スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 3月 愛媛県 宇和島 渡船で浮桟橋 ケーソン一文字波止 

 去年の11月頃から絶不調が続いて、なんと前回の初釣りは餌取りさえ釣れずにヘタクソ過ぎを露呈しているそんなワテの状況を見かねた釣友のタックウさんとで、渡船を使って乗った事がない所へ探検しよかぁ。宇和島やったらお魚も多いし、なんぼなんでもヘタクソ杉でも、作戦どうりに渡れば釣れまっせっ新規開拓に行こ行こっ

 午前7時前に釣り餌でお世話になっているTポートさんで、青イソメとおまじないに、ほんの少しマムシを足して、午前7時前に出発しました。途中平日の渋滞も無く大阪堺から片道約500Kmで、宇和島のすき屋に到着したのは金曜お昼休みの12時過ぎ、昼食を掛け込んで、今日は地方から竿を出せそうな所で半夜をして、明日は朝5時から初めての渡船を使うのが今回の予定です。
DSCF1412_convert_20170312225836.jpg
 地方からは昔から結構竿を出しているので、『あーーここはロープでアカン』とか『ここも出来そーやけどアカン』でぇとかある程度2人共知っているので、余り此処で投げようと言う場所がありません。
結局時間的には短いけれど、連絡が取れれば初めての渡船を今日から使って見る事にしよかぁ。新しい所も1日多く探れるヤン。
珍しくうまく連絡が付ついて、今まで諦めていた養殖イカダの沖やら手前やら、はたまた磯から出ているケーソンやら一文字波止へ、半日いや1回多く渡る事が出来ました。

 さて、船に荷物を積み込み終わると船頭が『何処に渡りましょか?』投げ釣りの釣り物、釣り方や、イカダを固定しているロープの重要性を話したりしたのですけれど、解ってくれてるんやろか?
そこで今までに何度も見てきた浮桟橋の先端部へ二人一緒に渡る事にしました。でも乗っている時間は約4時間、実際釣っている時間は3時間程度でしょうね。ホナ頑張ろかぁ~
DSCF1414_convert_20170312225914.jpg
生簀の間を縫って先ずは2人で一番手近の浮桟橋先端部へ渡りましょう

 急いで竿5本をセットして投げて見ます。深いですね。深けりゃあエエって事は無いですけれど、そうやねぇ~隠岐浦郷浮桟橋の7番の足元と変わらないですね。と言う事は水深25mはあるような気がします。深い水深を経て底着したオモリは1度も海底に潜る事は無かったです。養殖が盛んだから底はドロかなぁ?と思っていましたけれど、未だ解らないですけれど結構砂地も多いのかなと言う感じです。
DSCF1415_convert_20170312225955.jpg
船頭に言わせるとこの桟橋辺りが一番深くてここから何処へ行っても少し浅くなるそうです。

 基本的にここは沖の生簀際からロープは無くて、ズルズルと際まで寄ってきて巻き取ったオモリや餌を触って見るとメッチャ チメタイ。ほんまチメタイ どー書いたらエエんか、凍る寸前のような感じ。大げさや無くて今日は外気も冷たいにかかわらず。『ウオッ 冷たぁ~』と感じます。なんか嫌な予感が過りますけれどねぇ。11月から今日まで、なんちゃって30イシカレイ1匹しか釣って無い自称 ボウズ男ツカやん やからね(昔、関つりにそんなタイトルありましたなぁ~)
まぁ色々探って行く内にミニカサゴが当たり出し、最大は大物と言える30cm少し越えるカサゴ君をGET
DSCF1419_convert_20170312230017.jpg
お目目も内臓も飛び出したカサゴ君(キチンと食べてやるからな。)

 なんか引っかかるようなシモリも判れへんのにカサゴ君しか釣れへんやん。釣り荒れはしていないけど、水温がメチャ低いちゅー事かぁ?と推測してますが如何でしょうか。後釣れたのはケムシ3匹とヒトデ2匹でTIMEOUT
今日はホテルランクル号で早く寝て明日に備えましょかね

 さぁ今日が本命、宇和島では未だ薄暗い午前5時半の出船でヘッドライトが要りました。なんと土曜の朝一番でも客はわれわれ2人だけ、そう言えば昨日の撤収も我々だけでした。まぁ商売気が無いちゅーたらそのとうりで、その方がワテらに取って都合が良いのですけど『渡船やぁ~めたっ』てされたらこの辺りに渡して頂ける人を折角見つけたのに困りますよねぇ。

 タックウさんは湾口近くの島(磯?)にあるケーソン一文字に上がります。潮通しは抜群らしく、水深は適度な水深、シモリも点々として、イケスロープも入っているので正面1人分で竿4本かなぁ~と言うことでしたけれど、イトヨリ、カサゴと数が上がって、砂地が多くて、エサ取りもイソベラが賑やかやったらしいです。でも当日の一番のアタリは大きなイソベラやそうでしたww。

 ワテは昨日に続いて浮桟橋へ、昨日の桟橋の隣にあたる新しい所。まぁ投げるにはあまり関係が無いところに籠が仕掛けてありました。
DSCF1421_convert_20170312230040.jpg
先端部に居るので、繋がっている後ろも当然、浮桟橋になっています
DSCF1417_convert_20170312230131.jpg

 底は泥混じりの砂で水深は深い方向で20m程、浅い所で10mなんか掛け上がりの真上に居るような感じの所ですが、根掛かりは一度も今日はありませんでした。でもここも水温が低そうでチメタァ~イです。放流サイズのカサゴが適度に当たる程度、
DSCF1425_convert_20170312230151.jpg
モゾモゾとした変な小アタリが出て綺麗な可愛らしいホウボウちゃん

 迎えの船を17時半に頼んでいて、12時間釣る予定でいましたけれど、何せこの水温の低さとアタリの無さで、帰りも約500Kmあることやし、15時に切り上げ納竿で退散することにしました。

 もう少し条件の良い時に投げたいと思います。全ての浮桟橋と3本あるケーソンに乗って見たいなぁ。でもまぁなんとか大物が1匹釣れて良かったけれど、なんか複雑やなぁ~。帰りに気がついたのですが、愛媛の一部の、お山の山頂部には未だ少し残雪が見えてました。そらぁチメタイ筈やわ

今回の大物釣果

カサゴ 30センチ




 

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

タックウさん お疲れさまでした

 いえいえ、初めてこの辺りの渡船を使う事が出来て

ほんま楽しかったです。大物は釣れても良し、釣れなくても良しで

ゆっくり、のんびり、投げて、更に新しい釣り方も試せたし、

ほんで良く寝たので、気持ちは切れる事は無かったですね

ランクル号も漸く22歳を迎えましたので、どんどん乗ってやって下さい

お疲れさまでございました

ツカヤン、今回は無理くりスケジュールをあわせていただいたうえ、へたっぴな釣りに付き合わせてしまい、申し訳ありませんでした~

正月明けの頃は気温が低くても、海水に手を浸けると温かく感じてました。今回は本当にオモリが冷えきってましたよね。

しっかり夕方まで頑張るつもりが、独り浮き桟橋の上でペヤング食べてたら、気持ちが切れてしまいましたwww.

でも自分にランクルが運転出来るのが判って良かったですwww.

また懲りずにご一緒させてくださいね。

隊長 おはようございます

 単車で遊んでばかりしてないで
今度、御一緒しましょうか?
アジングなんて間違い無いですよキット
なんかエエのもHitしそうですねぇ
獲物はワテが頂きますからハイ

そそ、ヒラメのエエ所ありませんかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆうたろうさん こんばんわー

まいどでおます。

まぁカサゴしかワテには釣れませんでした。周りより温度の低い海水の比重は重くなかったですか?ほんで一番深い所にチメタイのが集まったんかなぁ??
何が正解なんか難しいですね。
でもほんま小さいカサゴだけは良く釣れました。釣り荒れしていないのでしょうね。
次回はノドクサリを狙える6月以降ですかねぇ~。御一緒して下さいね

 了解してますデぇ。今度こそ、ごっそりカレイを釣らしてくだされまし
近日中に連絡しまぁーす。

No title

お疲れ様です。
カサゴの大きいのは、釣り荒れしてない証拠ですし、ほかのお魚さんがもう少し出てきてもいいような気もしますが・・・ほんとむつかしいといいますか、不思議ですね。
一年で一番水温が低いとはいえ、水深があったら水温が低くなりにくいように思いますし・・・
条件のいい時に、また是非ご指南ください。
とりあえず、今月下旬のご指導よろしくお願いいたします。
楽しみにしております。(笑)

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。