2017年 6月 高知県 奈半利一文字波止

 今回はユウタロウさんとの御縁で初めてリスキーさんとお会いして、リスキーさんの綺麗なお車で大阪堺を出発します。そこで大きな問題が発覚しました。ワテの眼鏡が無いんです。そーですボロランクル号の中ですわっ。視力0.1でも鬱陶しいので普段は眼鏡無しで老眼との兼ね合いもあり裸目で居るから余計でした。流石に運転は近視・乱視・老眼ではあきましぇん。運転と車の好きなワテでしたけど、ほんま運転もせんと楽させて頂いてスンマセンでした。
今年も雨期に入って関西地方も梅雨入り宣言をして暫く過ぎ、いよいよ予報上は四国・関西にも前線がやって来ると言う前々日、リスキーさんとユウタロウさんとワテの3人で、今年2回目のコトヒキ狙いで渡りました。

 天候は晴れと言うか薄曇りで前回よりも過ごしやすくて良かったです。それでも水分補給は完璧に、排熱にも気を遣わんと干からびてしまいますね。これは夜になっても同じで補給排熱は肝心でんな。
赤燈先端部の1個のケーソンにユウタロウさんとリスキーさん2人が乗り、南西角から安芸向き中心のベストポジションで、コトヒキに良い潮を待ちます。
DSCF1498_convert_20170621192308.jpg
ワテはそのケーソンと70cm程離れたケーソンから更に1つケーソン分離れた所、中央西寄付近から投げる事になります。
DSCF1466_convert_20170531114635.jpg
判り難いけれど、段差もあり隙間も70cmあります。危ないねー。ウネリのある時は間欠泉のように噴き上げます

ワテの一番西側のラインと仕掛けは何時も干満ともに同じくゆっくり西の波止先方向へ流れて、そこから先端ケーソンの隙間あたりで止まります。
ケーソンの隙間に潮が吸い込まれ裏へ抜けたり払い出したりしているからでしょうか、周辺に潮の動きが出る様子です。何度もここに乗っていますけれど、ここを塞がれると外向きのポイントは絞り難いですね。
DSCF14933_convert_20170621193510.jpg

今日はまだまだ潮は小さくて、求めている潮、流れる様に安芸へ向かう潮は現れまヘン。渡船前に船頭が潮は2~3日前は早かったけど昨日位からはあまり動かんナァと言ってたのを思い出したしだいです。
少し西への潮が出だしたかなぁと感じた時には、流されたラインがユウタロウさんと絡み出しました。夜に入って先端部で投げている範囲が広がったんでしょうかね?
今年は大物コトヒキが釣りたぁーいと言って居られましたので、まぁ全サ的に頑張って頂くとして、ホンマの地合いに絡むなんて勿体ない事がお互いにあってはいけませんので、延長された東端のケーソンへ竿2本づつ移動することにします。8本出しているので熱いしシンドイですわ、新しいケーソンの外側半分には、海面には出ていないけれどテトラが入っていて、もし大物を掛けて取り込みで潜られたらアカンのでもう少し手前で釣座を作ります。
移動に1時間程掛かったかもしれないですけれど、なんとか落ち着いて竿のラインを見ると、それ程アチコチ向きに投げた筈は無いのに、右左とバラバラです。2本ずつ4回移動しているので時間差は20分程ですね。兎に角投げ直しと、1時間程前に投げた移動後に一番東端から室戸向きへ沖のテトラ横並びへと投げた竿から回収してみます。
『ありゃっ。チョット重たいで?ここは以前から小ニベ(イシモチ)が多かったからなぁ・・・・・』
然したる抵抗も無く只重いだけで、ワテはニベだろうと思ってました。ドローーーーーーッと波止へ上ってグーッ、グーッと鳴くのは同じですけれど
PICT14955_convert_20170621193538.jpg
コトヒキ36cm

右の目が無くウロコだけで口も変なお魚でした。幸い変形した唇に針が掛かっていたので、弱らない内に即放流してやる事ができました。ワテ的には美味しいと思って食べた事が無いので、上手く帰してやれて良かったです。ケーソンが入って延長され、テトラの配置が変わって潮の流れも以前とは変わったかも知れないですねぇ。潮の動きが良くなって動いたり止まったりし、安定せず右や左へ流れています。今夜は潮が小さいので次は大きい時に乗ってみたいですねぇ。他に東端で今日釣れたお魚は以前と変わりなく小ニベが主体でしたが。一番大きいのは30cm程5匹とまずまずの型揃いwwwでおました。

今回の大物釣果

コトヒキ 36センチ


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 6月 鳥取県 鳥取港一文字の予定が浜坂一文字へ転戦 

 近畿地方も梅雨入りになっちゃいました。人間が勝手に梅雨入りやどうのこうの言っているだけで、自然はそんなもの関係ありませんが、確かに雨期なんで雨が多くなりますよね。ほんで前線の上下南北移動の天気予想は風向きと共に難しくなる季節になりました。それでも、良い天気の日はあるもので、そこを狙って出かける事にします。安物カッパは常時リュックに入っているのですけれど、まず雨の時は行かないので、防寒の代わりに着る時しか使わないです。ほぼ用途外使用でんな。

 活けアジの手配が出発日まで出来なかったので、少々不安でしたけれど、釣行日に入荷すると言う事で、まずは一安心。
DSC_00222_convert_20161108161522 - コピー
これで帰りの小アジ南蛮漬けは確保できました。鮎の友釣りみたいなもんやねぇ。友さえ逃がせへんかったらボウズ無しやもの、少し時期が遅いかも知れまへんが、帰りは教えて貰った泥エビがあれば鳥取港で買いましょか

 大阪堺から活けアジを仕入れて、今日の餌は塩イワシと活アジしか持っていません。ルアーチームの隊長(元全サ)からの情報で、まぁ外れる事無いのと違うかぁ?とかなんとか良い話ばっかり仕入れて鳥取港賀露一文字へは午前0時過ぎに到着しました。タイマーを朝5時にして、ホテルランクルで暫し爆睡・・・・・・・。

 翌朝目覚めてなんとは無く様子がいつもと違うんですね。何ヤロ、なんか違うなぁ~。今日は定休曜日でも無いし、店の電気も未だ点いてないしぃ。変ヤ、ヘンヤ。朝の参歩をしている人に聞くと、なにやら事故があったとか仰るけれども良く判らないし、でも直ぐに変な理由は解りました。平日とはいえ、お客の釣り人が殆ど居ない事でした。おやじの船頭さんがいらっしゃったので、今日も同行していただいている名人ゆうたろうさんが船頭さんとお話しをしています。
 お話しによると、一文字波止で事故らしいです。細かい事も聞きましたが、間違ってたらアカンので御自分でお調べ下さいね。まぁ軽装備でもテトラに乗る時は気を付けて、せめて救命胴衣とスパイクシューズは付けないとアキマヘンよね。ほんで、未だ揚がっていないので、渡船は磯だけになっていますとの事でした。そらぁそうですわね。先ずは1日も早い一文字の渡船再開を待っております。
朝起きた時に理由はワカレヘンけど、長い事釣りをやっていると、なんとは無く様子が違う事に気がつくもんなんやなぁと思った次第でした。
 ほんでワテらはどーしたらエエんやぁ~と漸く気が付く始末、もう朝の5時半を回ってますデ、ここから境水道?時間が掛かり過ぎるし場所の確保も出来るか判れへん。諸寄か浜坂の渡船に電話して、一文字が空いているか聞いてから転進しましょ。最低でも小アジの南蛮漬けはあるんやからww
直ぐ渡船店と連絡が付いたのは浜坂で一文字波止には誰も乗って無いよ。と言う事だったので、賀露から3、40分掛かるけれど、グズグズしてるなら、それっ行けと言う事ですな、これ程釣りになったらちゃっちゃと出来るのに、他の事は奥チャマに怒られるまでなーんも出来ませんワ。
DSCF1490_convert_20170610125710.jpg
 7時過ぎには幸い釣り場を確保して、炎天下からの釣り開始です。浜坂は午後2時が最終で、一文字波止は2500円でおます。
沖一文字波止自体は大きくも無く、沖向き、ミオ向きともに大きなテトラが入っていますので、重装備の投げ釣りは港向きが釣座となります。
DSCF1491_convert_20170610125731.jpg

 今日は活けアジ用にしているスピンBXの1~2番にファインセラミックCXの3~4番を組み合わせたメチャ先調子で活エサを投げ易い活専用にしている竿を2本をメインに、他3本の5本体制で虫餌無し、身エサだけで頑張ります。
DSCF1487_convert_20170610125628.jpg
朝は山からの風が強くて釣りずらかったですけれど、特に気温も上がらなかったです。ただ日差しが強くて、アジの活けバケツはリュックやクーラーBOXなどで取り囲んでます。それでも風が止まった10時過ぎ頃からはもう真夏ですな、ギラギラと照り付けてグングン気温が上がっています。
DSCF1489_convert_20170610125650.jpg
水温が上がらないように時折海水を入れ替えます

 1本目のセットを終えて、丁度自分の足元から良い払い出しの潮が出ているのを見つけ、上手い事その辺りへバチャっと投げ入れる事が出来ました。中々身エサをコントロールして投げるのは難しいですねぇ。特に活アジとなると更にコントロールの難易度は上がります。
続いて3本目をセットしている時でした。フト竿を見ると1本目の竿が大きくお辞儀して、ドラグがジッジッ~と鳴き出しています。最近ドラグの音でも何とは無くエエお魚かお呼びでないお魚かが判るようになりました。これはエエお魚かもっ!と感づいて、バシッーーーと大合わせを食らわしてやると、残念スカですわそれで終わりです。

 これ以上お話しする事はありません。後にも先にもこの1発だけ。活けアジも小1時間は泳いでいる始末、イカも来まへんがなっ。アハハ
小アじの南蛮漬けだけは出発時に確保しているんで、まぁ良しとしよか

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事