2013年8月 高知県 飛蝗の浜 真水の流入先には

 どうも前回の奈半利はもうひとつ納得がいかずに、モヤモヤしたものが残っていました。一晩中続いているコトヒキの当たりが良く判らず。結果2匹に留まったのが原因と思われますけれど、入れ食いやっても不思議でなかったのにね。腹立つなーーー。ほんで楽しみにしていたヘダイも釣れなかったしねー。冷凍庫に入っているヘダイの切り身もお盆前にはすっかり無くなって寂しいけれど、いろいろと来客があったりで行けず、近々で行ける日を狙っていました。本当は奈半利でリベンジが最も良いのだけれど、行く相棒が直ぐには見つかれへんし、安芸海岸がやっぱり無難やなーっと言う事で、朝8時過ぎに大阪のエサ店でユムシを仕入れて出発します。

 8月になってからこの辺りは雨が降ってんのやろか?この間の奈半利でも、じぇんじぇん雨が無いって言うてたものねー。あれからも多分降ってないやろねぇ~。こんな時は川尻で少しでも水温が低い可能性があるほうがエエのでは??人間でも日陰が欲しいもんねー。実際に水温が低いかどーかは判れへんけど、気持ちやねww気持ち

この流れ込みの先でやります
 
ほんで午後3時にはこんな所へやってきました。エエの釣れるけど根掛かりは多いよと聞いています。雨が無いのかバッタが湧いてます。気色悪いなー『お前らぁ、寄るなよー佃煮にしてまうどーーーーー』ちょっと上を見ると、赤トンボ??『もうお盆やもんな、ちょっとしたら秋やん』せやけどあのトンボは秋アカネかぁ??外来種のトンボかも知れんなー。和歌山の煙樹ゲ浜でも梅雨前から飛んでる赤いトンボ居るものなー

 浜へ出たのは既に16時頃でした。今回もムカデ部隊の出撃ですので竿ケース(竿袋でんな)も重いですわ
昔の竿袋でないと、3脚竿立4組、スピン振り出し竿8本がひとつのケースに入りません。今回は無いですけど此処へまだ玉の柄が入ります。メチャ重いっスww。
フラフラしながら焼けた小ジャリ浜を、河口近くへ気が済むまでヨタヨタ、危なかしく歩いて行きます。
『もうあかん・・・熱中症になるワっ』そんな事言っても、一人ですので、誰も助けてはくれません。ヒーヒー言いながら、竿を組んで行く事約1時間『全部でけたーー』もう18時前になってますが、西日はまだまだ容赦なく右前のベタ凪、海の上に居てはります。

 全て1本針仕掛けで、竿8本のうち6本にユムシを1匹掛けて、2本は大エビを付けて投入開始です。
日が沈んで、漸く夜の状態になった20時頃、ユムシ餌にバーーーンと来ました。ドラグがジィーーーと滑りドラマも無く42cmのヘダイ君をGET。

やったーぁ。狙いのヘダイ君

大エビにも乗りましたデ、当たりも大きくてメチャ期待してたんですけれど、同じようなヘダイ君でした。
ユムシ餌は約1時間で交換するテンポ。大エビは20分の時もあり5分の時もありました。
今日は兎に角、蒸し暑くて大変でした。幸い蚊が居ないので夜でも短パン1枚で誰も居ない浜に居れたけれどねぇ。只この夜になっても引かない熱射はたまらんワーーー

これだけあれば1ヶ月は食えるなーww

 約2時間で良く似たサイズのヘダイ君4匹をGET、今宵はこれくらいにしといたろっ。半夜で充分ですわ、片付けて車へ戻ったら午前1時前、どんなけ時間掛かっとるねんww
明日もここで釣る予定でチメタイビールと弁当を食べて、エアコン利かして快適爆睡ZZZZZZZ・・・・
 眩しさで目が覚めたら、うちの嫁ハンからの電話です『明日は皆帰って来るから、今日帰って来て』・・・・・えーーー。別にワテが居らんでもエエやん・・・魚屋サイズのエエ兵鯛が釣れてんのにぃ・・・ナンデ・・・・・






投げ釣り@達人

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2013年8月 高知県 奈半利一文字

 あつぅい あつーーい ほんま熱い暑い あついデンガナ
昔は波止の上に干からびたガッチョ、ノドクサリが、メチャ棄ててあった8月
ワテらも波止の干しガッチョになるところですたWW。危ない危ない、危険ですわ。
ワテらって複数形でしょ、そそ、今日は投げ釣りで超人気ブログのゆうたろう氏といっしょです。
 
 そろそろ出ましょかで午後4時に出船します。5分程で今日の漁場w高知県の奈半利一文字波止に到着します。
波止へは渡船横付けで波止階段へ着けます。荷物は降ろし難いけれど力自慢の怪力君がサブで乗ってますから、重い荷物は無理をせず任せちゃいましょう。
ここ初めてのゆうたろう氏はコトヒキとコロダイが釣れたらエエなぁと言うお話。波止5度目のワテは一番がヘダイ、高知のヘダイは超ウマウマですねん。後はコロダイでエエよんちゅーことで、ゆうたろう氏は赤燈先端部に竿8本、ワテは先端から室戸向きにケーソンの隙間までの間で竿8本で、合計16本のムカデ部隊が出撃します。
奈半利一文字

こんな感じで、ゆうたろうさんとワテの竿が出てます
 
 マゴチの多い波止なんで当然の如く殆どの仕掛けは塩イワシ餌がぶら下がってます。エサ取りは勿論いますけれど、一番の大敵のシビトムシに骨だけにはされていませんので一安心、フグが大目に沸いている程度、エサ取りのほうは次の日の朝に向かって減り始めました。
エサ取りはこんなもんです

 日暮れにガーーーンと1発目がやってきました。最近投で波止基礎の沖15Mくらいだと思います。ドラグ緩めで竿が横に大きく倒されて、10号ラインが横へドラグの音と共に走ってます。・・・・はい終わりですwwザラザラのラインだけが戻ってきました。
 その後は、虫餌のマムシは偶に無くなりますが、メインの餌ユムシはほぼそのままで帰ってきます。
『これはエエで、回って来たら食ってくる確率が上るでぇ~』と期待度120%。
午後10時頃からマムシ餌にドラグが反応、ギィィィっとスプール10回転ほどで止まります。バシーと合わせてもスカです。マムシ餌は無くなったり潰されてます。そんなのが何度も続いて、やがて、ゆうたろう氏のも含めて、アチコチでドラグがギーーと鳴ってますから。気になって仮眠もできませんねん。ほんま眠たいわぁーww
何度合わせたり送ったりしてもスカを引いて諦め気味で寝転でいた頃には、干底から込み潮の潮代わりがやって来ています。
ワテのポジションではラインが強烈に高知市方面に流されて竿6本を引き上げました。2本は波止延長方向に流されて、ゆうたろうさんのも自身正面沖へ払い出してます。
それでも、午後10時頃から始まったドラグのジィー10回転程はポロポロと無くなりはしません。ゆうたろうさんの竿もあちこちで鳴ってますけれど、どーしてもマムシ餌は無いかクチャっと潰れて、お魚は乗ってきませんしユムシには無反応です。
『そーや、奈半利のスーパーマルナカで1パック140円で買ったスルメイカを1cmX2cmで小さく切ってやったろー』キングサーフ17号の針と同じ位の長さですナ。なんかサビキの針みたいですわ、食いの悪い時はお試しあれww
 その頃には投げて竿を置き暫くしたら、もうギギギギィーとドラグが回ってます。ジックリ待って7ターンドラグが回ったり、止まったりするのを見て、なんで7ターンやねん?ラッキー7やないかな??理由はありまへん。バシーーーーーっと合わせて、・・・・・ほんでもスカです。どないなっとんねん。せやけど、今回はマムシや無くてイカが針に付いてますエサも無くなって無いでしょう。そのまま竿を置いたら又暫くしてギギギです。潮かぁ??いやいや潮の緩い午後10時頃から始まったんやから違うしねえ。その頃には竿を手持ちで、
『ほれまた鳴ったでゆうたろうさん』
そこから鳴ればラインを送るを繰り返して辛抱もこれまでじゃぁ~
バシィィィィィーーーーーーーー

何回目で乗ったか判れへんけど、こんなヤツがやっと乗りますた
コトヒキ40cmでした

40cmコトヒキ 喰い悪かったです

潮で流されて全てのラインが川筋へ持っていかれ、外向きのワテは出撃竿2本状態が続いてます。
またギギギギが始まりました。1回目はまた空振り、そのまま竿を置いて、何度も何度もギギギを聞いて、他の竿の戦闘体制を整えた10分後に合わせたら乗ってますがな。
グーーグーーーと鳴いてますデ 気色悪ぅ~
コトヒキ36cm
ゆうたろうの投げ釣り奮戦気を見てくだされまし
またリベンジするからね。待っとけよ

メールで連絡が取れるかもしれません。気が付けば、お返事いたします、
ごめんなさいね。釣り場に関してはお答え出来無い時もあります。
投げ釣り以外のメールは迷惑フォルダーに入っちゃうかも知れないですよw
メールはここね




投げ釣り@達人



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事