2015年 8月 岡山県でプチ熱中症 あかんやつや怖い怖い

 高知で釣りをする予定だったのですけれど、波とウネリが高くなっているので今回は中止にして、岡山で所要を片付けるついでに1度竿を出したい所がありまして今回は出かけてみました。ここで釣りをするのは約20年振りくらいになりますかねぇ。護岸も綺麗になってるし、係留されている船もメチャ減りましたね。昔に竿出ししたのはこの護岸の続きの漁港での竿出しでしたけれど、最近なんか釣れてる見たいやし、ワテもこの真夏ちゅーのはあまり釣りをしないので、スズキの洗いなんかを食べてみたいですなぁ。シーバスの連中に聞いてみると隣のほうがポイントも多いし、良く釣れるよと言うお答えを沢山いただいているのですけれど、まぁ投げで釣れている情報を先に確かめて、次の日に隣でやっつけてやりましょかねww。

 午前中に岡山の用事を済ませて後はなーんもありませんフリーですわ、そして予定どうり釣り場へ向かいます。餌はメインにユムシ50発 青イソメ2000円 秘密兵器冷凍1匹。竿数8本、フカセ針17号8本の設定です。竿をセットした時に気がつきました。『あっ、これではアカンやん!!えらいこっちゃ』全てのスプールのラインがPE5号テーパー無しで、予備のラインがナイロン12号です。隠岐や高知のまま来てますがな。仕掛けも良く似た1本針仕掛けなんでじぇんじぇん気が付きませんでした。5号でもそこそこは投げられますけれど、沖は根掛かりも無くて結構流されそうで、頑丈1点張りはほんまに必要無さそうですけれどねぇ。無い物は仕方ないしぃ。そのかわり針に掛かったヤツは全部刈り取ったるデーーーー。
DSCF0790000_convert_20150821113205.jpg
 さて午後2時過ぎにはメチャ暑い中で延縄漁が始まります。それ程間を置かず竿が舞い込みドラグが走りました。『おっ。。キタキタ』・・・・・・ムムッこの重量感!おっおっ、この引き、なんか最近良く経験する感じ、まさかナー。そんな事無いヤロ。巻き巻きして、やがてチラッと魚影がぁ~・・・・・・・・・『やっぱりなー。切れてくれへんかなー。なんとかなれへんかなー』 トホホ、頑丈1点張りやしな。もう少し寄って来るとまるで『まいどー』って言っているようなエイ君でした。どうしても挨拶したいようすで、ワテも観念して陸揚げし、恐々針を外してやり漸く帰って頂きました。暑いし力がいるし汗かくし、なんやねん腹立つ。最近エイを釣る度に腹を立てて機嫌が悪くなりますけれど皆さんはどんなものですかね??腹立ちまへんか??男の更年期障害かなぁ??
DSCF0791_convert_20150821114415.jpg
 それからはジッーーー。爺ーーーーとドラグが鳴いても空振りばかりが続きました。乗せる乗らないは腕次第これはこれで仕方無いですけど、でもまた腹立ちますがな。漸く針掛かりしたのは日も沈み掛かった頃でした。遠くでは鼻っ面を引っぱってついて来る感じでスイスイと、近くになって最後の捨石前あたりで少し頑張って抵抗するような感じで上ってきたのは40センチを少し越えたクロダイ君でした。
DSCF0810_convert_20150821114352.jpg
 青イソメの付いている竿にはセイゴが乗ってきました。大物寸法に満たなくて針を飲み込んでいないお魚はお帰りいただいているので、30センチ位のセイゴは今のところ放流ばかりです。何匹かセイゴを釣ってヤット気がつきました。『今日は青イソメに来るセイゴは小さいんやぁ~』
DSCF0801_convert_20150821114438.jpg
朝までに釣り上げたクロダイは全て全サの大物サイズでした。33センチ~41センチが9匹でAランクが5匹Bランクが4匹、特に時合と感じられる時は無かったですからね。なにせ当りは炎天下からでもありましたし、次の早朝までダラダラ当りがありました。1匹だけ針を飲み込んだセイゴはお持ち帰りしましたけれど、そんな中でもスズキ級はあきませんでした。
DSCF0818_convert_20150821114507.jpg
 今日は日が暮れてからも超蒸し暑く感じて汗も沢山出ています。普段より凄く喉が渇いて、いつもなら2日釣りをして帰るまで、余る位の飲み物を積んでいますが、ほぼ残って無い程飲んでます。夜明け前に気が付いて『これは異常やな。発汗量も多すぎやし、右目も見え難いがな』大所帯の撤収にも時間が掛かって、やがてめまいもしてくるし、エライこっちゃ!これはアカンやつちゃうのん?こんな異変は初めてですわ、竿とリュックだけ車に放り込んで、クーラーをガンガンに駆けて、即効性の塩タブレットを舐め、ほんで経口補水薬(所ジョージさんのCMのやつね)を2本飲んでから、ランクルベッドで横になると直ぐに爆睡?意識不明?判りましぇんが紙一重でんな。目が覚めたのは正午過ぎまだ右目が変で身体もスッキリとは行きませんけれど、大阪まで帰れそうです。(近くでよかったわぁ)でも帰りのSAではトンカツ大盛りを食べてましたwwあはは危なかった。
まだ右目は少々変ですけど、オクチャマ曰く『結膜炎やな』
ホイ目薬。。。。。。。。。
どうせ汚い手で目を触ったんヤロ・・・・・・・・・・・・・ムムム。どーみても軽度の熱中症やのに。危なかったのに。目ちゅー事は頭やんか。そう思いまへんかぁ????ほんま腹たつなぁーーーーーー。


今回の大物釣果

クロダイ 33センチ
クロダイ 34センチ
クロダイ 36センチ
クロダイ 38センチ
クロダイ 39センチ
クロダイ 40センチ
クロダイ 40センチ
クロダイ 41センチ
クロダイ 41センチ


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2015年 8月 高知県 安芸 奈半利一文字

 奈半利一文字へに渡ろうと思ったら台風で断念、少し前には台風の3連発、今も沖を超大型の13号が蠢いています。それでも漸くと言うかやっと予定どうり渡ることができました。この間の9.11.12号でしたか3連発ここでも乗るつもりで連絡を入れていたんです。今回は3連発台風その前後の大雨の影響なりが未だに残っていて奈半利川のダムの放水が止んで無く、濁りの混じった真水が流れ込んでいました。まぁ台風以後かき混ぜてはいないので、海水は重いので下へ真水は上への、所謂二枚潮ちゅうんですかねそんな感じになってます。そのダムの放流も、何事も無ければ後2日程でそろそろ終わりらしいですよ、
DSCF0016_convert_20150807105354.jpg
 いつも付き合って頂いている「ゆうたろうさん」はコトヒキとコロダイ狙い、(ゆうたろうさんにリンク貼っときますんで見てくだされましね。いつも沢山釣ってはります)今回のワテはヘダイとコロダイどちらかと言うと、ワテ好みの大きなヘダイがエエなぁ~。只この一文字でワテは大きなヘダイ釣ったこと無いですけど・・・・。今日の海の感じやったら室戸でヘダイ・コショウダイをウハウハやったかも知れへんねー。でも沖に居る台風13号が気になる所やし、ここで正解としときましょうか。
 兎に角、厚い。熱い。暑い。灼熱地獄。でも大阪の暑さから見たらチョット違いますわ。・・・なにが違うねん?判らんけど違いますねぇ。まだ此処のほうがずぅ~と過ごし易い灼熱ww。その焼け付いた波止に乗ったのは午後4時過ぎで僅か赤燈の一部だけに影が出来、その影に避難しながら道具を立て釣座を作りに行きます。其処以外にいると干からびたガッチョ(ノドクサリ)になりそうです。
 そんな事で素早く出来る訳が無く、1時間程かかり漸く・・・ウヒャヒャッ!竿10本・針10本のスピン延縄部隊完成、それには塩イワシの餌を付けて攻撃開始。サビキ分隊も到着してお目当ての大アジを狙います(ワテは最近サビキ名人を襲名したのでサビキは外せません)
日の暮れる19時過ぎまで延縄部隊の釣果と言えば25cm程のカサゴ1匹と小エソでイワシ餌は終了。夜のコロダイ・ヘダイ狙いに餌と仕掛けを取替えます。仕掛けを竿3本はコトヒキ狙いに付け替えて、この釣座では少し期待薄ですけれど偶に釣れてくるので、あわよくば釣れるかなと言う期待の小針2本針仕掛けです。後7本はフカセ針18号ナイロンハリス10号で仕掛けの軸と3回拠りともにナイロン12号の1本針、仕掛けはもう何十年もナイロンだけで作っています。藻や根掛かりの多い処ではテンビンまでナイロンになってしまいます。
ヘッドライトが必要になった頃にニベの群れがワテの前あたりに居つきます。DSCF0786_convert_20150806170353.jpg
このサイズで計ったように同じようなニベでした。この中にコトヒキもパラパラと居るんやろうなぁ~。でも連続してニベ君ばかり5~6匹も釣ったら嫌になってきますしねぇ。ほんで大針1本針仕掛けの7本はピクリともしません。バンバン当っているのは小針仕掛けのみで、竿が入れば巻き巻きせんとアカンし、お魚も外さんとアカンし面倒やなー。
ところがニベに見つからず暫く当らなかった竿に、今までと少し違った良いアタリ、エエ当たりですね。巻き巻きすると児ニベとは違い竿に掛かるテンションも違います。『ひょっとしたらアレかなー』まっアレにしてもそんなに暴れるお魚や無いですから巻き巻きするにはどうって事はありませんけれど・・・巻き上げるまでがやはり楽しみですね。『太い長いではありませんよーーに』
DSCF0787_convert_20150806170423.jpg
35センチ抱卵中のコトヒキ様でした。
ワテ的にはまぁ食べてメチャ美味しいと言う訳ではありませんけれど、お造りなら身も絞まってエエですね。それからはまたパラパラとニベが食って来ます。もう少し大きいのが居てもエエのにねー。この当りは下げ潮が飛び出して、込みになるまで続きました。
 ミッドナイトを過ぎてワテには児ニベやアナゴしか釣れへんし、だらけてしまい横になる事も多くなって来た夜明け前の午前3時頃
ゆうたろうさんとお話中の事でした。ワテは竿を背にしてゆうたろうさんにお話をしてます。当然ゆうたろうさんはワテとワテの竿を向いてはります。その時です『あっ!!ーーー竿竿』とゆうたろうさんが言うので飛び起きて見ると赤スピンが逆立ちして、僅かにリールが竿立て三脚に引っ掛かってます。なんと他の竿のドラグは緩めてあるのにこの竿だけ閉めたままでした。凡そ10万円程が海の藻屑となりにけりのところ普段の行いの良さでんなぁ僅か2cmの差でセーフ。海に向かった竿先、慌てて竿尻を掴んで、ラインを確認してバシィィィィーーーーっと砕けんばかりの大合わせっ。『アホーーーーーッ』気合入ってまんなぁ~そんな思い切りせんでもエエがな竿折れるでぇ
・・・・・・・・・・・・・終わりです。
なんとお魚は乗ってませんでした。丑三つ時にやってきた今回のハイライト。いったいヤツは何者やったんやろ??ゆうたろうさん曰く口が底にあるエイやったら針に乗ってますで、ほんで今頃竿が無くなってますよ。なにかエエお魚ですよキットww モぉーーー腹たつなー。これはリベンジしたいなー。
腹たつーーーー
腹たつーーーー
ほんま、腹たつww

今回の大物釣果

コトヒキ 35センチ

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事