スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 5月 島根県 隠岐西ノ島

 隠岐ノ島は本土からフェリーで渡るのもメチャ遠い、ほんまエゲツナイ離島やなぁと言う感覚はそれ程ワテは持って無いのですけれど、やっぱり何時釣行しても風が強い事が多いです。ベタ凪やなんてことは盛夏を除いては記憶に無いですね。梅雨明けから晩秋まで最近は釣行しないようになって来てるので、数の出る夏場に釣っても料理をするのは奥ちゃまやし、お魚が沢山あったら怒られるしねww。

 随分昔の事でしたけれど、隠岐汽船のフェリー乗り場が七類。境港ともにプレハブやった時の秋口に、台風崩れの低気圧が北海道奥尻沖で猛烈に発達して、しかも停滞するちゅー最悪の時に隠岐に渡っていました。案の定欠航です。その週はたしか2、3日しか船は出なかったように記憶しています。運航の都合上、朝にフェリーが欠航すると、当時はいくら昼から収まってもその日のフェリーは全便欠航やったです。エサは既に無いしで、サザエやガンガラ(せいたか)とか亀の手などを採ってきて、それを餌にして釣ってました。釣果は漁協でカチンコチンの冷凍をしてもらいましたねぇ。だって何時帰れるかわかりませんでしたから、確かにお魚も沢山釣れたし、今の隠岐西ノ島とは別の島のようでした。
 
 さて風気のある日本海を3時間ほどでフェリーは西ノ島の別府港へ通着します。『あぁー。よう寝たわww』今回の目的のお魚はスーパーマコカレイとビッグもつ(大型アイナメ) 恐らくシーズン盛りの筈と今回も同行していただいている名人ユウタロウさんと踏んでいます。
DSCF1150_convert_20160514153156.jpg

 13時から渡船して22時に迎えを頼んで半夜で頑張ります。ゆうたろうさんと別々に渡っているので、携帯でしか状況は解りませんけれど、ゴゴゴ、ボボボと風が強いのが聞いて取れます。兎に角風が強くて釣り難いですね。そんな時には渡船店のおかあちゃんの未だほんのり暖かいサービスお弁当を戴きましょか、サザエ弁当でメチャ旨かったです。沢山入っているサザエに感動しながら完食~。
DSCF1140_convert_20160514153047.jpg

渡ってから17時頃までロクな当たりが無くてイソベラ、小さなレンコ、ほんでミニガシラです。持参した活魚も元気に泳いで交換する必要も無い状況でした。
でも、その活魚を餌に放り込んでいる籠竿の様子が変なんです。表現は出来ないですけれど、柔らかい穂先の動きが何かおかしいので、暫くじっと見ていると、フンニャン、フンニァン、・・・・・・・・・・・・・・グィ、、グイーーーーン『おっ・・・・・・・・きたぁ!重いけど引けへんなぁ。タコかなぁ??』バチャッと顔を出したのは旨そーなエエ型のカサゴ30cmチョイでした
DSCF1139_convert_20160514153020.jpg

その後はレンコダイの小さな群れが回って来たのか中小のレンコダイが釣れだしてこの日は終了。ワテもユウタロウさんも明日は違う所で竿を出す事にします。
 相変わらずカレイの当たりがありません。スーパーとは言わずとも時期的に1匹くらいは針掛かりしても良いものなのにねえ。アイナメも乗って来ません『ウソやろっ。既にシーズンは終わったんかいな。やっぱり4月に行っとかなアカンかったんかぁなぁ』
DSCF1145_convert_20160514153128.jpg

まぁそんな、小さなガシラや偶に中レンコダイが釣れて、まったりしている時にユウタロウさんから電話が入ります。
『えらい事が起こりましたでぇ~。凄いモノが釣れました。』『大タコでも釣ったんかいな??』とそんな事がありました。それについてはユウタロウさんのブログでそのうちにUPされる筈ですよ。夕刻前に僅か1回だけジャーとドラグが鳴きました。慎重に喰わせたつもりで合わせを入れても空振りでした。『なんやねん!!腹たつなー』夜は夜でマダイの回遊は無いし、今日も半夜で納竿なので、今回の隠岐釣行はマダイまでもがもうアカンそんな気がしてきました。良く釣れて来るレンコダイちゅーてもそんな大きくなるお魚と違うしなぁー。。。。。

 最終日は15時45分発の七類港行のフェリーに乗るので、朝から往年のカレイポイントに入りました。1日居れば精々30cm位のマコカレイ100枚の実績場へ行ってみましたが、釣り場の雰囲気は昔と全く変わらず。お土産釣りに期待しましたが、ほんま今は昔でんな。カレイが居ない、居てませんワ。
DSCF1157_convert_20160514153230.jpg

 相変わらず到着したときから風が強くて3方山や岬で囲まれている唯一の逃げ場へ時間まで釣って見ます。藻がメチャ多いながら1投目から小気味良いアタリがあって29cmカワハギとキュウセンベラのダブル
DSCF1160_convert_20160514153326.jpg

キュウセンは頭の上に居るトンビに進呈します。ほんで2投目も良いアタリが出てきました。大きな藻の塊の先に26cmカワハギ
DSCF1162_convert_20160514153350.jpg

その後はアタリが出ても大きな藻で逃がしたり、イソベラやったりで、今回はここまでで終了。ゆうたろうさんが釣ったカワハギを全てワテが掠め取る暴挙があって、トンビよりたちが悪いオヤジですな。そそ、マダイも戴いて結構豊漁になりましたね。でも、ゆうたろうさんは睡眠も充分な上にメチャご機嫌で今回の隠岐釣行を終えられた筈ですよ。エエなぁ~。ww
DSCF1172_convert_20160514153424.jpg
貰ったお魚は入ってまヘンでぇ。まずまずのレンコダイとカサゴ


今回の大物釣果

 カサゴ 31センチ
カワハギ 29センチ
カワハギ 26センチ




スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。