2016年12月 三脚竿立の滑り止めメンテ

 この間、今年最後の年越し用の鴨掬いへ行った時に、渋柿を戴いて帰りました。今年は不作で例年の半分以下らしいです。でも大きくて綺麗な柿が多く、干すのが難しくなりそーやなと思ったしだいです。
DSCF1362_convert_20161223220049.jpg
大きい柿なんで本体へ切り目を入れて干しましょうかね
今、干せば年末あたりに出来るかなぁ。これが又メチャ旨いんですワ。ホンマ、直ぐに無くなってしまいます。
DSCF1363_convert_20161223220113.jpg

 さて、今年の垢落としとばかりに、竿や玉の柄を洗って水を抜いて乾かして、車のワックスを掛けてピカピカのツルッツルに30本を仕上げました。『あーーーーシンド』

 洗った竿立三脚にも油を挿して行くと、一脚だけ滑り止めを付け忘れている物があったので、セットする事にします。滑り止めって何?と思われるかも知れませんね。三脚に投げ竿を掛けてやると、1番ガイドまで滑ってから止まったりして、思った所、好きな角度で竿を立て難いですよね。それをある程度解消してやろうと言う事ですねん。材料費も安く簡単に出来るし、再現性も高いです。
DSCF1369_convert_20161223220155.jpg
径10mmの熱収縮チューブを7cm程に切って、径7mmのアルミ製波型の竿受け部に押し込んで行きます。波型の両辺取り付けても良いですけれど、ワテは片辺ずつ通しました。チューブに出来たシワは適当に伸ばして下さいね。
それではヤカンにお湯を沸かしに行きましょかww
DSCF1372_convert_20161223220221.jpg
沸騰したお湯をセットした竿立部分に掛け流ししてやれば殆ど終了です。
波型竿立のEND部分に径8mmの絶縁キャップを被せてやれば完成となります。材料はホームセンターで絶縁キャップ30個100円、熱収縮チューブは1m450円位やったかと思います。チューブの収縮は径で約半分まで頑張るって書いていました。長さは2割程度みたいですね。
DSCF1377_convert_20161223220245.jpg

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

隊長 あけまして賀正~

まいどでおます。

高知への段取りをしようかなと思っていたら、

あそこはそうですか、工事ですか。残念やなー去年楽しかったのに

何処か近くでヒラメのエエ所無いですかね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事