2014年10月 高知県 愛南町~大月町の琴弾

DSCF0600_convert_20141022135913.jpg

 ガレージ裏のフェイジョアの果実も漸く収穫の季節になりました。6月初旬に好天が多かったので今年は豊作ですわ。このフェイジョアはキウイと同時期に日本に入って来た果実ですねん。まぁ味はバナナとパイナップルを混ぜたようで食感は洋ナシ。ちゅーメチャ旨い果実です。花の方が有名かなぁ。ピンク紫色の食用花でこれもほんのり甘いですね。この実を収穫しだすと晩秋、年の終わりを感じますなー。ブルーベリーとフェイジョアの実で生食や1年分のジャムやコンポートと色々な物を作り置きするんですよ。

 でも、まだまだ天候が安定しませんね。台風18・19号の2連発で中々出発できずに、漸く、教えていただいた大きなコトヒキが出る愛南町へ出る事ができました。四国西部のD琴弾場は知らなかったんでYさん本当にありがとうございました。もう一箇所は来年になりますけれど行ってみます。
DSCF0610_convert_20141022135934.jpg

 いつもどうり瀬戸大橋を渡ります。今の所エエ天気なんですけれど、夜はにわか雨の予報です。今日入る所は最近良く言われる限界集落ちゅーんですかねぇ。3世帯しかお住まいや無いんです。畑もイノシシやタヌキに荒らされるし大変らしいですよ
DSCF0618_convert_20141022135958.jpg
ススキもチョチョっと生えて、愛南町もほんまエエ所ですねぇ。
ここから峠を降りて行きます。道幅は草木がはみ出してたり落石で細いところは実用2Mカツカツです。
DSCF0621_convert_20141022140018.jpg

満悪く今日のランクル号は出発3日前にステアリングスタビライザーの一部がモゲ落ちて、ステアリングスタビのショックを外してここまでやって来ました。これを外すと真っ直ぐ走り難いやら、障害物で急にハンドルが取られたり戻ったりキックバックですな、路面の凸凹がハンドルに強く伝わります。ハンドルを取られて最悪は崖下ですからね。以前プロペラシャフトを岩で強打して曲げたこともありましたで、この時は凹んだシャフトを引っこ抜いて2WDで帰りました。凸はズボラせんとタイヤを乗せて避わさないとアキマヘンな、今年で20歳を迎えるランクル80号はなんとか動きます。砂漠やアウトバーンで立ち往生したら運転手の生命に係わりますものね。こう言う車はなんとか力技で動くんですww下りは切り返さないと曲がれないカーブが2箇所あって、天井は枝木でバシバシ擦るし、なかなか楽しいコースでした。

 漸く浜にたどり着くとジャリ浜から船を押し出している漁師さんが居ましたので、しばし談笑します。どこでもコミを図る事は暫しエエ情報を含んでたり、後の釣りが楽しく出来たりします。台風18・19の2連発で浜が2階建てになって10m沖までジャリの底が変わってしまったとのお話、太い大キスも集まってたけれど消えたとの事、琴弾??知らないヨンww携帯の写真を見せると、あぁこれかぁ大きいのは一山越えた鼻の定置網にたまに入ってるよ。との情報を頂きました。
DSCF0624_convert_20141022140034.jpg

 一晩この浜で釣りをする事をお話して、漁師さんはイカ漁に沖へ出発、ワテは午後3時には竿6本出漁完了しています。
餌は塩キビナゴでGO。旨く作れば綺麗に光るし、虫エサのように付け易いですね。ワテは身餌でも最近は食わせ針1本だけで支え針無しと言う非常にライト、軽い作りです。昔はマゴチ釣りに3本針や2本針を作りましたけれど今は1本針に塩キビです。直ぐに虫餌に転用もできますが釣れれば説得力もあるのですけれど、アタリもありません。エソの大きいのも居るらしいですけどねぇ。
 日暮れも早くなってと言っている間に夜釣りへ突入、餌はユムシ3本と青イソメの房掛け3本の体制です
DSCF0626_convert_20141022140052.jpg
こんなのは釣れましたけど・・・・・
日付の変わった頃に漁師さんが帰って来て。『沖はダメ、全然アカン』浜は年が変わらないとダメかもねぇとの事でした。
そっかぁワテもそろそろ止めよかぁ、お天気も怪しいしなー・・・・。これで前回から夜釣り3連敗、3連夜ボウズになりました。でもワテは期待の新型秘密兵器を今回は持参してますねん。明日こそはデ、ビューするどー
DSCF0636_convert_20141022140251.jpg
ここへ辿りつきました。やっぱり慣れてるからねぇ
 昨日と真逆の水深のある所でやりたいので、以前より浅くなったとは云え50Mも投げれば約20Mの水深がある波止で釣る事にします。日のある間は塩キビにフカセ針17号の1本針仕様で竿5本体制です。
 
 そしていよいよ新兵器の投入です。夏場に購入したカゴ釣り遠投竿4号ですけれどナンヤ腰がなくて、スピンと比べると随分ベロローンとしてますね。リールシートから竿尻までは短いし投げ難そーやなぁ。値段は安い竿じゃぁないし、まぁ標準クラスのカゴ4号竿かな。まっ兎に角やってみよう。投げてみると、ビヨヨーーンとアミエビの10号籠が飛んで行きます。60M程飛んでますかね。浮き下20M程でアジを狙います。狙ってるんやけど居てないんでしょうね。波止の内外ともアキマセンねぇ。
DSCF0631_convert_20141022140159.jpg

カゴ釣りのオッチャンにお話を聞きに行きますと、『今はスマカツオとハマチやったかな、これを浮き下1ヒロのフカセサビキ半ヒロで狙ってるんや』『あんたもコッチへ来て釣ったらエエねん』それは投げ釣りとは間逆ですわね、コッチへおいでとは、まぁ撒餌もよく効くのもあるでしょうが、どーも投げ釣りは将来のある釣りとは思えないですねww。浮き下をおっちゃんに合わせて、底カゴのアジサビキ仕掛ですけど取り合えず。ビヨヨーーンと投入。おっちゃん曰く『向かい風やのに良く飛ぶなー』ははーーんこれでも飛んでるんやな。その内おっちゃん達にはスマカツオが入れ喰いになります。『回って来たデェ、にいちゃん早よ釣りやー』そんな事言われても釣れんものは釣れへんしぃ~。・・・・暫くしてほんまに浮きがスポッと入りました。アレッと思う間もなく結構竿4号が曲がって、アリャリャッ引いてまっせっ。面白いわーこれ。オオオっ引くデェ引きよるがな。
DSCF0629_convert_20141022140141.jpg
初めてのスマカツオGETですーーーー。
それからはオッチャン達のフカセのようにはいきませんけど、ポツポツとスマカツオが釣れました。その内オッチャンらには大アジが釣れ出します。40センチを越えるような大アジが浮き下1ヒロで入れ喰いです。
ワテにはスマしか釣れまへん。大アジを1匹でも釣りたいなぁと思っても、オッチャン達とはスキルが違いますわ。仕掛のバリエーションやら色々とスキルを上げないとあきまへんね。でも底も釣れるし上も釣れる。これは楽しいわー。ハマりそうですよ。どこかにカゴ釣りのクラブって無いやろか??
 その間投げ竿は1時間に一度餌を付け変えているだけでアタリなんて勿論ありません。こうなってくると、自身の投げラインが邪魔でww自分でもそうやから、圧倒的に多い他の釣り人から見たら投げ釣りは厄介な釣り方やと思いますね。
朝からカゴ釣りをして撒き餌もなくなり、お魚の後処理も済んで、いよいよ投げの夜釣りに突入です。
DSCF0635_convert_20141022140217.jpg

午後8時を回った頃に久々に見たユムシに来た大アタリ、正体知らずでスカでした。それからはアタリが出てもダイミョウサギで偶にケムシ。全くダメ、既に約18時間休憩無しに投げ続けてますが、カゴ釣りのスマカツオ8匹のみ、まぁ土産にはなってますけれど、午前0時を回った頃には『腹も減ったしぃ、ヤァ~メタ』これで夜釣り4連続ボウズです。釣果はありますけれど、投げ釣りとしては今年最悪でした。アカンわぁ~

 今回の釣行には高速道路の周遊券、四国まるごとドライブパス2014ちゅう事をETCに設定して走りました。関西発着で四国の高速代を含めて3日間6500円ですねん。W-NEXCOで見て下さいね。でも別会社の大橋の料金と阪神高速料金は必要ですよん。全部で高速代金10000円少しで大阪~愛南・大月~大阪を回って来ました。アフィリではありまへんでぇ、一度検索してみたらエエですよ。申し込み結果はメール1本です。キャンセルも当日含んで簡単そうでしたよ。でも相変わらず軽油代金も高いですけどね

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2014年9月 高知県 大月町で胡廬鯛を狙う

 台風16・17号接近でまたまた予定を変更させられて、これで今年の夏の変更は7度目になりました。おおきなアコウも釣りたいし、おおきなコロダイも釣りたいなぁ。アコウについてはイソベラと間違うかのようなサイズしか釣った事が無いのでどーして釣ったらエエのか、とっ掛かりからしてじぇんじぇん判りません。まだコロダイについては70センチ越えは釣ってるし、一人前に狙えるかなぁ??ほんで今回はコロダイの自己記録更新を狙って大月町へ走ります。ザックリ南向き外洋向きの浜もエエんですけど、なんか今年はタイミングが悪くて波が高いやら、ウネリが長いやら、濁り捲くったりで、入浜出来たのは7月初旬を最後に浜からはコロダイやヘダイを釣って無いです。今回は浜に固執せんと風が収まったら適当に出発しよ。潮を見てたら又行かれへんしね。
2014092900001_convert_20141002110036.jpg
 台風16号は消えちゃったし17号もあっちへ行ったし、出漁予定日前日にたっくうさんから大月町のリアルタイム情報も戴いて『波も無いし良型マダイが一晩5匹、但し餌取りの猛襲付き』ワテの用意も万全です。台風の影響はそれ程でもなかったみたいで今晩は釣りも出来るでしょ、行ってみてあまりに吹き返しが強よかったら愛南か何処かへ逃げたらエエし、大月町は西風に弱い釣り場が多いけれど、でも慣れた釣り場の多い大月町へ出発します。

 宿毛バイパスから左へ曲がって足摺方面へ暫く走れば大月町です。そして国道から枝分かれしている峠道に入ればもう海に近い所にいます。
2014092900008_convert_20141002110324.jpg

2014092900005_convert_20141002110259.jpg
情報どうり南からのウネリは西や北が吹いているので、随分収まっているようですが、正面から時折強い西風が吹いて来ます。予報では明日の朝頃には風も収まってエエ感じになるみたいですね。でも今は感心するほど便利になりましたよね。狭い範囲の雨や風が予想と共に判るんですから、昔やったら自分の五感や六感を働かせて、山背が吹いてきたから雨やとか夜冷えや、波が収まるとか、あの岳の先に雲がかかったら雨が近いとかあったんやけど、スマホの電池が切れるまではバッチリ情報は取れますよね。ホンマ凄いわぁ。

 旧道の海岸沿いを進みます。護岸にプレハブ施設と石積小波止があって、車はプレハブの前、小波止の根元まで入れます。県道まで崖が迫っているので風のほうは偶に真横から来るだけです。今晩は此処で釣ろかぁー。マダイやコトヒキなんかが釣れたらエエなぁー。

 日が短くなったとは言え、まだまだ日暮れまでには時間があるので、今の内に底を探ったり、イケスが沢山浮いているのでどの範囲まで投げられるのかを確認します。もう少し県道を南下すればここで投げたらどーよと言わんばかりの良い地磯があるのですが、風が正面やし今日は止めた方がエエですね。
 たしかここで釣るのは3度目です。記憶に残っているお魚は、ヘダイやカサゴ、エソ、カワハギ、マダイ、コロダイ。それも特別に大きいと言う程も無かったよーな。良い条件の時にはなかなか此処は行かないですからこんな物ですね。
20140929000013_convert_20141002110347.jpg
 幅の狭い石積波止ですので竿4本で戦闘開始です。暫くしてココーンと小さな当りが出ました。大きいトラギスがユムシの短冊に食って来ました。そうです今回持参した餌は竿6本にユムシ60発と青イソメ1000円分に塩イワシと大きいヒイカ三杯です。夜の主役はユムシ君で頑張るでーーー。

 まだ充分に明るい内でしたがイワシ餌の竿が舞い込みます。横に居なければ絶対に竿を持っていかれてますね。エイかなぁ?左右にも良く動くし良く引くけどなんやろ、1m越えのコバンザメやスギも釣ったことがあるけど、あんまり潜れへんしそれかなぁ?最後まで左右に動いて姿が見えました。『ウワッ・・・なんやコレ』 米軍のB-2戦略爆撃機みたいな形の凄いエイでした。『ゲイラカイトみたいやぁ。凄いなぁー』勿論仕掛けはプチッとカットしました。その後はポツリとトラギスを釣って、ほんで朝を迎えてしまいました。あれっ夜は?・・・・あまりに書く事が無くて・・・ランクルWベッドで睡眠はバッチリですへへへ。

 ほんまは此処でマダイを釣らないと、2夜目の予定はマダイよりタマミ、コロの所やのにね。今日予定している所、ワテはここでは大~ギリ大物でサイズは色々ですけれどタマミしか釣ってません。コロダイの魚影のメチャ濃いところなんですよ、ところがタマミしか釣って無いです。朝夕に大きなコロダイが群れで泳いでたり、連れが大マダイを釣ってるのを見たりはしていますけれど、なんでかコロ、タマミ、マダイの内で、ここでワテはタマミしか釣ってません。昨日使ったユムシ君は10発、今日は頑張って使いましょう。そそ、イカ餌には殆どウツボ君、ほんで虫エサは瞬殺ですよ、風はバッチリ静まってるし、沢山お魚の居るところならエイヤーと投げて待ってりゃあ何かは釣れるでしょうけどね。大月町も昔みたいにお魚は居てへんし、やっぱりメリハリを付けた事をせんとなかなか釣れましぇんな。

 海岸沿いを走らないで一度国道に戻り、道の駅でお弁当を2食買って目的の定置網の際で竿を6本出します。岸から定置網の入り口のブイも見えています。そこの左右3本づつで明日の朝まで頑張るでぇ。
 コココーンとイカ餌にエエ当たりです。カワハギの23センチ程がイカ餌に食いつきましたよ。漸くクーラーBOXに納まるお魚が釣れますたww。カワハギも多い所で今までにCランクまでは見ています。時期を合わせればもっと大型のカワハギが良く釣れると思いますよん。夕暮れまでにカワハギは8匹ほど釣れて、一番大きいのはギリで26センチでした。
20140930000023_convert_20141002110412.jpg
ギリギリでしょう。まぁ26センチあると言うことでww

午後3時頃には結構大きなエソをバラシてと言うか鋭いギザ歯で切られてしまいました。大きいのに惜しかったねぇ。6~70センチはありそうやったなぁー。
それから、全ての竿の餌をユムシに変えるために打ち返します。その内2本が根掛かりしてました。結構掛かるんですよ此処はね、1本をハリスから切って2本目を切りに掛かった時、別の竿にココーンと当りがあったので、その竿を先に巻き上げてカワハギをGETしてから、再び切りに掛かります。感覚ではウツボを岩から抜いた感じでした。『おっ動いたやん。抜けたねぇー』
引きもなにもしないけど、重い重い。やっぱりウツボかなぁー。それとも岩付きの藻でも掛けたんかなぁ・・・・・寄ってきましたよ。
『おっ お魚付いてるヤン』
バチャバチャッ タマ網が手元に無いし、ブリ上げよか ほらよっ。
ベチャッ、ボテッ
波止の上でのびているお魚を改めて見て
『うわっ デカイ 自己新やな ラッキーww』
20140930000024_convert_20141002110433.jpg
これは大きいわ41センチもありますデ

調子出てきたデェ~。後はコロダイかタマミにコトヒキとヘダイが釣れたらエエ感じやな。頑張るどー。そして暫くして夜釣り開始となりました。・・・・・・・・

 朝ですwwとうとう朝が来てしまいました。夜はまた、なーーーんも釣れません。にわか雨にも遭ったし、あまりの食いの悪さに車へ戻ってTVを寝転んで見てたら寝てしまいました。でも全くお魚の気配が無いものね。それでも日付の変わるまでは一生懸命やってたんですけど二晩続いてやもの、普通は何か釣れてもエエんやけど・・・・・・・・。
20140930000028_convert_20141002110450.jpg
 朝からはもうヤケクソですワ、小さいユムシは2個チョン掛けで根掛かりゾーンの際へ放り込んだりしてます。暫くすると、その根掛りゾーン際の竿が舞い込みました。幸運な事にそこまで飛んで無かったんやねぇ。オモリも仕掛けも根に噛まれず寄って来ましたデ、オモリが見えてその先に白いお魚がキラッとヒラを返します。もう一度沖へ走りましたよ。見た目は大きく無いけれど、でもタマ網で大切に掬う事にします。
20141001000030_convert_20141002110509.jpg
久しぶりに食べ頃サイズのイシダイが釣れました。嬉しいです。

 今回は夜釣りが全然ダメでユムシが20発程残ってしまい勿体無いけど放流しました。狙いの本命コロダイはおろか、ほんま夜はなーーーんも釣れへんし、当りもあれへんのが2日も続くとは、ユムシだけを使うと、こう言うことが稀にありますね。単に夜にユムシ君への食いが悪かっただけかも知れませんけれど、お日様のある間にエエのが釣れただけに夜はほんまアカンかったワー。
 そそ、帰阪したら、もう台風18号があるやないですか!どー言う事?来週も高知へ行こかなーと思っているのですけど、これは無理やろかなぁ??

今回のワテの大物釣果

カワハギ 26センチ

イシダイ 42センチ

カサゴ  41センチ


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事