどこがちゃうの?と言うと、藻が無くて足場も良く釣りやすい、手前最後の掛け上がりも5M程先で形成されて、いかにもココで投げてよって感じの所で、投げの残骸も結構残っていて、まぁここで竿出すわなーと思わす所です。

 仕掛けは、フカセ17号の1本針仕掛けです。竿を出したのは、まだまだ日も高い15時前、タイムシ、コウジ、ユムシ、イワシと適当に長帳場を考えて使っていきますねん。完全に夜になったのは20時前でした。ほんま日が長いわ~
バラシも複数あったんですけれど、逃がしてるから何か判りません。どーもそれらしいのが2発、あれっぽいのが1発、これやんかも1発、ww特に初めての所やしね。次はリベンジに此処へ入ろー
まだ、釣れるデ 隠岐のモツは
1日目の釣果はキス、Aマダイ3匹、Bアイナメ、特カサゴ なんとまぁ。しっかりちゃんと釣らナァ

 2日目は別府港でYさんと合流して、早速釣り場に向かいます。軽く釣り場の説明をして、『熱いからエサ死なしたらアカンでー』と言って別れます。原則1釣り場1人で考えてますねん。
日も暮れかける19時頃にYさんからサメが混じるけど39と44のマダイGETのメールが入ります。サメって、ええー珍しいなぁ、そこでは殆ど釣ったこと無いねんけどなー。ワテも頑張ろっと・・・・・

 ところが頑張られへん事が起こります。もー大変ですわ。陸地を這うタイムシの親玉・・・・・それに足が生えてるヤツ。そーですヤツが現れました。こんなエエ時間にやで、なんでこんな時にやネン、おーーっ。ムカデ大王!!
ところが大王様はワテのリュック(籠タイプ)が気に入ったようすで、そこまでは目視してました。トホホ。さてそこから大王様の捜索ですわ。怖いけど、中身を全て出して確認していきます。一度見つけたんですよ。背中側の狭い隙間に大王様が居られるのを、でも直ぐに見かけなくなりました。アルミパイプの中でも入ったんちゃうかなー。どーしようも無くなりました。一番の時合をムカデ大王に潰された約3時間、怒り心頭でんな。その後の処理は秘密、アハハハ
でも、どーすんのこの散らかった荷物、とりあえず大ビニール袋へ入れとこ、此処へリール8台かぁ、もう一袋必要やなぁ
 結局2日目の夜は小ダイ、大イワシサイズのキス数匹でした。針はキングサーフ17号の中型針を使っています
昼間はマゴチらしき当たりが数回イワシ餌に出まして、GETできたのは50センチ1匹でした。
久しぶりに釣ったマゴチやないの
マゴ針を付けずに針1本だけやったからかなー。取れへんのは腕わるいからやろなぁーーーーww
ワテと違って初日になるYさんはキスのランク物も結構釣ってはった筈ですで、

 3日目は少し睡眠を取ってから別府方面へ、理由は思ったより潮が高くて1人はウェダーが必要やったんです。夜は倉ノ谷のキスやったら大きいの出るやろっちゅー魂胆です。
約20年振りの倉の谷、あんまり変わって無いなー
リュックが無いので波止まで4往復ですわ、リュックって、すごぉ~ぃ偉かったんや。素晴らしいものやったんやな

最終日やから頑張らなぁとは思いながらも、寄る年波には勝てまへんな、完全一晩とはいきませんでした。アカンわぁ。でもYさんは違いまっせ、今回最長寸の29やったかな、を含めて沢山のランクキスを釣ってはりました。旨い、上手や。
ワテでっか?Aマダイ1匹とイワシサイズのキスここでも数匹でした。ウナギ針13号ハリス8号2本針仕掛けです。

今年はなぜかワテにはエエお魚が釣れてくれまへん。どーなってるんやろ。アカンわー

これに懲りずに又いこねYさん




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事