2014年3月 能登島~珠洲の白カレイ

 漸く、初釣りができました。まぁ丁度暖かくなって、大阪から往復約850Kmでしたけれど、見渡す所何処にも雪はありまへんでした。
 能登島ではもう少しの間ナマコの船がやって来ますけれど、ワテが良く行く所に来る船はいつも同じで、オッチャンとオバチャンの夫婦船です。取りあえず投げている範囲は避けてくれますし、竿数を減らすと『スマンよー』と返ってきます。まぁ浅い所だけ曳くナマコ漁なんで、能登島には珍しく急深、急潮のここはナマコ漁をする範囲も少ないのかもね。ところが今日は舳先が岸に向かってきます。急深なんで沈んだナイロンのブレイクは惰性で舳先が来ただけではまず大丈夫、舳先からオバチャンが身を乗り出して、『あんたの白カレイや』??と、こちらに投げてから微速後進で次の場所へ移って行きました。勿論帽子を取ってお礼、オッチャンは『ヨッ』ちゅー感じでした。『男前やなー。オオキニ、アリガトー』先程藻で高切れしたヤツでしたわ。仕掛けとオモリと天秤が返ってきましたwwそれだけでもラッキーやのに緑のボンボリ仕掛に喰いついた30cmのマコカレイ付きやて、ほんまの戻りカレイやなww。でもマコカレイを白カレイって言ってたなー。このあたりでは白カレイちゅー言うんやね。へーーじゃぁ石カレイは緑カレイ??青カレイ??かなぁ??
 雨がポツポツ降る中、午前中は良く釣れました。小型は1匹も釣れず当たれば拓物ばかりで、最初にアイナメらしい大当たりで砂地徘徊中のアイナメをGET!!
拓寸で50.6cmありました
 今年最初のお魚はアイナメ50cmうれしぃなぁ~。ここは砂地徘徊アイナメが多いので、振り分け仕掛の片方にはマムシを付けて片方には青の房掛けですねん。
 それから暫くはナマコ漁が去って行くまでアタリは無しで、10時過ぎにドラグがジーーーーと鳴きました。ボーっとしてたんで(いつもデスけどね)何れの竿か判れへんww。2本目の竿をアオルとズシッ。ブルブルっと感触もあって、ウヘヘ、これはチョット大きいかも・・・・。大きな藻群を突き抜けた先には42cmの白カレイ。エエ、甘テやぁ。マムシに喰ってきたマコカレイGET!!
飲み込んだ針を外すのに手こずっている間にガシャと竿が後ろへ滑り、ドラグがジーーーーーー。時合に竿数が減るのは気に入らないので、今の竿に慌てて餌を付け投げ入れてから、先程当たった竿を取り込みにかかります。おおー重い重いズボッと抜けたのは、先程と良く似た42cmの白カレイ、
メチャエエ感じやんこのマコはマムシと青の両方の針を飲み込んでました。気が付いたら雨も本降りになってます。でもアタリは続きました。竿尻が浮く程のアタリが出ます。これも40cmは越えている白カレイGET!40cmオーバー3連発、それも全て美味しいマコカレイで最高の初釣りやんかww
40cmマコカレイ3連発
 帰りの山道の泥が気になるくらいの雨が降って来てます。天気予報を見てもこれから悪くなる一方らしくて雨の上るのは翌日の午前5時頃やそーです。今日はこの辺で許したるわ・・・お昼過ぎに撤収です。スパイクブーツでもスベル山道を登って、自然薯のつる葉も見つけたですけど、色んなつるや野薔薇を掻き分けて、最後は毎年広がる笹薮を押しのけて、漸く頂上になる県道に到着した頃にはヘトヘトです。体力無いわーアカンわー。
嫁ハン曰く『暖かくなったら、その笹薮は怖いデェ気をつけて必ず長クツ履かなあかんよ』なんでなん?『マムシが怖いよ、足に飛びつかれるデ』やて
DSCF0246_convert_20140329193801.jpg
 取りあえず鴫島の道の駅のトイレ前に車を着けて道具を整理してから、今釣ったお魚のエラとワタの処理をしました。もうこれで帰ってもエエくらいの釣果が出てます。
初日からエエ感じで釣れてます。白カレイ40cm3匹
でも帰りまへんでー、エサも山程あるし、青1.5Kgとマムシ8000円持って来てます。マムシは順調に減ってますけど、青があまり減ってない珍しい現象でんな。
DSCF0238_convert_20140329193632.jpg
 天気予報どうり翌日には雨が上って道程は非常に悪いけれど、同じ釣り場へとーちゃく。エエ天気になって来ましたでぇ。ここは風は無いし、防寒は必要無いし、昨日みたいに釣れるデぇキット。
DSCF0252_convert_20140329193854.jpg
でも1時間たっても2時間たっても、なぁーーんにも来まへん。もともと能登島名物の海ケムシも殆ど釣れへん所やけど、今日はナマコの船さえも来えへんww。もうナマコ漁も来る時間過ぎたし竿数を増やそー。沖で藻の多い危険地帯へも2本投入して合計6本です。
それから暫くしてコツコツと当たりがでましたよ。昨日のような重量感は無いですけど魚は付いてます。

『あっちゃーこれかいな。』

次のアタリは重量感はありましたし、少し引いてもいます。スレ掛かりですトホホ。暇やからカメラもってうろうろしてます。時合になったらカメラも持ってられへんのでパチリ、
時合の時は投げて、喰わして、新鮮なエサに交換したりで、そんな暇アレヘンもんね。今日もそんな至極の時間あるんやろか??
20140329193949.jpg
でも11時頃から潮が飛び出して仕掛が右へ左へ複雑に流され始めた頃に漸く41cmのマコカレイGET!唯一午前中に潮が瀬戸内のように渦まいたのはその時だけで、30分程すぎると再びトロトロの海に逆もどりして、なーーーんも釣れまへん

 こんなに釣果に差があるものなんですかねぇ既に雪なんて何処にも無いし、昨日の雨ちゅーてもそんなに影響あるもんかなぁ~。メチャ降ると言う程や無いのにね。兎に角、フグ2匹ww白カレイ1匹で撤収します。昨日の当たり餌のマムシ餌は使い切りましたけど、青イソメはまだ1Kg以上残ってます。ここで釣れへんかったら能登島はどこも同じちゃうか??あかんデきっと、ここから2時間程掛かるけど奥能登の珠洲までイコか、去年マハゼの大物28cm釣ってるし(もうイランけどね)そそ、ウグイも釣ってるわ(これもイランなー)なんやロクな魚を釣ってないやん。

 頑張って走って午後4時ころには珠洲で竿を並べてました。
DSCF0262_convert_20140329194225.jpg
明日釣って帰ろか、何日に帰るって言うて無いから、そろそろうちの嫁ハンの機嫌が悪くなるかも知れへんし、機嫌を損なってお魚捌いて貰われへんかったらワテが困るからなー

 なんと到着してビックリ、製氷所の前には大きな台船に乗った掘削機とクレーンがガシャガシャと中港の中を浚渫しています。翌朝作業の方に聞いたのですけれど、外港と同じ深さの水深4.5Mまで掘削するそうです。
DSCF0267_convert_20140329194738.jpg
 日も長くなったなぁー。春やなーと感じてた頃にドラグがギーーーーーっと鳴きましたでぇ。ウグイとちゃうやろねー。今回最長寸の白カレイ44cmGET!!身厚3cmはありますねー。
今回最長寸44cm

日も完全に暮れた頃、最後に残った竿にエエ当たりが出ました。あっちゃーウグイかいなこいつは、違うわスズキ君やん50cm少しありました

 翌朝は早起きの午前5時です。三脚に竿を出したままなんで、釣り場まで飲食料を持って遠いですけど歩いて行くだけです。すっかり明るくなって、漁船も出たし、後は偶にくるワカメ採りの小船くらいになった頃でした。ドラグが鳴きました。エエ当たりです。暫く待って合わせるとガツッと今までに無い重さ、NewスピンBXの穂先が舞い込んで半分程しか元に戻りません。ラインはナイロンなのでPEのようにガチガチじゃないから、有る程度伸びてるんかな、重いながらも寄って来るし、グッグッと締め込みもありますデ。勿論3脚にはタマ網も用意してますよ。
『今流行りのダイオウイカでも釣ったんかなー??』

『違うかったらデカマコカレイや大きいデこれは、間違いない』

『なんやこれは・・・・・』


『おーーおおーーー。』





『大きな流れ藻やー。なんでやねん。ガツッと当たりもあったし、頭の動きも感じたのにぃ』



その流れ藻の下にクジメ色した40cmのアイナメが付いてました。まぁエエねんけど力抜けるわーほんま。

その後もう一度当たりで、35cmのマコカレイを追加した後はなーんも釣れましぇん。浚渫工事のガラガラ、ドーンが始まった影響が有るのか関係無いのかは判りませんけれど、昼頃に納竿しました。大阪まで約8時間頑張って帰ろー
最後に釣った白カレイを集合させてパチリ。
マコカレイの釣果

ワテの初釣り総大物釣果は
マコカレイ 35cm
マコカレイ 40cm
マコカレイ 41cm
マコカレイ 42cm
マコカレイ 42cm
マコカレイ 44cm


アイナメ  50cm
アイナメ  40cm


スズキ   51cm


ワテのgooメールアドレスが変わりました。gooアドしか知らない方は軽くコメント頂ければありがたいです。





 
 

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事