スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 6月 高知県 奈半利一文字波止

 今回はユウタロウさんとの御縁で初めてリスキーさんとお会いして、リスキーさんの綺麗なお車で大阪堺を出発します。そこで大きな問題が発覚しました。ワテの眼鏡が無いんです。そーですボロランクル号の中ですわっ。視力0.1でも鬱陶しいので普段は眼鏡無しで老眼との兼ね合いもあり裸目で居るから余計でした。流石に運転は近視・乱視・老眼ではあきましぇん。運転と車の好きなワテでしたけど、ほんま運転もせんと楽させて頂いてスンマセンでした。
今年も雨期に入って関西地方も梅雨入り宣言をして暫く過ぎ、いよいよ予報上は四国・関西にも前線がやって来ると言う前々日、リスキーさんとユウタロウさんとワテの3人で、今年2回目のコトヒキ狙いで渡りました。

 天候は晴れと言うか薄曇りで前回よりも過ごしやすくて良かったです。それでも水分補給は完璧に、排熱にも気を遣わんと干からびてしまいますね。これは夜になっても同じで補給排熱は肝心でんな。
赤燈先端部の1個のケーソンにユウタロウさんとリスキーさん2人が乗り、南西角から安芸向き中心のベストポジションで、コトヒキに良い潮を待ちます。
DSCF1498_convert_20170621192308.jpg
ワテはそのケーソンと70cm程離れたケーソンから更に1つケーソン分離れた所、中央西寄付近から投げる事になります。
DSCF1466_convert_20170531114635.jpg
判り難いけれど、段差もあり隙間も70cmあります。危ないねー。ウネリのある時は間欠泉のように噴き上げます

ワテの一番西側のラインと仕掛けは何時も干満ともに同じくゆっくり西の波止先方向へ流れて、そこから先端ケーソンの隙間あたりで止まります。
ケーソンの隙間に潮が吸い込まれ裏へ抜けたり払い出したりしているからでしょうか、周辺に潮の動きが出る様子です。何度もここに乗っていますけれど、ここを塞がれると外向きのポイントは絞り難いですね。
DSCF14933_convert_20170621193510.jpg

今日はまだまだ潮は小さくて、求めている潮、流れる様に安芸へ向かう潮は現れまヘン。渡船前に船頭が潮は2~3日前は早かったけど昨日位からはあまり動かんナァと言ってたのを思い出したしだいです。
少し西への潮が出だしたかなぁと感じた時には、流されたラインがユウタロウさんと絡み出しました。夜に入って先端部で投げている範囲が広がったんでしょうかね?
今年は大物コトヒキが釣りたぁーいと言って居られましたので、まぁ全サ的に頑張って頂くとして、ホンマの地合いに絡むなんて勿体ない事がお互いにあってはいけませんので、延長された東端のケーソンへ竿2本づつ移動することにします。8本出しているので熱いしシンドイですわ、新しいケーソンの外側半分には、海面には出ていないけれどテトラが入っていて、もし大物を掛けて取り込みで潜られたらアカンのでもう少し手前で釣座を作ります。
移動に1時間程掛かったかもしれないですけれど、なんとか落ち着いて竿のラインを見ると、それ程アチコチ向きに投げた筈は無いのに、右左とバラバラです。2本ずつ4回移動しているので時間差は20分程ですね。兎に角投げ直しと、1時間程前に投げた移動後に一番東端から室戸向きへ沖のテトラ横並びへと投げた竿から回収してみます。
『ありゃっ。チョット重たいで?ここは以前から小ニベ(イシモチ)が多かったからなぁ・・・・・』
然したる抵抗も無く只重いだけで、ワテはニベだろうと思ってました。ドローーーーーーッと波止へ上ってグーッ、グーッと鳴くのは同じですけれど
PICT14955_convert_20170621193538.jpg
コトヒキ36cm

右の目が無くウロコだけで口も変なお魚でした。幸い変形した唇に針が掛かっていたので、弱らない内に即放流してやる事ができました。ワテ的には美味しいと思って食べた事が無いので、上手く帰してやれて良かったです。ケーソンが入って延長され、テトラの配置が変わって潮の流れも以前とは変わったかも知れないですねぇ。潮の動きが良くなって動いたり止まったりし、安定せず右や左へ流れています。今夜は潮が小さいので次は大きい時に乗ってみたいですねぇ。他に東端で今日釣れたお魚は以前と変わりなく小ニベが主体でしたが。一番大きいのは30cm程5匹とまずまずの型揃いwwwでおました。

今回の大物釣果

コトヒキ 36センチ


スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 6月 鳥取県 鳥取港一文字の予定が浜坂一文字へ転戦 

 近畿地方も梅雨入りになっちゃいました。人間が勝手に梅雨入りやどうのこうの言っているだけで、自然はそんなもの関係ありませんが、確かに雨期なんで雨が多くなりますよね。ほんで前線の上下南北移動の天気予想は風向きと共に難しくなる季節になりました。それでも、良い天気の日はあるもので、そこを狙って出かける事にします。安物カッパは常時リュックに入っているのですけれど、まず雨の時は行かないので、防寒の代わりに着る時しか使わないです。ほぼ用途外使用でんな。

 活けアジの手配が出発日まで出来なかったので、少々不安でしたけれど、釣行日に入荷すると言う事で、まずは一安心。
DSC_00222_convert_20161108161522 - コピー
これで帰りの小アジ南蛮漬けは確保できました。鮎の友釣りみたいなもんやねぇ。友さえ逃がせへんかったらボウズ無しやもの、少し時期が遅いかも知れまへんが、帰りは教えて貰った泥エビがあれば鳥取港で買いましょか

 大阪堺から活けアジを仕入れて、今日の餌は塩イワシと活アジしか持っていません。ルアーチームの隊長(元全サ)からの情報で、まぁ外れる事無いのと違うかぁ?とかなんとか良い話ばっかり仕入れて鳥取港賀露一文字へは午前0時過ぎに到着しました。タイマーを朝5時にして、ホテルランクルで暫し爆睡・・・・・・・。

 翌朝目覚めてなんとは無く様子がいつもと違うんですね。何ヤロ、なんか違うなぁ~。今日は定休曜日でも無いし、店の電気も未だ点いてないしぃ。変ヤ、ヘンヤ。朝の参歩をしている人に聞くと、なにやら事故があったとか仰るけれども良く判らないし、でも直ぐに変な理由は解りました。平日とはいえ、お客の釣り人が殆ど居ない事でした。おやじの船頭さんがいらっしゃったので、今日も同行していただいている名人ゆうたろうさんが船頭さんとお話しをしています。
 お話しによると、一文字波止で事故らしいです。細かい事も聞きましたが、間違ってたらアカンので御自分でお調べ下さいね。まぁ軽装備でもテトラに乗る時は気を付けて、せめて救命胴衣とスパイクシューズは付けないとアキマヘンよね。ほんで、未だ揚がっていないので、渡船は磯だけになっていますとの事でした。そらぁそうですわね。先ずは1日も早い一文字の渡船再開を待っております。
朝起きた時に理由はワカレヘンけど、長い事釣りをやっていると、なんとは無く様子が違う事に気がつくもんなんやなぁと思った次第でした。
 ほんでワテらはどーしたらエエんやぁ~と漸く気が付く始末、もう朝の5時半を回ってますデ、ここから境水道?時間が掛かり過ぎるし場所の確保も出来るか判れへん。諸寄か浜坂の渡船に電話して、一文字が空いているか聞いてから転進しましょ。最低でも小アジの南蛮漬けはあるんやからww
直ぐ渡船店と連絡が付いたのは浜坂で一文字波止には誰も乗って無いよ。と言う事だったので、賀露から3、40分掛かるけれど、グズグズしてるなら、それっ行けと言う事ですな、これ程釣りになったらちゃっちゃと出来るのに、他の事は奥チャマに怒られるまでなーんも出来ませんワ。
DSCF1490_convert_20170610125710.jpg
 7時過ぎには幸い釣り場を確保して、炎天下からの釣り開始です。浜坂は午後2時が最終で、一文字波止は2500円でおます。
沖一文字波止自体は大きくも無く、沖向き、ミオ向きともに大きなテトラが入っていますので、重装備の投げ釣りは港向きが釣座となります。
DSCF1491_convert_20170610125731.jpg

 今日は活けアジ用にしているスピンBXの1~2番にファインセラミックCXの3~4番を組み合わせたメチャ先調子で活エサを投げ易い活専用にしている竿を2本をメインに、他3本の5本体制で虫餌無し、身エサだけで頑張ります。
DSCF1487_convert_20170610125628.jpg
朝は山からの風が強くて釣りずらかったですけれど、特に気温も上がらなかったです。ただ日差しが強くて、アジの活けバケツはリュックやクーラーBOXなどで取り囲んでます。それでも風が止まった10時過ぎ頃からはもう真夏ですな、ギラギラと照り付けてグングン気温が上がっています。
DSCF1489_convert_20170610125650.jpg
水温が上がらないように時折海水を入れ替えます

 1本目のセットを終えて、丁度自分の足元から良い払い出しの潮が出ているのを見つけ、上手い事その辺りへバチャっと投げ入れる事が出来ました。中々身エサをコントロールして投げるのは難しいですねぇ。特に活アジとなると更にコントロールの難易度は上がります。
続いて3本目をセットしている時でした。フト竿を見ると1本目の竿が大きくお辞儀して、ドラグがジッジッ~と鳴き出しています。最近ドラグの音でも何とは無くエエお魚かお呼びでないお魚かが判るようになりました。これはエエお魚かもっ!と感づいて、バシッーーーと大合わせを食らわしてやると、残念スカですわそれで終わりです。

 これ以上お話しする事はありません。後にも先にもこの1発だけ。活けアジも小1時間は泳いでいる始末、イカも来まへんがなっ。アハハ
小アじの南蛮漬けだけは出発時に確保しているんで、まぁ良しとしよか

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 5月 高知県 奈半利一文字 どの様な補強工事だったの? 

 一昨年かなぁ??もう少し前かなぁ??奈半利川周辺の護岸工事が始まったのは?工事は河口周辺だけかなぁと思っていたのですけれど、いつも全体に少し濁りが出ていました。それでも流石、奈半利、いつでもソコソコの釣果はあったのですけれど、時折餌や仕掛けに泥のようなものが付着するようになっていました。清流奈半利川が河口だけ濁ってるぅ。雨なんて降ろうものなら土佐湾を濁らせてんのかぁ?と思う位の濁りが出ていたこともありました。そんな工事も佳境を迎えていよいよ一文字波止の工事らしいと聞いたので、暫くご無沙汰になっていました。渡船は工事の警戒船に駆出されているようやしね。警戒船が工事中の波止へ渡船してたら、そらぁアカンかも知れんしねぇ
 一先ず工事も終了して、河川工事の機材も無く成り、長く続いた河口一帯の薄濁りも無くなっています。(エエやんかぁ)でもまだ投げたオモリが少し潜る所があって、底からかき回す何回か大荒れが無いと何処かへ行かんかなぁ。ともあれ海面の見た目は綺麗になりました。
DSCF1470_convert_20170531114754.jpg
大型浚渫機材もなーんも無くなってスッキリしました。

 一文字の工事はワテが解っているところでは先ず、室戸側のテトラを移動して其処へケーソンが入り波止全長が約20m程伸びました。
DSCF1486_convert_20170531115039.jpg

DSCF1468_convert_20170531114701.jpg
移動したテトラは沈みテトラとして、新しいケーソンの東端から西へ向けて10mほどの間に沈んでいます。

DSCF1469_convert_20170531114720.jpg

大物を掛けたら取り込む時に潜られ無いように気をつけないとね。まぁ我々投げ釣りマンにとっては滅多に無い都合の良い改良工事でおました。
DSCF1471_convert_20170531114817.jpg
 さて、今回もゆうたろうさんに同行をお願いして新装開店の一文字波止に渡りました。ゆうたろうさんはコトヒキ狙い、ワテは大きなヘダイの1~2匹でもあれば結構結構です。ヘダイは大きい程美味しいからねぇ。
波止に上がったのは午後3時頃、ミッドナイトまでに釣れて大騒ぎになったのは・・・・・・
『ユウタロウさーん。玉、玉、タマ入れてぇ~』
竿を立ててリールを巻いているワテには波止際から少し下がっているので、何物か判りません。
首を振るし、大暴れしていますが、ウフフフ。。ワテらアスリート中年にはかなえへんゾ
そこはユウタロウさん、波止に寄せて来たヤツに老眼ながら7mの玉で、お見事一発完了
『なんか、長いですなぁ アハハww』
DSCF1475_convert_20170531114837.jpg

 もうアカン、今日はボウズやとイヨイヨ諦めかけた午前2時前に漸く当たりが出ました。再び玉網をお願いして、
『おっ、結構エエサイズですデ』
DSCF1476_convert_20170531114855.jpg
姿は良いのですけれど、これ以上大きかったら食べるのがねー。
コロダイ姫50cm

それから1時間程して、待望のヘダイ君をGETしました。サイズ的に波止へブリ上げましたがヤツの口は結構硬いようで、すぐに針が外れて、ヤッパリ気を抜かずに玉網を使わないとアカンなぁと思った次第です。
DSCF1478_convert_20170531114917.jpg
ヘダイ君40cm

それ以降はニベが回って来たようすで、フカセ17号と少し針が大きいからなかなか乗らないですけれど、ポツポツ4匹釣り上げ、内2匹が全サで言うところのAランク大物でした。
DSCF1480_convert_20170531114951.jpg

DSCF1482_convert_20170531115005.jpg

ここで釣れるニベはホンマ綺麗ですねぇ。皮膚ガンのような傷も無く、本来沿岸に住むイシモチの体色、雄姿でおました。
今回の大物釣果

コロダイ 50センチ
ヘダイ 40センチ
ニ ベ 35センチ
ニ ベ 35センチ

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 5月 高知県 奈半利の代わりに入木海岸

 去年は釣行しなかった高知の奈半利一文字波止に、久しぶりに渡ろうかなと思い連絡を入れてみると、今工事中で機材が波止に乗ってるから、もう少しの間渡れないとの事でした。ほんならこの辺りの浜で竿を出そうと、ゆうたろうさんと大阪堺から淡路島、牟岐の港を過ぎて室戸方面、そこから入木を目指します。牟岐言うたら良い型のノドクサリが沢山居てましたねぇ。その昔、牟岐でガッチョとカニしか釣った事が無いワテでした。
昔は大阪から淡路島経由で行くとフェリーを2回、和歌山から行くと南海小松島フェリーで1回は乗船しないと行けませんでした。おまけに徳島道や日和佐自動車道が出来たりで、ほんまこの辺りもメチャ早くなり、大阪堺から5時間前後やったと思います。実は餌屋や飯、休憩やで実際はどれだけ掛かったか良く判らんのです。ですが兎に角早い
かんばん_convert_20170518102147
ほぉ~ら、もう到着やぁ

 車を空き地に止めてゴロ石の浜をゆうたろうさんとヨタヨタと、お気に入りの所まで歩いて行きます。荷物も重たいし、これが一番辛いところでんな、やっぱし渡船がエエわぁ。
日照時間も長くなって日暮れが遅いですね。でもこの季節は夜はまだ冷えるから防寒も欲しいし、老体には扱い難い季節ですな。今回は一晩の夜釣りでしたけれど、ミッドナイト頃から震えあがる程寒かったです。
DSCF1455_convert_20170518110614.jpg
長い昼間も漸く終わり

 やっと日も落ちて釣りモードに入り暫くして、今夜の始まりは穂先ライトが右横に流れて竿尻が上り最後にドラグが『ギィィィーー』
『ほれっキタキタッ』狙いのヘダイ君やろかぁ??
DSCF1456_convert_20170518110636.jpg
ヘダイ君42cmゲッ㌧
うへへへっ。食べ頃サイズやなぁと喜んでいると、三脚の上で竿がシーソー状態でラインが走って出ています。最近耳も遠くなったし、波打ち際のジャリ波の音でドラグの音が消されるのか、気が付くのが遅いですわ。めっちゃラインが出ているんですけれど、ヘダイと違うような気もします。糸フケを取って合わせをくれてやり、何回かハンドルを回すと『おっデカイかなぁ?』と思って慎重に寄せて来ます。2回目の締め込みで残念ながらフックOUTしてしまいました。『あーぁ。くそーーーー。』エイでは無いけどサメかも知れへんけどねーっ。腹立ちますねぇ。
 今夜のヘダイの特徴は群れが小さいような気がしました。大抵は暫く当たりが続いて、その群れが通りすぎるともうヘダイは必要ないから餌や投点を変えたり、半夜で納竿したりするのですけれど、今夜はまた次の群れを待たねばなりません。釣ったのは未だ1匹だけですものね。
満潮頃に漸く回って来たヘダイ君、釣り上げたのは2匹、空振りも2度
DSCF1460_convert_20170518110713.jpg
ヘダイ君36cm

DSCF1463_convert_20170518110739.jpg
ヘダイ君37cm

 0時を回ると山背が吹き始めて、『さむーーーーーーっ』寒いですわっ。このままやったら風引くでぇと。安もんのカッパを引っ張りだして着ることに、ゴアのカッパは軽くて防水性能もメチャ良いのですけれど、通気性が良すぎて、寒いからカッパを着ける理由には合わないような?こんな時には重たいけど安もんがエエんです。どーせほんまの雨の時は釣行しないし外へ出えへんしねぇ。
 午前2時にはアタリも無く寒いだけで時間が過ぎて行き、ついウトウト、やがては『ガーーー』と大イビキで気が付けば4時頃で、『しまった』と思い竿を見ても数は揃って綺麗に並んでます。アッチを向いてる竿でもあれば心残りもありますけれどねぇ。でもその内の2本は根掛かりと小さいウツボ、もう1本も生体反応のある様な、無い様な感じで、なんとも変な感じで巻いて来ます。
DSCF1465_convert_20170518111008.jpg
抱卵30cmのイサギ姫ゲッ㌧
エエのん釣れてたわぁ。ラッキーー。これ以降は仕掛けを替えても、エサを替えても、釣ったらアカンよサイズのミニカサゴのみで、午前6時過ぎには納竿していました。
今回の大物釣果

ヘダイ 42センチ
ヘダイ 37センチ
ヘダイ 36センチ
イサギ 30センチ

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 4月 シケ予想で渡船が出ない。GW前にして大ヒマ

 先月はマコカレイの自己記録を6年振りに更新するお魚を釣って、写真でも公認は頂けるのですが、チョットでも大きくなればなおうれし~と言うスケベ心もあって、全サで公認して貰う為に何年か振りで魚拓を採りました。
勿論、自宅には墨汁・墨滴・墨液の部類は無く、釣り場から嫁ハンに『墨汁の類を買って来てぇ~。値段のメチャ高いのはアカンけど、絶対に日本製やでぇ~』と連絡をいれときました。
ワテには、全サの言うところの5%ルール内で、現物より5%も拓長を伸ばすなんて、そこまでの技術もありましぇん。今回は実長でも自己新、兎に角一回塗りで、一度限りで拓すると言う事での一発勝負です。二度も三度も謎の黒い液体を、お魚に塗り付ける訳にはいきません。一度限りで採り、速攻でお魚を洗って、ウロコと皮を剥がして綺麗に流したつもりです。カレイ特有のヌメリも多めに魚体に残っていて良かったなぁと思う次第でありました。まぁ実長よりも少しでも長くなったらエエわぁ。5%なんてとんでもなかったです。
ほんで結局、実長47.0cmのマコカレイは拓長47.7cmと立派に成長して、めでたくマコの自己記録の更新となりましたw。
DSCF1449_convert_20170402102713.jpg

 日本製ですから墨液に表示がありました。書道に使ってねと。それは全然OK!その通りです。でも食する物に付けると言うのは用途外使用やから良い筈はありません。
成分に不凍液とあるのは代表的なのはエチレングリコールですかねぇ??それやったら体に良い事無かったのでは?河川や下水には流せなかったのでは??希釈してあるからエエのかな?
エチレングリコールって本来は無色でしたよね不凍液は着色してたような?たしか2~3色あったかなぁ?定色着色し易いのかなぁ?・・・。
?ばかりでワテには判らないです。後で食するお魚を拓すなら、やっぱり本物の墨を持って来て硯でチマチマと作りますかねぇ。
以前、100均で売っていた推定某国製の墨液のような黒い液体。これはいったい何物じゃぁ?って気が付いて、ドンドン薄めて行った事がありました。
最初は墨のように黒かったのが薄めて行くにつれて段々と青色になったのを覚えています。墨の匂いがしない、品質表示なんて無い、未確認の黒いと思われていた青い液体、なんやったんやろね???それを食べる物に塗り重ねる??ワテにはとてもムリ、ムリ

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 3月 石川県 能登半島東部の春カレイ

 大阪堺を午後10時頃今回も釣行の同行をお願いした『名人ゆうたろうさん』と出発。翌午前3時頃にとーちゃくして仮眠を取って、未だ暗い朝5時前頃にメバル釣りの方と挨拶を交わして、釣果を見せていただいてから、重い荷物を担いで遠い波止先端まで歩いて行きました。
予定では今日丸1日釣る気力が尽きるまで投げまくって、明日水曜日は午前中一杯で帰る予定です。ワテは何日間でも平日やったら良いのですけれど、ゆうたろうさんの釣り明けはお仕事やそうでそんなに無理はできません。
なんせ前回の宇和島釣行と同じように往復約1000キロ程ありますから、帰りこそ頑張って元気で帰らないとあきませんよねぇ。
帰りのワテはいつもドロドロ・ボロボロになってますけれど、ゆうたろうさんはホンマ何時も元気ですわ、うちの嫁ハンに言わせれば2人とも還暦アスリートやそうです。まぁ何事も本格的にやれば体力・気力は必要ですから、違った視点で見るとそう見えるのでしょうか?

 今日の作戦は赤燈先端から300度の間のミオ筋(船の通り道)を総なめするつもりです。1日目の朝はテトラ際から排水しているかの様に払い出す潮が良く動いていました。ワテは近視・乱視・老眼の複合体で視力は0.1です。でも運転以外は眼鏡やコンタクトは付けません。竿先なんて8本くらい重なって見えてますワ。余程集中しているか偶然に大アタリが出ないとほんま小さな当たりは解らないです。見るのがアカンかったら何を頼るのかって?ドラグのスベリ音これが頼りです。

 未だ暗い内にドラグが短く『ジッジッ』と鳴きました。此処のカレイは結構頑張って長くドラグを鳴かせてくれるので、解りやすいのですけれど、今のは少し短いなぁ『フグかなぁ~』と巻上げてみると、『おぉーーカレイや結構あるヤン』
DSCF1426_convert_20170325230012.jpg
30cmのマコガレイ

 最近なんか何処へ行っても釣れていなかったので、漸く狙った時に狙ったお魚が釣れて、テンションがUPしています。他の竿からも『ジッジッ』と短いドラグ音がきこえて来ましたよ。同じようなマコガレイかなぁと思っていると、バタついて裏を向いた時、尾鰭の根元からお腹に掛けて黄色い縁が2~3本ありました。解り難いですけれど、この写真でどーかなぁ。ほんで尾鰭付け根からはマコと比べて細くてスリムですね。
DSCF1433_convert_20170325230148.jpg
30cmのマガレイをGET

 2匹釣ってもまだ完全に明るくなっていない時に『ジィーー』とドラグが鳴いたのですけれど、どの竿か解らないので順番に空合わせをしていきますと、3本目の外向きの竿で発見!ガツッとテンションが掛かりました。
寄せてくると、2回締め込みがあって良く暴れるので、イシカレイかアイナメかぁ?と思って海面を見ていると、薄暗緑色の大きなカレイが見えています。
右手で竿を抱えてラインも押さえ、左手で7m長60cm枠の玉網を突っ込んで、上手い事一発で取り込めました。
さて玉網の中でギッタンバッタンしているのを見て、(イシカレイかぁ50cmあるんでは?)それ程大きく見えましたが、落ち着いて観て見るとマコガレイやんか、自己記録のマコ46.2cmを何年振りでかの更新するには確実の大きさでした。
DSCF1427_convert_20170325230031.jpg
47cmのでぇ~かいマコガレイをGET

でもメッチャ、ラッキーでしたよ。玉網から掴みだしたカレイに掛かったカレイ針15号は見た目には飲み込んでいたんですが、スポッと何処にも掛かる事無く抜けたんです。『ひぇぇぇぇ~~』なんチュー怖い話やぁ。玉網を使わずにブリ上げてたらと思うと・・・・・・・・・((((;゚Д゚)))))))。

 このままの調子やったら今日は何匹釣れるのやろうか、自己記録更新の興奮で完全に朝になっているのも解らなかったです。
遠目から玉網で掬うところを見ておられた、ゆうたろうさんからTELが入り
何か大きな白いものを掬いましたねぇ~何cmですかぁ?
『こんなんで、あーしてΣ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ!!!こーして、自己記録を更新でーす』
良かったですねぇ。おめでとうございます。
との祝福を受け、まだまだ釣れる時に釣らねばと思った時すでに時合いは過ぎていたのでしょうか、そこからはナーーンも釣れません釣れたと思えば
DSCF1432_convert_20170325230120.jpg
こんなヒトデやあんなヒトデ

 早朝にあれ程釣れたのはウソみたいに釣れません。吹いて来るのは北ないし北西の強風が雪雲とともにやって来ます。まだまだ冬やんか
DSCF1441_convert_20170325230259.jpg
なんか、怪しい雲が北西が開いている山合いからやってきます。

雷は鳴らないですけれど、天から白い物がぁ~。最初はパラパラだったのですけれど、偶にブワァ~と、『もう春やのにナンデやねん』
DSCF1442_convert_20170325230400.jpg
パラパラと来てますデ

 こんな釣れない、ボーっとした状況が朝8時から14時頃まで続きました。その間に朝釣った獲物の内臓やエラを処理はしていましたが、獲物のワタを抜く位は全て抜いても30分も掛かりませんから、また次に来るであろう時合いを外さない様に新しいエサを付けて打ち返すのみですね。
今回持参したエサは青イソメとマムシで、大阪のTポートさんでお世話になりました。元気なエエ餌をいつもありがとうございます。
アタリも出さずに餌が掠め取られて、たまに釣れてくるのはフグと小さなヒトデ、こんな事が5時間以上も続きましたが、朝の釣果が珍しく良かったので、また時合いが来るからと気持ちは珍しく折れていません。まぁ滅多に無い事やけどね。

 14時を回るとアタリも無しに25cm程の綺麗なスナカレイ、PE2号と底オモリで遠投した磯向きは常に強烈な餌取りに晒されていましたけれど、石カレイの28cmが小ぶりながらこれもまた勝手に釣れてきて、そして久しぶりに『ジィーー』と心地よいドラグ音『キタ・キタッ来ましたよっ』まずまずのマコガレイ
DSCF1429_convert_20170325230059.jpg
マコガレイの35cmをGET

お昼の時合いはこれで終了な感じでしたが、お帰り願った葉っぱの様なカレイがその後2~3匹ありまして、再び、まぁ~ったりした時間が流れて行きます。
うちの嫁ハン製のおにぎりを喰ったり、パンを喰ったり、はたまたお菓子、コーラ、野菜ジュース、ポカリと、お腹は充実感で一杯に、これでは痩せへんわなぁ~。

 荷物も随分軽くなってきた18時前に今日最後であろう時合いが訪れました。『ジッ』と短いアタリが鳴って20cm程のクジメ、それに続いて出たアタリには
DSCF1438_convert_20170325230236.jpg
30cmマコガレイ

その後すぐに竿尻が浮いて、竿先が舞い込む良いアタリが『これはエエ物に間違い無いデェ』以前ここで日没後にアイナメの50cmオーバーを釣っているので、まさに期待が膨らみました。合わせて巻き上げると重いし、なんかエエ感じで巻き取ります。
DSCF1434_convert_20170325230210.jpg
33cmの丸々と肥えた元気なマコガレイGET

アタリと時間からして、もう少し大きなサイズかなっと思いましたけれどねぇ。もうエエから、今日はこのくらいにしといたるワぁ~。ここで本日の納竿となります。
 
 昨日の夜21時過ぎにはカップ麺とビールで夕食をすませて、目覚ましを朝5時にして車中泊を開始、今日朝5時過ぎには昨日と同じ大波止先端で竿を出しています。
今日も昨日に続いて雪や雨と強風ですねぇ。天気予報では連日のマーク、降水確率30%北~北西の風となっていますけれど、現場に居るとそんな感じや無いですね。連日冬に戻って横風に耐えながら釣りをしている感じです。波止の先端を通る漁船も昨日は3隻往復で6回、今日は1隻が出て行っただけで、波気があるのか船の方は静かですね。まぁ何せ風が邪魔で糸フケで釣り難いです。

 今日は何故か食い気が浅くて、薄暗い内にドラグが2回鳴いたのですけれど、いずれも餌の青イソメがベロベローンと伸ばされているだけで針掛かりしませんでした。
エエ当たりやったので残念ですねえ。昨日の朝をピークとしてなんか釣果と言うか喰いが下がって来ているような気もします。今日は朝から釣り上げたのはヒトデと貝を数個のみ、完全なボウズペースで納竿の13時が近づいてきています。
まだまだ余裕で早いけれど1本づつ納めて行く事に、1本目その竿を納めている時に『ジッ』と鳴った気がしたのですが、1本づつ納めるから喰ってたら判るヤロと言う感じでした。
そして最後の竿を手に取ると、『アレッ変や重いデェ。こいつヤッタんかぁ』そこでもう一度合わせ直して巻き上げると、ググッと締め込むしそれなりに重い『よっしゃぁ。カレイやなぁエエ重さヤッ』巻き上げると、40cmくらいはありそうな厚いマコカレイを玉網で掬って、納竿間際に漸く今日の1匹目をGETしました。
DSCF1444_convert_20170325230333.jpg
本日1匹目は37cmのマコガレイ

 ワテのルーティングと言うか癖と言うか長年沁みついた癖があるんです。余程の事が無い限り変わらない癖と言うのは竿を組んで行く時と納竿の時に、玉網は竿より先にセットして納竿の時には最後に解きます。
今回はそれが上手く当たりました。早朝に当たった47cmの時は未だ全ての竿が出ていた訳では無いのに喰いが立つ状態に、只最初に玉網を組む癖があっただけで、針掛かりが甘かった大きなカレイを掬う事ができました。
最後のカレイは普通にブリ上げられたとは思いますけれど、玉網が横にあったので、もっと大きなカレイでも安心でした。
DSCF1448_convert_20170325230435.jpg
さぁ久々に沢山釣れたし、大きなマコも出たしぃ。ゆっくり500キロを帰りましょ

去年の11月からなんかねぇー。ヘタクソ杉でしたけれど自己記録更新も出てひと安心、せやっ!今回が初釣りやと言う事にしとこか
今回の大物釣果

マガレイ 30センチ
マコガレイ 30センチ
マコガレイ 30センチ
マコガレイ 33センチ
マコガレイ 35センチ
マコガレイ 37センチ
マコガレイ 47センチ




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 3月 愛媛県 宇和島 渡船で浮桟橋 ケーソン一文字波止 

 去年の11月頃から絶不調が続いて、なんと前回の初釣りは餌取りさえ釣れずにヘタクソ過ぎを露呈しているそんなワテの状況を見かねた釣友のタックウさんとで、渡船を使って乗った事がない所へ探検しよかぁ。宇和島やったらお魚も多いし、なんぼなんでもヘタクソ杉でも、作戦どうりに渡れば釣れまっせっ新規開拓に行こ行こっ

 午前7時前に釣り餌でお世話になっているTポートさんで、青イソメとおまじないに、ほんの少しマムシを足して、午前7時前に出発しました。途中平日の渋滞も無く大阪堺から片道約500Kmで、宇和島のすき屋に到着したのは金曜お昼休みの12時過ぎ、昼食を掛け込んで、今日は地方から竿を出せそうな所で半夜をして、明日は朝5時から初めての渡船を使うのが今回の予定です。
DSCF1412_convert_20170312225836.jpg
 地方からは昔から結構竿を出しているので、『あーーここはロープでアカン』とか『ここも出来そーやけどアカン』でぇとかある程度2人共知っているので、余り此処で投げようと言う場所がありません。
結局時間的には短いけれど、連絡が取れれば初めての渡船を今日から使って見る事にしよかぁ。新しい所も1日多く探れるヤン。
珍しくうまく連絡が付ついて、今まで諦めていた養殖イカダの沖やら手前やら、はたまた磯から出ているケーソンやら一文字波止へ、半日いや1回多く渡る事が出来ました。

 さて、船に荷物を積み込み終わると船頭が『何処に渡りましょか?』投げ釣りの釣り物、釣り方や、イカダを固定しているロープの重要性を話したりしたのですけれど、解ってくれてるんやろか?
そこで今までに何度も見てきた浮桟橋の先端部へ二人一緒に渡る事にしました。でも乗っている時間は約4時間、実際釣っている時間は3時間程度でしょうね。ホナ頑張ろかぁ~
DSCF1414_convert_20170312225914.jpg
生簀の間を縫って先ずは2人で一番手近の浮桟橋先端部へ渡りましょう

 急いで竿5本をセットして投げて見ます。深いですね。深けりゃあエエって事は無いですけれど、そうやねぇ~隠岐浦郷浮桟橋の7番の足元と変わらないですね。と言う事は水深25mはあるような気がします。深い水深を経て底着したオモリは1度も海底に潜る事は無かったです。養殖が盛んだから底はドロかなぁ?と思っていましたけれど、未だ解らないですけれど結構砂地も多いのかなと言う感じです。
DSCF1415_convert_20170312225955.jpg
船頭に言わせるとこの桟橋辺りが一番深くてここから何処へ行っても少し浅くなるそうです。

 基本的にここは沖の生簀際からロープは無くて、ズルズルと際まで寄ってきて巻き取ったオモリや餌を触って見るとメッチャ チメタイ。ほんまチメタイ どー書いたらエエんか、凍る寸前のような感じ。大げさや無くて今日は外気も冷たいにかかわらず。『ウオッ 冷たぁ~』と感じます。なんか嫌な予感が過りますけれどねぇ。11月から今日まで、なんちゃって30イシカレイ1匹しか釣って無い自称 ボウズ男ツカやん やからね(昔、関つりにそんなタイトルありましたなぁ~)
まぁ色々探って行く内にミニカサゴが当たり出し、最大は大物と言える30cm少し越えるカサゴ君をGET
DSCF1419_convert_20170312230017.jpg
お目目も内臓も飛び出したカサゴ君(キチンと食べてやるからな。)

 なんか引っかかるようなシモリも判れへんのにカサゴ君しか釣れへんやん。釣り荒れはしていないけど、水温がメチャ低いちゅー事かぁ?と推測してますが如何でしょうか。後釣れたのはケムシ3匹とヒトデ2匹でTIMEOUT
今日はホテルランクル号で早く寝て明日に備えましょかね

 さぁ今日が本命、宇和島では未だ薄暗い午前5時半の出船でヘッドライトが要りました。なんと土曜の朝一番でも客はわれわれ2人だけ、そう言えば昨日の撤収も我々だけでした。まぁ商売気が無いちゅーたらそのとうりで、その方がワテらに取って都合が良いのですけど『渡船やぁ~めたっ』てされたらこの辺りに渡して頂ける人を折角見つけたのに困りますよねぇ。

 タックウさんは湾口近くの島(磯?)にあるケーソン一文字に上がります。潮通しは抜群らしく、水深は適度な水深、シモリも点々として、イケスロープも入っているので正面1人分で竿4本かなぁ~と言うことでしたけれど、イトヨリ、カサゴと数が上がって、砂地が多くて、エサ取りもイソベラが賑やかやったらしいです。でも当日の一番のアタリは大きなイソベラやそうでしたww。

 ワテは昨日に続いて浮桟橋へ、昨日の桟橋の隣にあたる新しい所。まぁ投げるにはあまり関係が無いところに籠が仕掛けてありました。
DSCF1421_convert_20170312230040.jpg
先端部に居るので、繋がっている後ろも当然、浮桟橋になっています
DSCF1417_convert_20170312230131.jpg

 底は泥混じりの砂で水深は深い方向で20m程、浅い所で10mなんか掛け上がりの真上に居るような感じの所ですが、根掛かりは一度も今日はありませんでした。でもここも水温が低そうでチメタァ~イです。放流サイズのカサゴが適度に当たる程度、
DSCF1425_convert_20170312230151.jpg
モゾモゾとした変な小アタリが出て綺麗な可愛らしいホウボウちゃん

 迎えの船を17時半に頼んでいて、12時間釣る予定でいましたけれど、何せこの水温の低さとアタリの無さで、帰りも約500Kmあることやし、15時に切り上げ納竿で退散することにしました。

 もう少し条件の良い時に投げたいと思います。全ての浮桟橋と3本あるケーソンに乗って見たいなぁ。でもまぁなんとか大物が1匹釣れて良かったけれど、なんか複雑やなぁ~。帰りに気がついたのですが、愛媛の一部の、お山の山頂部には未だ少し残雪が見えてました。そらぁチメタイ筈やわ

今回の大物釣果

カサゴ 30センチ




 

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2017年 2月 漸く初釣り 和歌山県 南紀串本

 去年の暮に新しく増えた3台のリール(サーフリーダーSD CI4+ 35)のハンドルノブ部のブッシュをベアリングに交換する作業です。20個3000円でブッシュと同サイズのステンレス製ミニチュアベアリングを買って来て、早速交換します。
ワテが測ったところ4x7x2.5でした。交換される時は御自分でお測りくださいませね。左右2個のサイズも一緒やったし、メチャ簡単
DSCF1385_convert_20170222164848.jpg
ベアリングを台数分以上に沢山買って来たかと言うと、
回転が気に入らんようになったら、消耗品はポイっと捨てて交換する為ですね
DSCF1389_convert_20170222164909.jpg
ハンドルの2か所に白くて丸いドーナツ型のブッシュが入っていて
それをベアリングと交換します。1台約5分で終了
これで『グリン。グリン。』とハンドルノブが回りますデ

 毎年この位の時期になりますが漸く初釣りとなりました。うちのランクル号は大口径トラクションタイヤを履いています。それに合わせてファイナルギア(前後デフ玉のギア)を交換しているんです。所謂アラブ仕様ですね。ノーマルタイヤサイズには戻されへんし、こんな大きなスタッドレスタイヤは無いとか言うてました。対策としてはチェーンですねぇ。これしか無いみたいで、チェーンを装着するのって嫌やし難しいですよね。そんなこんなでアラブ・砂漠仕様のランクル号は雪国へは行けないし、1・2月の釣りはチト厳しいのであります。どーせ、よう釣らんし、寒いしねぇ。

 その昔、40年程前は大阪からだと串本遠征(ほんま遠征でした)国道が整備され高速がほんの少し一部開通してからは、クラブ例会に田辺や串本へも良く通いました。当時流行り出した磯投げですね。渡船屋に無理を言って真夜中に串本ヨットハーバーへ迎えに来てもらう例会を良く組みまして、当時会員数中位のクラブのワテらでも例会参加会員は常時20人近く居てましたから、無理が効いたのかもしれません。北は鉛山のコジから橋杭岩、田代一文字、権現島、茗荷島、ESABやマダイ、コロ、タマミ、ハタと楽に良く釣れた時代でしたね。

 今日はゆうたろうさんと一緒にワテにとっては初釣りで、20数年振りの串本になります。田辺以南の道路もエライ変わって、長年の癖で田辺の一般道へ降りかけたり、『あかん、あかん、そんなトコで降りたらアカンでぇ右・右』あはは、途中の出口でふらつく始末。ほんま凄い物が出来たなぁ。串本海中公園近くまで行くヤンか、日置川の直角ターンも無くてチョット寂しいです。
 頼りない運転で串本に到着、そこから磯へ上がります。足場はこんな感じで、寝転ぶスペースはありません。まぁ良いとは言えないのでしょう
DSCF1409_convert_20170301095145.jpg
 後方もそんなにはクリアで無く投げ易いとは言えません。まぁそんなにも投げる必要も無いので、良いと言えば良いのですが、ケーソン一文字や公的管理の浮き桟橋で投げてるような訳には行かないですよね
DSCF1411_convert_20170301095210.jpg
雨予想の前日とは言え、結構強い西寄りの晴れ風が吹いていて、とても明日雨になるとは思えません。強風でラインが大きくフケて潮も同じ方向に強く流れる時もあって、2人でPEラインばかりでは少し手狭かなぁ
 その内にゆうたろうさんは旨そーな大きなマダコをGET、その大マダコはワテのクーラーBOXへ『おおきに、ありがとー』
ワテの竿先にカン・カン、ギュゥーーとカワハギらしい当たり、でも得意技の空振り!『あれだけ竿が入ったのにぃ~ほんまヘタクソやわぁ』その後、納竿まで白い筋だけ針に残るような空針状態が6割がた続きました。ワテにそんな良いアタリが出たのは2回でいずれも空振り、ゆうたろうさんはAカワハギ1匹と小2匹いずれもワテのクーラーBOXにGET『これで鍋の具材ができました。』
あぁ~初釣りや、ちゅぅーのに、またボウズかよ。今年は良くないとは聞いていたんですけれどねぇ~

ほんなら次回頑張ろ

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年12月 三脚竿立の滑り止めメンテ

 この間、今年最後の年越し用の鴨掬いへ行った時に、渋柿を戴いて帰りました。今年は不作で例年の半分以下らしいです。でも大きくて綺麗な柿が多く、干すのが難しくなりそーやなと思ったしだいです。
DSCF1362_convert_20161223220049.jpg
大きい柿なんで本体へ切り目を入れて干しましょうかね
今、干せば年末あたりに出来るかなぁ。これが又メチャ旨いんですワ。ホンマ、直ぐに無くなってしまいます。
DSCF1363_convert_20161223220113.jpg

 さて、今年の垢落としとばかりに、竿や玉の柄を洗って水を抜いて乾かして、車のワックスを掛けてピカピカのツルッツルに30本を仕上げました。『あーーーーシンド』

 洗った竿立三脚にも油を挿して行くと、一脚だけ滑り止めを付け忘れている物があったので、セットする事にします。滑り止めって何?と思われるかも知れませんね。三脚に投げ竿を掛けてやると、1番ガイドまで滑ってから止まったりして、思った所、好きな角度で竿を立て難いですよね。それをある程度解消してやろうと言う事ですねん。材料費も安く簡単に出来るし、再現性も高いです。
DSCF1369_convert_20161223220155.jpg
径10mmの熱収縮チューブを7cm程に切って、径7mmのアルミ製波型の竿受け部に押し込んで行きます。波型の両辺取り付けても良いですけれど、ワテは片辺ずつ通しました。チューブに出来たシワは適当に伸ばして下さいね。
それではヤカンにお湯を沸かしに行きましょかww
DSCF1372_convert_20161223220221.jpg
沸騰したお湯をセットした竿立部分に掛け流ししてやれば殆ど終了です。
波型竿立のEND部分に径8mmの絶縁キャップを被せてやれば完成となります。材料はホームセンターで絶縁キャップ30個100円、熱収縮チューブは1m450円位やったかと思います。チューブの収縮は径で約半分まで頑張るって書いていました。長さは2割程度みたいですね。
DSCF1377_convert_20161223220245.jpg

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年12月 鳥取県 賀露 鳥取港一文字

 このところ、Mrトランプ次期米大統領のお陰ちゅーのか、少しばかり余裕がでまして。(後から強烈なシッペ返しを大抵ワテは受けるのですけどねぇ)4mの白スピンが今5本体制なんで1本増やそうかと思い、熊肉と本鴨肉を持って仲良しのお店に出かけました。熊肉は貰い物、本鴨は掬いたてのホヤホヤです。
どうやら目的の白スピンBX-T4mは注文らしいです。赤のPFならありまっせ、少し訳ありやけど、半世紀さんやったらどーってこと無い筈でっせ、『なに、なに、見せてっ・・・振ったら折れるんちゃうか?』理由は何んやのん???『・・・・・・・・ですわ』『アハハじぇんじぇん、全く関係ないわ。ほんでナンボ??』2本で税込み、ん~万円。安いんかどーか判れへん約5割+引きでした。
DSCF1337_convert_20161207230514.jpg
ほんならリールも頂戴よ、ドラグが着いてて、軽くて、エエやつ。『ホナねー。これにしといたらどーですか、サーフリーダーSD CI4+35これやったら今この店に2台ありまっせっ』熊や本鴨も頂いたから1.5万X2で良いですわ。??へーーーっ安いの??よう判れへんけどほんならそれも入れといて(そもそも価格を知らないんで)
DSCF1348_convert_20161207230550.jpg
これでメインは赤8本白5本のスピン体制になりました。他に5や7ガイドのスピンで生き残っているのが10本、これは外洋向きの荒浜などに付いて来てくれます。

 さぁ今回は前回のリベンジと言うことで、ゆうたろうさんと2人で同じ所の鳥取港一文字波止に出かけます。勿論、呑ませの活けアジ25匹も用意して、2本の遠投カゴ竿と投げ6本体制で大阪堺を出発。1週間程前の天気図や情報では雨の前日で西に低気圧が在る感じでいたのですが、上手いこと今日のお昼頃通過するらしいです。低気圧本体は予想より随分北を移動するようですけれど、そこから伸びる前線がワテの頭の上を断りも無く行きはるようです。朝7時の渡船前には暖かい南風が結構吹いて防寒着は暑くて着れません。このまま日中を過ぎてくれれば超快適ですね。
DSCF1352_convert_20161210140613.jpg
 今日の一番船は我々2名を含んで5名と少なくて、一文字東で降りて前回のリベンジ開始です。竿が出揃って最初の当たりはカゴ竿の活アジに出ました。大きなアタリでも無く、柔らかい穂先が1m程抑え込まれて、半締めのドラグが爺~と短く泣きました。遠目ながらゆうたろうさんにも見えていたようで、『アタリましたねぇ~。ヒラメっぽいですね。』『そうですねぇ。多分ヒラメのレギュラーサイズの様な気がすんのやけど、それともグーグーかな(マトウダイ)?』・・・・・『合わせますよーーーー。』そぅりゃ~。ブンと言う音とともに合わせが入りました・・・・・・・・・・・・・・・。『ありゃーーーっ??』スカやんw『せやから2本針にしなはれ』『うぅ~ん。腹たつなー』まぁまだ朝やし、また来よるやろ。
次のアタリもカゴ竿に出ました。今度は竿尻ロープを外しにくい程に竿が舞い込んでます。『これはロクなお魚とチャウなー』強い締め込みでしたけれどハリス切れ、まぁサメか大きなフグですな。

 カレイ狙いの6本は相変わらず餌取りが多くて忙しい限りです。のんびりと呑ませ釣りがワテに合ってるのかも知れへんね。竿を煽ると漸く、しっかりテンションが掛かかってこちらに寄せると
DSCF1349_convert_20161210140517.jpg
アタリも出て無いもんなぁ~。そりゃそうヤロ

 そうこうしている内にいつの間にか西風にそして沖では黒い雲と高く積み上った入道雲が出て、ポツリポツリ雨が降って来ました。風もドンドン強く成ってきて三脚が甘いとガシャッとひっくり返され始めました。しかも竿に触れるとビリッときています。そうです帯電しているんですね。その昔、磯で夜釣りの最中に雷雲の接近で竿が帯電していて、竿を握った途端バシィーと言う音と共にヘッドランプが切れた事がありました。その時は360度イナズマ⚡の大暴れでした。怖かったぁ~。
今回は360度と言う程では無いですけれど180度はありますな。その一撃は音と同時に波止の西端に1発キッツイのが落ちました。こらぁアカン避雷針のある赤燈台へ逃げよ。携帯もあきまへん繋がら無いようすです。沖には少し青空が見えて、このまま西風が続いたらもう直終わりかなと思っている時に、バチバチと降ってきたのはヒョウです『凄いなぁ~。風は強いけどもう終わりヤロ、竿も帯電して無いし』

 出している竿を巻き上げると30cm程のイシカレイが付いていました。何処かへ飛ばされたのかメジャーが見あたらないので、
DSCF1355_convert_20161210140635.jpg
なんちゃって手尺30cmイシカレイ

ここで止めれば良いのに沖も此処も青空になった事やし風も弱くなり気味で、ゆうたろうさんにもマコカレイが釣れて地合いかなと思わされたんデスな。それから2時間程してまたまた帯電に雷、雨、西風の爆風そして波も随分高く成って来ています。。幅の広い拡張された一文字でも、偶に波の飛沫が風に乗って背や頭からシャワーのように落ちて来る状態ですわ。『もーアカン止めよかぁ~』そそくさと道具を直していて気がつけば目の前に撤収の渡船が来ていました。帰港前に赤燈波止に寄っています。一文字よりここは西向き波止なので波も一文字より凄いようですが、我々と同じく撤収される人がおられたようですww(なかなか粘りまんな)

 道具を整理や再片付けをして近くの海産物店で生きているセコ蟹を買い、たまのお土産にします。オスは見るだけで良しとしよか
DSCF1356_convert_20161210140744.jpg
何故か釣った事になったセコ蟹

嫁はんが『鳥取へ行ったら、こんな蟹も釣れるんやねー。』どうやらワタリ蟹のように釣れると思ってるらしいので『そ、そ、海が荒れている時には釣れるんや』と言っときました。

今回の大物釣果

イシカレイ 30センチ




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年11月 鳥取県 賀露 鳥取港一文字

 我が家の裏にフェィジョアの木が6本植わっています。今年は不作で例年の半分ほどの100個程実が成りました。この果実がまたホンマに超トロピカルで旨いんです。生の味はねー。パイナップルと洋ナシにリンゴを足したようなヤヤコシイ味w。昭和50年より前位の話かなぁ~。キュウイと同じような時期に日本に入って来たと思います。日本では受粉が梅雨時なんで結実し難くく少し珍しいフルーツになります。大きくて良く熟れた実はそのまま食し、写真のサイズはJAMにします。この実が熟れだすと、今年の投げ釣りも納竿が近づいてきます。『あーぁ今年は大きなお魚は釣れんかったなぁ』まっそんな感じの今日この頃ですワ
DSCF1317_convert_20161105004020.jpg
このサイズからJAM行です
DSCF1319_convert_20161105004041.jpg
70個1.9kgのフェィジョアの皮を剥くのがメンドクサイけれど、メチャ美味しいJAMが出来ます

添加物や水は入れずにサトウキビの砂糖だけで煮詰め、初夏に作ったブルーベリーJAMと晩秋のフェィジアの無農薬、無添加JAM1年分の出来上がり、後することは、鴨、鹿、猪のお肉をストックする事ですね。スモークを作ってみたり、柿と一緒に干してみたりね。まぁ面倒の無い冷凍が多いですけど、所謂ラード油も作り置きします。

 年内~早春までワテの釣りは今回を含めて後3回くらいかなぁ。それで今年9月にルアーでヒラメを2匹GETした鳥取港一文字波止に、ゆうたろうさんと再度渡る事にしました。今回の餌は活けアジ35匹と予備餌に塩イワシで虫エサは一切無く安上がりの餌代となっています。こんな感じで活き餌を持って行きます。ワテの活かしバケツにはエアーポンプを3台セットしています。ゆうたろうさんのバケツはワテとは直径は同じですけれど高さが少し低いタイプです。この2杯のバケツを1台のクーラーBOXに収めるにはDAIWAビッグトランク80Lがエエ感じにキッチリ収まります。
DSC_00222_convert_20161108161522.jpg
温度が上がらないように300X150X60の長い氷を1個間にはさみました。
DSC_2444_convert_20161108161536.jpg
クーラーボックスの上蓋が完全に閉まらないように設定。
1匹の死亡も無く無事に波止まで到着しています。

 現地に午前2時頃到着して2人のオヤジがベッドで朝6時前の乗船券購入まで爆睡します。1500円で乗船券を買ったら少し前と違って今は荷物を乗船場まで運ばなあきまへん。ひと汗かいてたら乗船が始まり10人程の釣り人が乗り込みます。投げはワテら2人だけ、ヤタラ荷物が多いので気を使いますけれど、その辺はコミュニケーション、事前の営業がものを言いますデ、

 今日の海は荒れて北東の風強く波が2.5M渡船出来るギリギリですね。そんな北東の強い風と波なもので、一文字は背で風を受けられる西が人気になります。
サテ我々おっちゃん2人は貸し切りの東に渡りました。赤灯台や外のテトラとケーソンの隙間からはドーーーンと言う響きとそこから吹き上る波飛沫が舞っています。まぁオッシコをするにも大変ですがな。ヘタをすると顔にまで飛んできますしw。〇〇〇を出しながらエエ場所を(゚∀゚≡゚∀゚)探さなあきまへん、あははホンマ変態でんな。街中ですると即タイホーですからねっ。結局オシッコをまき散らして終了、キッタナイションベン親父でおました。

 当たりは午前中に集中しました。中でもドラグから煙が出そうな程凄いスピードでラインが飛び出た強烈な当たり、『お巡りさんスピード違反ですよーーー』止まらん止まらん、10号ハリスがいとも簡単に切られて終わりでした。室戸のメジロでもそんなスピードは続か無かったですからね。この辺では今ヒラマサが良く釣れてるので、大きなヒラかもしれません凄かったわぁ。
DSCF1325_convert_20161108150316.jpg
遠投カゴ竿のリールシート位置を広げた(左)ブルズアイSP遠投4.5号と赤スピン425CX-T
リールの位置がほぼ一緒でしょ

 歯みアタリや一部が齧り取られるアタリがあったりして、お魚が中々乗りません。『ツカヤン2本針の方がエエ事無いでっか?私は2本針ですよ』『えーー。ワテは活け餌の時は何時も1本針ですねん。理由は良く泳ぐし、弱り難いから、塩イワシの時は2本針やけど・・・』皆さんはどーですかね。教えていただけたら有難いですね。
DSCF1327_convert_20161108150253.jpg

 さあ、16時の船を待って波止の上でゴロゴロしています。えっ・・・・・。あれっ・・・・・。お魚はぁ?午後からの当たりはたった2回
その中でも釣り上げましたよ1本針仕掛けの活け餌をチャント咥えてくれましたよエイがね。あーあー。多分今年初めてのボウズですな。やってしまいますた。今年も後少しで終わりやちゅーのにね。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年10月 岡山県 市内川口のスズキ

 あれだけ連続の台風やと言っていたのに、季節はあぁ~っと言う間に進んで、もう寒いんやものねぇ。ほんま体がついていきましぇんワ。前回の安芸海岸で傷んだラインを巻き直したり、針のストックを増やしたり、PEラインには数%のフッ素が入ったオイルでコーティングして、ついでに針もフッ素でコーティングらしい事をするとメッチャ滑りが良くなります。以前はシリコンオイルをかけてましたが、最近はフッ素が入ってるオイルをかける事が多いです。(どちらを使っても、つるっつるですデェ)300mmL缶で300円程ですから、惜しみなくかけちゃいます。シリコンは同量でその半分以下の値段でホームセンターで売ってます。
DSCF1311_convert_20161101200737.jpg
DSCF1308_convert_20161101200812.jpg

DSCF1315_convert_20161101200836.jpg

 さて、年内もう一度青いウネウネを釣りたいなー。と言う思いで岡山まで走りましょか、地元の人に言わせば、今年の青ウネウネは不漁でキロ2万円した時もあるとか言うてましたが、キロ2万円てホンマカイナ???チョット盛杉、高杉ちゃうのん???2号線を越えたあたりから黒い川ウネウネが多くなるそうですよ。そう言えば良く竿が出てますわ、でも車を止める所が解れへんしぃ。

 餌のユムシを仕入れて2時間少しで何時もの所へとーちゃくします。でも今日は少し風が強く吹いています。気圧配置や予報で確認して来てるのにぃ。北北西から北西が常時吹いて偶に強く吹いています。川口よりの漁港横にある大橋の影に行こか、先端の砂置き場の内側へ行こか、どーしよ、この川は左岸のポイントしか知らんしなぁ。
DSCF1275_convert_20161101200902.jpg
今日はこんな潮です

 決めたぁ~海沿いに大阪方面へ東に走って風を背で受ける右岸ポイントへ行こか、もっと上流なら数回竿出しはしているけど横風で投げ難い筈やから、今回は初めてやけど風裏で釣り易そうなこの辺で釣ろか、後ろも広いし足場もエエねんけど、釣り場が沢山在り過ぎて絞り難いです。でもまぁ1匹くらいは釣れるやろ、潮変わりに頑張ってアカンかったら暗い内にとっとと帰ろっ。釣り場は広いけれど何処で出すか?何処でも一緒の感じがします。地元の人も居てないし、教えを頂く事も出来ません。ほんなら何時もの作戦でイコかぁ。車に近い所がA級ポイントと言う事で、そこで8本の竿を並べましょう。何時もの川と違って経験度が少ないし、この一帯は真っすぐ流れてるし流心がどこにあるのか、船道がどの辺りにあるのか解らないのでまずは追い風に乗せて底を探りながらの釣りです。何処に投げても浅くて全体にスズキの釣り易いエエ感じな底でした。船道らしい変化のある所で少し仕掛けを止めていると、間もなく『ゴゴゴン』と当たりが出ました。『あらっ??アタリやんか、なんやろ、黒いのんかな?キビレかな?』
DSCF1256_convert_20161101200927.jpg
小ぶりですけれど、まだ明るいうちから釣れちゃいました。ラッキー

その後は日が落ちて辺りが暗くなるまでフグやろうなと思わせるエサ取りだけの状況でして、夕方に釣れたスズキはほんまにマグレやったと思うしか無かったです。

 時は過ぎて辺りも真っ暗になると、ずっと風は強く背から吹いていますけれど、漸く餌取りの猛襲も収まって竿も仕掛けも落ち着き出しました、でも今度はナーーーンも餌を触りに来ません。『ウウ~ン 暇やぁ~。。。。。ラーメンでも作ろかなっ』そろそろ、上げ一杯から下げに動き出す頃ちゅうか、あららっ、もう既に下げて来てるやんかぁ。今日はアカン釣れへんわぁ。ミッドナイトの潮変わりに釣れへんかったら、ほんまにアカンかも知れへんしぃ・・・・・。流れはそれ程出ずに見た目には池のようになってから2時間ほどで、漸く『ウィィィ~~~ン』とドラグが鳴いて竿先が川面に刺さりました。『あれっそんなに重く無いけど付いてるわっ、よかったぁお魚やっ』
DSCF1281_convert_20161101201053.jpg
クロダイ48cm位です幸いに針が良い所に掛かっていたので、即放流できました

続いて、ドラグが鳴き竿が横向きになりました。『そこそこ重いなぁスズキとちゃうかな?』竿先を川に漬けて柔らかく取り込みます
DSCF11256_convert_20161101201014.jpg
スズキ2匹目65cmゲッ㌧

今しがた釣ったスズキのワタの処理をしている間にガシャンと竿立とともに2本の竿が倒れました。片方のドラグの緩め忘れで、その先の仕掛けには3匹目のスズキ君が付いていました。
DSCF1279_convert_20161101200946.jpg
58cmゲッ㌧

時間を見ると午前3時前で未だに潮は動きませんが、潮見表では既に上げ潮になっている時間で、次の潮変わりには夜は明けて又フグの猛襲になる可能性が高いです。まぁこの1~2時間頑張って、夜が明けたら少し寝ろか、50発持って来たユムシも残り15発程、兎に角一度全ての竿の餌を取り換えて、アタリの良く出た船道と思わしい距離に仕掛けを添わせます。暫くして『ウィィィ~~~ン』この音はなんとも言えませんねぇエエ音やわぁ
DSCF1276_convert_20161101201248.jpg
スズキ君60cmゲッ㌧

今回の釣果はここまでで、夜が明けてからは前日と同じくフグの猛攻撃を受けて、ユムシを使い果たすまで僅かな時間しかかかりませんでした。



今回の大物釣果

クロダイ 48センチ
スズキ 55センチ
スズキ 58センチ
スズキ 60センチ
スズキ 65センチ



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年10月 高知県 安芸海岸

 漸く、ほんま漸くですねぇ。ずぅ~と安芸への出発を伺っていたんですけれど、なにぶん台風20号まで連発でしたから投げには厳しく、それまではルアーチームの隊長やメンバーの方らで、ヒラメ狙いやメジロ狙いに色々連れていって頂きました。その甲斐も無くワテに釣れたのはルアーではサゴシ1匹だけ、沖ではメジロのギャフ掛けも経験させていただきまして、戴いたメジロの腹身は1切れでも充分な大きさでしたww。こんな魚を釣らなぁアカンなぁ~。横で見ていてもこれは楽しいわぁ、ギャフ入れるだけでも面白かったです。スーパーでメジロやブリの切り身って売ってますよねぇ。それとは味も大きさもじぇんじぇん違いました。サイズ的に某スーパーで売ってるのはハマチですかね?でもメチャ大きくて太いのに、隊長はブリって言わなかったですけどね。どーもメーターを超えんとアカンらしいですわ。へーーーーー。
 でもヒラメは活魚餌でルアー部隊を横目にして60センチサイズを2匹GETできました。
DSCF201609100738_convert_20161014193701.jpg

隊長のお話しによると、ここではソゲや無く80や90センチの確率が高いそうです。場所は教えて頂きましたから今度はそこで頑張るべぇ。
そんな釣りに加えて土日はクレー射撃の大会があったりしてホンマ貧乏暇無しでした。ワテの釣りは大体11月一杯で終了して、年越しの肉備蓄に励む事となります。鴨掬いまで残すところ残り約2ケ月が釣期で、美味しいお魚を適当に釣りたいですね。と言う事で、日頃誘って頂いて、加えて教えて頂いてばかりの隊長に(おかげで今年はヒラメを5匹も釣る事ができました)安芸海岸へお誘いしました。波気があればルアーも良い筈やし、元全サですから投げも達者です。兎に角この浜は波に弱くてハワイまで障害物が無いですわ。でも入浜出来たらまぁエエ目が出来るから是非行きましょうとお誘いしていました。
車はある程度浜まで入れるのでメチャ竿まで近いし、夜釣りと言っても寝たい時に横になれますデ。少し濁りが入れば大きなISABも釣れるしね。ワテの数少ない大好きな所やから行きましょうと言う事でやっと平日に引っ張り出しました。まっ隊長もワテと同じでお気楽オヤジなんで、数台あるハーレイダビッドソンを弄ってるか釣りをしてるかで、単車の世界では中々有名な人なんです。

 今回はビッグトランク80L、トランク大将50Lを2台合計180Lをお魚入れに、持ち出しクーラー30L2台と期待の大きさが感じられます。隊長を乗せて早朝の大阪堺を鳴門回りで出発、エンジンや車のお話しをしていると既に椿泊を過ぎて新しくなったバイパスを抜けてます。こんな景色が見えてきたので『おシッコタイム』
DSCF220660_convert_20161015222146.jpg

その昔はキス釣りで有名処でしたよねぇ。今も沖にはキス釣りのゴムボートが浮かんでるけれど釣れてるんかなぁ。ほんで徳島回りでないと活アジが買えないので、こっちで使う活アジを仕入れて、室戸岬を回り目的地安芸へ午後3時前に浜へとーちゃく出来ました。浜までは人間の頭サイズの石がゴロゴロしているので、凸はタイヤを乗せ凹は跨いで行きます。この地点で中口径タイヤでは、お車が亀の裏向きみたいになるかもですね。雨が降ると渡河を強いられる事もあります。道では無いのでナビには入口も出ていません
DSCF220670_convert_20161015222203.jpg
既に車は浜に入っているので、降りてからは随分楽です

日の高いうちは仕入れた活小アジと持参した塩イワシを投げ入れて行きます。10M程離れた隊長はルアーを投げてます。小アジは全てイカにヤラレ、塩イワシには小ガシラ1匹、隊長のジグには残念ながらノーHitで、随分早くなった夜釣りへ突入します。暫くはナーーーンも気配がなかったのですけれど、静寂を破るドラグ音が響きます。『ウィーーーーーン』
DSCF220675_convert_20161015190045.jpg
1匹目は48cm位のヘダイ

如何やら群れが回ってきたのか、それから休み無くアタリが出ています。隊長も同じようでバタバタしているのが解ります。漸く群れれが去って、ワタを抜いたりお魚の処理をして時間を見ると午後10時前でした。取ったのはサイズも良く似た40~48cm5匹のヘダイをGETしました。虫エサを使った隊長にはコショウダイやコトヒキを含んで同じような釣果になっています。ワテは今夜はエビ餌を使っています。
DSCF220676_convert_20161015190259.jpg

そんなに忙しい時間は続く筈も無く0時前になっています。クーラーBOXのビッグトランク80Lは塞がりました。なんか寝むたく成ってきたなぁと竿を煽ると根掛かりです。PE5号テーパー無し全遊導イシダイ天秤にナイロンハリス10号フカセ針18号1本バリと言う代わり映えしない仕掛けを竿を倒してゆっくりと引っぱると、ズズズと抜けてきましたけれど少々重いです。石付きの藻でもでも掛けたかな??それとも・・・・・・・・・フフフ・・・・・・・。30Lのクーラーへ海水で濡らした新聞紙を沢山丸めてその中に納まっていただきました。なんせ針がじぇんじぇん外れへんし、弱ったらアカンしぃ。これは事故やな。家へ帰ってから針を外して、大阪湾で逃がしてあげようねっ。それまではグーグー鳴かんと静かにしていてくだされまし
DSCF220679_convert_20161015185551.jpg
伸ばすと体本体で約40cmの中型

この後強烈な睡魔に襲われ『隊長~竿上げて寝るでーーー』虫餌も使っている隊長は良型コトヒキと大きなコロダイを追加して既に2桁に届いて、もうお腹一杯らしく『良いシモリの横に入れて良く釣れたわーっ。久々で投げ釣りも楽しかった』と大喜び『そのシモリから左側は根や硬い海藻が酷くてどーにもアカンのです。でもエエ、コトヒキ釣ってますがな、ワテも今度は虫餌も中針も使いますわ、ここではコトヒキ釣った事無かったんで』実際秋はヘダイとコロ、コショウダイにESABしか釣った事なかったんです。フカセ18号にエビでしかしないからww
もう少し小さな針を少し寝た後に使いましょう。たしかユムシコウジの16号があった筈、もっと小さな針があったかな??まぁ兎に角、一度寝よ寝よ。。。。。。。。。。アラームは午前3時半でエエかなぁ隊長。あれっもう寝てるぅ。さぁ隊長がイビキを覚き始めるまでに寝るどーーー

気がついたらなんと朝7時回ってました。なんでぇ~??アラームの最後セットするのを忘れたんやろうかしら?隊長はナブラが出てるんでチョットやって見るらしく、その間にワテはまぁゆっくりと納竿することにして、帰りは馬路村に寄ってポンズを買って帰ろかな



今回の大物釣果

ヘダイ 48センチ
ヘダイ 46センチ
ヘダイ 45センチ
ヘダイ 41センチ
ヘダイ 40センチ

ESAB 中1匹



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 8月 台風5号を避け岡山市内 川口

 奈半利一文字を予約していた8月初旬、『あれっ熱低が台風5号に名前が変わったかぁ』発生位置が随分と東の方なんで、ある程度のウネリは室戸で防げるかなぁと思っていたのですけれど、本土最接近の日の前後に予約と重なってはねぇ。これではアキマヘン。代替え候補も色々考えましたけれど、全サ大物号数にはあまり拘わらず。美味しく楽しく旬のエエモンが釣れて、ほんでマグレで全サ大物が伸びたらエエだけのワテは、黒いのでは無くて暗緑のウネウネを釣って食べた~い。もう既に今年は熊猪鹿鴨も干焼煮で食べ、鮎の方はそこそこ掛けたし数も食べたからねぇ。後は今年まだ1匹釣っただけの岡山名物青ウネウネやがな。太さはそーやねBランクかな?今回も無理やり同行をお願いしたゆうたろうさんは、流石に大物名人らしく今年はDランク2匹も青ウネウネを釣ってはります。勝手ランクですので悪しからずww
 
 釣り場にとーちゃくしたのは午後4時頃でした。サディスティックSUNがギラギラギラギラ、どこぞのロックバンドがネーミングしそうやな。護岸のコンクリートもジリジリ焼けてますよ、到着して直ぐまだ竿も出して無いのに、帰りのお風呂と仮眠を楽しみにしていてはアキマヘンなぁ。
前回は未だ明るい内からスズキの当たりが出だしたので、今回もメチャ熱いけど頑張る事にします。餌はユムシとウネウネ用の餌を今回は全てミックス掛けにしてみました。(さて吉と出るか凶と出るか??)
期待どうりまだ日も高い内からドラグが勢い良く『ギャーーーーーーー』と長く鳴き出しました。鳴いた竿を掴んで大合わせを入れても残念でしたスカです。今しがた投げ込んだだけのユムシ餌がベロベロに成って帰ってきました。でもこの時は原因らしき事に気が付きませんでした。
DSCF1273_convert_20160810131040.jpg
 夜になっても当たりはそう多くなく、大きな当たりが出て、ドラグが鳴っても乗ら無いんです。そんな事が連続3回続いて未だ釣果がありません。『今日は喰いが悪いなぁ』まぁ当たりも今回は少ないですけれど、潮の変わり目には当たりだけは出ています。『喰いが浅いなぁ』それも有るんでしょうけど・・・『ヘタクソなんや、アハハそうかも知れへんな』・・・・・『あっ・・・餌かも・・・・・』ユムシとウナギ用の硬目のエサを同じ針に付けてるヤン。しかも硬いから抜き上げ難く針の耳へ、喰いの浅い日にそれも全部の竿にぃ、『原因はソレちゃうかぁ・・・・』ミッドナイトの潮変わりには普段どーりに餌を付けよ、でないと丸ボーズになるデ。

 メッチャ眠い潮変わりには、ドラグもキッチリと締めた竿がユムシの餌だけで並んでます。『バーーーンと竿が舞い込んで、もう一度当たりが出て横向きになりました。』一部始終を見て、『よっしゃスズキやなぁ、漸く乗ったわっ』大きく合わせると竿にテンションが掛かったと思った瞬間フッと軽くなって『あーーーっバレタッ』
なんでぇ~???・・・・・。訳が分からず巻き上げると、オモリも無いけどテーパーも無いと思いきや結び目や無くて、テーパーラインの細い部分で切れてるがな・・・・。『もーーアカン。早よ風呂入って寝よ寝よ、ボーーーズ決定やわっ、小さいアタリは兎も角、大アタリ4回連続取れへんなんて』ユウタロウさん曰く『テーパーで切れると言うことは、お魚は乗ってたと言う事でんがな』まぁそう言う事なんやけどねぇ。針の耳には硬い物をつけたらアキマへんなぁチャンと抜き上げんと、針の耳に角度が付いてる理由には、ハリスを止める事やハリスを針のフトコロ側に持って来るだけや無かったんやねぇ。そんな気がしました。

 それからは普通にいつもどーり餌を付けるようにすると、続けて当たりが出て『合わせるのが少し怖いけど・・・・』バシィーーーと合わして『良かったわぁ。乗ってるわぁ~』
DSCF1271_convert_20160810131022.jpg
40センチのキビレちゃん。旨く針が掛かっていたので、写真撮影にも耐えて元気よく帰って頂けました。

 結局のところ、5回も良いアタリがあったのに、お魚はこれ1匹だけ、アカン全く何をしているのか?新しい事をするとこんなリスクがあるんやなと思ったしだいでおます。
よぉーーし、次はDランクのISABを室戸でGETするどーー。波無くウネリ無く、釣り場へ入れたらね

お盆でコメント欄を停止します。自身暫くコメントを返せ無いかも知れませんので、ほんますんませんねぇ。


今回の大物釣果

キビレチヌ 40センチ



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 7月 岡山県 岡山市 川口

 例年 お楽しみの鮎の友釣りもひと段落、鮎茶屋で食べた鮎も100匹近いかなぁ?釣ったお魚は延べ4日で30匹程度、メチャ下手くそなワテでもなんとか楽しめました。友は逃がすわ、弱らすわ、老眼であきまヘン見えてないもの・・・管は感でつけたらあかんねぇ。

 家のブルーベリーも生食用は終わり、今はジャムやコンポートの加工用の実が最盛期で毎日4キロ程の収穫があります。実を毎日採るのもメンドクサイので鳥にもある程度解放中。モズやヒヨ鳥が美味しそうに食べてます
DSCF1250_convert_20160730002932.jpg
これで約4キロ

 さて、暑いけどようやく投げ釣りでもしようかなと言う気になり、でも美味しいお魚が考えつきまへん。兵鯛も旨いけど、やっぱりアレですか、落ちに従って美味しくなる暗緑のウネウネしたヤツ、ほんで外道で少しスズキの洗いでも食べられたら満足でんな。
DSCF1258_convert_20160730003109.jpg
餌屋で買いましたデこんなものww。

なんとスズキまで喰うでぇって表示があります。おぉーーーー万能餌やっ、知らんかった。他にウネウネ用のエサも持って、そこへユムシを50発加えて大阪を正午に大物釣りの風格が漂うゆうたろうさんと出発しました。

 ギラギラ照りまくるお日様、これを炎天と言うんやなぁ。ほんま暑いわ、鮎のほうがまだまだ涼しいね。毎年の修行とはいえ、ようも熱中症になれへんもんやな。持参してきた金バケツで水を汲んで水まき開始、少しは涼しくなった気がします(あーしんど)。
DSCF1255_convert_20160730003005.jpg
竿4本は完全にウネウネ仕様で残り4本はスズキの洗い仕様、今回も餌取りと格闘する予定でしたけれど、予想に反して餌取りが殆ど沸いて来ません。ユムシは勿論他の餌までも綺麗に残ったままです。このまま餌取がなかったらエエなぁ。お魚との遭遇チャンスが増えるヤン。

 未だ暑くて日の高い午後5時頃にゆうたろうさんがスズキを連発されるのを見て、『今日は日の高いうちからでも来るなぁ~。ワテも頑張るでぇ』と、洗いの通り道付近にユムシを投下していきました。暫くするとゴンゴンと当たり『ジャーーー』と短時間ですがドラグが鳴いて1匹目の洗いが釣れました。
DSCF1257_convert_20160730003042.jpg
本日の第1号 スズキ君55センチ

暫くして2匹目の洗いが釣れて、今日はいったい何匹釣れるんやろか?釣れ杉たらどーしよ・・・・
DSCF1260_convert_20160730003144.jpg
2匹目は51センチ

続いて未だ明るいのに、本命ウネウネちゃんをGET
DSCF1267_convert_20160730003434.jpg
大阪に帰っても、未だ生きてるウネウネちゃん
 漸く、日が落ちて夜釣りらしくなって来ましたが、相変わらず蒸し暑いですね。夜でも熱中症になれへんように気を付けんとねぇ
DSCF1262_convert_20160730003227.jpg
 予想と反して日没以後からは全くアタリが無くなって、エサもそのままで戻って来ます。ウネウネの餌もやっぱり戻って来て、釣れ杉の心配なんて既に無くなっています。期待は次の干満の転換前後で、今夜は午前1時頃になるようです。結果的に午前1時前後まで餌取りも無くナーンも釣れなくて、ひたすら餌の交換だけの時間が過ぎていきました。
もう表層の流れは午後10時前後から止まって池のように成っているのですけれど、潮変わりの午前1時が近づいて来るとまずはワタリガニが釣れて来ましたよ、それに連れて餌取りが偶にユムシを齧ってます。ユウタロウさんと話しをしている時『あっ、当たりましたデ』『えっホンマ?』乱視、近視、老眼の複合症状で見えて無いワテですから、少々の当たりでは判りまへん。竿が飛ぶかドラグが鳴くかしないとね。(なぜかドラグ音には良く反応できるんです)でもドラグ音だけではどの竿か判れへんのが難点でんな、ほんまアキマヘンわ。
 ユウタロウさんが『この竿ですよ、スズキっぽい当たりでしたデ』『エヘヘ、そーでっか、エヘヘww』ウリャァ~と大きく合わせると、まぁそこそこの重さです。夕方のより大きいかな?此処のよく釣れるサイズやろうかな?
DSCF1263_convert_20160730003355.jpg
3匹目の洗いちゃん62センチGETしましたぁ~
でもクーラーBOXには4匹の洗いちゃんが入ってます。1匹はユウタロウさんの洗いちゃんをGETしてます。近所に配達してあげるんです。配れるほどウネウネが釣れたらエエのやけどねぇ。
その後少し表面水も動くように成ってきた3時過ぎにドラグが鳴き竿が舞い込みました。
DSCF1261_convert_20160730003257.jpg
先ほどと良く似た62センチの今日1番の太い洗いちゃん
重たかったので、更に大きいかな?って思ってましたけれど太くて美味しそうな個体でした。釣果のほうはこれでおしまいで、夜明けの当たりも全く無し、暑くなる前に釣り場から逃げ出しまして、岡山の駅前でお風呂に入って、2時間程爆睡の後、なにやら大きな交通規制で渋滞した規制道を抜けて、大阪堺へは午後1時頃にユウタロウさんの運転で無事とーちゃく致しました。


今回の大物釣果

スズキ 55センチ
スズキ 51センチ
スズキ 62センチ
スズキ 62センチ

ウネウネ 中1匹



テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 6月 岡山県 岡山市 川口

 梅雨の合間の貴重な晴れ間が予報では丸1日半程続くらしいので、1晩だけのスズキ狙いを計画しました。去年のこの時期はチヌの邪魔がはいって、スズキに見つけて貰うのが大変でした。酷い時はチヌ10スズキ1、10対1対2くらいで釣れる始末?2って何?
緑いろのウネウネしたヤツね。これ用の餌も餌のユムシに一緒に付けるのですが、ホンマ最近あきまヘン、氷の上に置いていたのにワザワザそれを退けて、持って行くのを忘れてしまいました。ガックリですわ。

 潮を選ばず好天を選んだので、きょうは小さい潮回りで足場的には楽なんですけれど、足元のゴミと言うか切れ藻や枯れ枝が大量に満潮時に運ばれて来るのでしょうかね?
DSCF1225_convert_20160615190502.jpg
ゴミ塊の残骸

案の定、上げ潮になると、大量の藻や枝の複合した塊がラインやテンビンに絡み付いて、普段の上潮の倍くらいのスピードで流されます。巻き取りはメチャ重たいし、これは釣りになれヘンかも?エライ事になったと思うしだいでした。でも潮が小さいのが良かったのか?どうなのか判りませんけれど、下げ潮には反対から塊が来ると思っていたのに、『あれっ??ゴミは来えへん。何処へ行ったん?』潮が緩いので塊が崩れたのでしょうかねぇ??

 好天の日はもう真夏の日差しに成って、暑い。暑い。いつもランクル号にかねバケツを積んでいるので、そのバケツを使って川の水をバケツに汲んで飲み物を冷やします。これがなかなか旨く冷えてくれますよ
DSCF1219_convert_20160615190329.jpg

今回も活魚を活かしタンクで15匹程持って来てます。ポンプは3台セットできるので、サバやイワシでも丸1日は元気でいますが、この時期は温度管理が大変です。今日の場合なら常時、タンクの底を水で冷やすとか、底に氷を取り付けられるようにするとかしています。未だあまり報われてはいませんけれど、その内にとんでもない物が釣れたりするかも知れません。
DSCF1222_convert_20160615190422.jpg
今回もエイが4匹喰いつきましたけど・・・・・

日暮れ前、と言っても既に19時頃に満潮を向かえましたが、只々餌取りの猛攻を受けてます。偶にハリスがカクカクとなったりしていますので、餌取りはカニかなぁ?なんやろ?漸く日が無くなって少し蚊も出てますけれど、涼しく成って釣り易くなってきました。気がつくと川中なのに潮止まりでも無いのに池のようになってますがな。潮見表では午前1時頃となってますけれどまだ22時を回ったところです。『あかん。これはボウズもあるかも知れヘンなぁ』とブツブツ仏仏仏々・・・・・。その時漸くコツンとアタリが出ました。丁寧に玉網で掬った本日最初のスズキ
DSCF1227_convert_20160615185427.jpg
55センチのスズキ君

続いてアタリが判らなかったクロダイをGETします。ゴミでも付いてるのかと思ってましたけれど最後に少し暴れて『あぁっ、お魚や、黒いヤツかな??』そんな感じで釣れたクロダイです。
DSCF1231_convert_20160615190117.jpg
51センチのクロダイ君、針を飲込んでいたのでクーラーBOXへ入れましたけど・・・・どーすんの??

それから釣れ出すと思いましたけれど、ナーーンも釣れましぇん。池のような状態のまま時間は過ぎて潮止まりの時間がやってきます。(何時間も前から潮は止まってますけどね)でも6本出している竿の全体的に餌が全部残るように成り、餌を更新しても針に餌が付いていると思えるようになった午前2時過ぎに、ドラグが鳴きました『ギィィィィーーー』
DSCF11220_convert_20160615185139.jpg
60センチのスズキ

DSCF1235_convert_20160615185551.jpg
連続で同じような62センチのスズキ
回ってきましたよスズキ軍団

DSCF11219_convert_20160615184153.jpg
ひと際よくドラグを鳴らした68センチ

ここで超デカで重いし、暴れるしデカイぞと思わせるようなのを針に掛けましたけれど、最後の掛け上りで、初めての経験!エラ洗いでハリスを切られると言う経験をしました。いとも簡単に10号ハリスが切れました。へーーー。これがそうかぁと感心する始末
DSCF1241_convert_20160615185649.jpg
前のヤツにくらべると子供みたいな感じで、玉入れ無しでポイと60センチ 放流済

夜が明けてからようやく上げ潮が少し動きだしたら今度はセイゴとクロダイに主役は代わって
DSCF1243_convert_20160615185736.jpg
クロダイ41センチ、放流済

DSCF1244_convert_20160615185804.jpg
クロダイ40センチ、放流済

DSCF1247_convert_20160615185830.jpg
キビレ33センチ、放流済

DSCF1237_convert_20160615221242.jpg
ついに餌取りをGET 脱皮直後のワタリガニでおます

日付が変わって夜明けまでの爆釣でした。潮が小さくて釣り易かったですが、でも1歩間違えばボウズぽかったです。良く言うやないですか、今日は潮がじぇんじぇん動かんかったから釣れへんかった。とか言いだしかねませんものねww

今回の大物釣果

スズキ 55センチ
スズキ 60センチ
スズキ 62センチ
スズキ 68センチ
スズキ 60センチ
クロダイ 51センチ
クロダイ 41センチ
クロダイ 40センチ
キビレ 33センチ


テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 6月 島根県 隠岐西ノ島 リベンジなるか

 先月釣行した隠岐西ノ島は予想以上にワテには釣れませんでした。(ヘタクソ杉やね)カレイに固執し過ぎましたかねぇ。日中は仕掛け自体が短めの振り分け仕掛けのみで、後は遅くなった日暮れから約2時間強の半夜でしたから、大マダイとも遭遇チャンスは少なかったです。狩猟と違って釣りは相手が見えないのがもどかしいですね。狩猟やったら『キタ、キタ、キタッ・・・・・・』か『居るで・・・・そこやっ』とか来てるか来てないかが判るのですが、釣りは目的のお魚が来てるのかナーンも判りません。お魚が来た時に、まともに餌として針に残っているのかどうかも判らない、感と経験ですかぁ?エエ加減なものですね。長い事やってるだけで、感も悪いとほんまアカン・・・・・釣れましぇん。

 ワテには全サ未登録の間が少しあるのですけれど、実はこの間に自己記録のマダイ実寸96cmを西ノ島で釣ってます。組織の記録としては残って無いので、『ウソか本当か判らないし、釣った釣ったって言うてるだけですけどネ』 全日本サーフ登録時の隠岐西ノ島でマダイ70cm越えの記録は台帳を見てみると下のとおりでした。
お仕事をしていたのは2010年までで、それまでは年1~2回のお楽しみ隠岐釣行でした。良く釣っているのか?こんなものなんか判りませんけど、まぁ自己申告では無く組織に記録が残っている物を久々に見てみました。
もっと昔から西ノ島へは行っているんですけれど、大マダイと言えるお魚が隠岐でワテにも釣れるように成ったのは15年程前からやったんですねぇ。
そう言えば最初の15年間位は尺キスにカレイと大きなクロダイが多かったですし、釣り餌や大ダイのポイントが少し違ってたようでした。その頃は年金波止はまだ無かったし、美田の橋も、弁天公園もなーーーんも無かったです。弁天ではジネンジョを地元のオッチャンと一緒に掘ったりしましたデww浦郷にフェリーが着いていた時代のお話しですけどねww
島根県 隠岐西ノ島町 真鯛70cm以上
1997年 5月 73.7cm    2001年 5月 71.3cm
2001年 6月 70.0cm    2002年 6月 79.6cm
2003年 5月 70.0cm    2003年 5月 82.5cm
2003年10月 72.0cm    2004年11月 86.0cm
2005年 6月 84.2cm    2006年 5月 80.0cm
2010年 6月 75.0cm    2011年 6月 80.0cm
2012年 5月 80.4cm    2014年 4月 82.2cm
2014年 9月 75.0cm               cm

 先月は隠岐ノ島のスーパーマコやビッグモツ(アイナメ)と乗っ込マダイに完全に見放され、エサ取りを釣っているような釣りになりました。狙い方や餌の反省とそのリベンジを掛けた釣行に気合い充分で、10日間予想や週間天気や天気図と衛星画像を突き合わせて出発日を考えて大阪を出ました。岡山に入る頃には激しい雷雨となって、隠岐汽船の七類フェリー乗り場でも、小降りに成ったとは言えこんな感じで待機してます。
DSC_111755_convert_20160608142624.jpg
この雨を見越して活魚25匹を既に持参してきてますから、いつもならエサにする小アジを釣らなダメなんですけれど、その心配は無く、『ビールを飲んで余裕で8時間は寝られるなぁ~』と朝8時にアラームをセットし、ベッドで爆睡・・・・・・・・。
 
 ランクルベッドでタップリ寝て、フェリー約3時間の内、再び2時間は寝て元気一杯で1日目の渡船の船着き場まで走りました。予定では2日間の渡船でしたけど、天気予報が2日目は悪いほうに変わっていて、1晩だけの渡船に変更しました。今回も奥様から差し入れでトコブシとサザエがゴロゴロの超大盛弁当。漬物も別袋にメチャクチャ沢山入ってます。更に帰り際、なんと胴体だけで60センチは余裕の超デカイお土産の剣イカが2匹、1晩3000円やのにこんなエエ物出してたら儲かれへんしアカンよ。
DSCF1186_convert_20160608142850.jpg
足腰や体力に余裕がある内の1日目は、知夫里島方面の磯へ渡る予定でした。船頭もその方が固いような事を言うてましたが生憎の強風、基本は東風のようですけれど、もう何処からでも吹き荒れています。船頭は夜になったら風は収まるけど珍崎下しがメチャ寒いような事を言うてました。6月とは言え完全防寒を持参、モミモミのカイロも5枚リュックに入れてます。でも結局は風のせいで内湾のケーソンで竿を飛ばされながら釣る事になります。

 さて、日暮れまでには充分時間がありますから最初に活魚を餌に2本のカゴ竿を投入、餌の小アジ釣りを始めて、手空きの間に塩イワシの餌の竿を並べます。活魚餌の竿4.5号がグニャリンと舞い込みましたよ。『よっしゃーーー。ヒラメかなぁ??』重い重い
DSCF1177_convert_20160608142717.jpg
煮漬けやお刺身がメチャ美味しい34センチのマハタモドキ

やがて撒き餌も効いてアジが集まり出しますが個体が大きくて餌にならないサイズの入れ喰いです。とは言っても追い喰いを待ち過ぎると仕掛けは絡み易いしねー。せやけどメチャ面白いです。今回の最長のアジはこれです。死亡されて随分たってからの写真撮影ですから、相当縮んだ気がしますけれど
DSCF1187_convert_20160608142915.jpg
30センチの丸アジ君
バッカンでは1匹で飛び出してしまうので、スカリの登場です
DSCF1178_convert_20160608144127.jpg
結局釣れて来るアジは大き過ぎて餌にはならず、夕方と翌朝2時間位50匹程で止めました。何匹でも釣れそうでしたけど、後の始末もあるし、リベンジを忘れてはいけまへんからネ
S0071217_convert_20160608143423.jpg
 餌の活魚や塩イワシにはカサゴも3匹釣れました、何れも魚拓を採れば全サの大物ランクを満たせるサイズですが、まっカサゴのお刺身も大変美味しいので未ランク、泣きガシラと言うことで・・・。完全に日が暮れるとイワシや活魚にはドロウチ(ヌタウナギ)ヌッタンの登場です。期待していた日没の地合いには20センチのキス1匹。日が暮れて船頭の言葉どうりで気が付いたら風は無風となっていました。釣り易くなった半面お魚はナーーーーーンも釣れません。只々寒いだけで、モミモミを3枚も貼ってしまいました。

 『ウ~~ッ寒っ』この状態が夜明けまで続いて、『今回もなんかなぁ~。調子悪いなぁ~』と明けてきた空を見てた頃に、ポーンと竿尻が浮いて落ちてからドラグが『ジャーーーーー』と走りました。『これはタイや、Dはあるなぁ~。』特にジャマな物は無いので玉網で掬いにかかると、『あれっ!!なんや、タイやけどABダブルやんか』
DSCF1184_convert_20160608142751.jpg
30センチと47センチのダブルフックでした。
まっ食べて旨いサイズやからOK、OK ここは地合いと見て、釣ったお魚はほったらかしで仕掛けを同じ所あたりへ投入し糸フケを取って竿立にセットすると、いきなり竿先が舞い込みました。
DSCF1188_convert_20160608143018.jpg
先ほどと良く似たマダイ44センチ
それから本朝最後に釣れたのは
DSCF2016060654_convert_20160608143310.jpg
30センチあるでしょうか?チャリコ君です

 さぁ今日は渡船の予定を変更して、再び強風が吹き始めているので、風裏の地かた、小場所で仕掛けを投入します。
DSCF1190_convert_20160608143102.jpg
昔は写真手前は全て藻で覆い尽くされて、駆け上がりも見えない所でしたけれど
現在は藻が全然ありません。クロダイが釣れ難くなった一因でしょうかね
まぁ別に黒いのは釣れなくても良いのですけれど
 
 ここで竿を出す事にします。今日は今のところ竿4本が精一杯で、風が収まれば1本追加しましょうかね。日の高い内はユムシと塩イワシで待ちますが、針に掛かるのはエイ8割、その気にさせるサメ2割、小針のウナギ13号で青イソメを付けると、偶に小アジwwが釣れて来ます。島じゅうアジだらけやなっ凄いなぁ。
DSCF1192_convert_20160608143154.jpg

 長い日中も漸く終わって夜釣りになりました。車は近くにありますから、雨や寒くなったら走って逃げる段取りで釣りを続けます。21時頃でしたか、前触れもなくいきなり『ジャジャーーーーーーー』とドラグが鳴き、竿が横へ倒れ、ボーーッとして寝転んでいたのでビックリしました。日ごろの運動不足でそろそろアチコチ筋肉が痛くてガタガタに成って来てますが、そうは言ってられず『イタタタッ』『ヨッコラショ』どこぞのホラー映画で見た這うようにして、飛ばされた竿を拾いに行き玉網の傍から巻き上げにかかります。『あーーーっまたサメやなぁ重たいし、チョットだけゴンゴン来るワ』テーパーラインとの結び目がパチンと巻き取られて『あれっ・・根掛かり???・・・・・・・わッわッわッ』潮が引いて浅い岩場にマダイが引っかかって横になってます。大きいがな70センチはあるデ。玉網もまだ届けヘンし、『外れるなよ、切れるなよ』を呪文のように唱えながら大回りして浜へ降りて、バシャバシャと近づき、タオルで巻いた手で大ダイを掴み取ったしだいです。
DSCF1193_convert_20160608143226.jpg
残念ながら70には少し足らず。67センチの雄マダイでした

その後は再び静寂が続き池のような状態に戻りました。半夜でやめようか、体は痛いけど今晩は暖かいから朝までやろうか迷う所です。虫餌も今朝までギリで行けるかなぁと言う量でしかありません。睡眠は充分に摂れているから朝まで釣ろっと決定した時に、パラッと来たかと思う間もなく、エゲツナイ雨です。濡れたらアカン物を持って、近くの車まで2往復して釣り場にはクーラーBOXと竿しか無くなり、これでエエヤロかなぁ。加えて此処で竿が見えればエエのやけれど、置き竿は1段低くて藪があって見えません。やがて雷も暴れ出して、予報や雨雲の動きを見ると夜明けまでどうやらアカン見たいです。只それ以降は晴れ間が1日ある感じになってました。まぁ兎に角・・・朝まで寝よかっ・・・・・。

 ジャストタイミングで起きた様で雨は上りぎみとなり、偶にパラッとは来ますけれど、西の空には青空と思われる星空が覗いています。サテッ行こかぁ、今日も良く寝て結構元気なワテです。竿は無事竿立てに収まっていて何事も無かった感じ、巻き上げると3本の竿までなんと大きな毛虫・・・・・(まぁソーやろなぁ)最後の竿には死亡された小アジが付いてました。結構お魚も釣ってるし、明日のフェリー予約はしているけど、普通は変更できるしね。後4時間ほど頑張って釣って今日帰る事にしよっと!帰りには牛焼肉飯超大盛を喰うどーー。
餌を大判振る舞いで付けて1本増やして5本体制で臨みます。手前の荒い掛け上りの向こう30M程に近投していた1本針仕掛けの竿がドラグは締めてあるので大きく舞い込みました。ゴンゴン・ゴゴゴンと暴れているのがPE5号直結なのでよく伝わって面白いですね。手前まで寄せてきた時白っぽい魚影が横切りましたけれど、7Mの玉網で充分届き1発で入れる事ができました。
DSCF2016060655_convert_20160608143354.jpg
44センチのイシダイでした。

 今回は先月の西ノ島でのリベンジが出来たのでしょうか?何か微妙ですねぇ。最後に釣れたマダイかイシダイの何方かがもう少し大きければ納得なんですけれどねぇ・・・・・・・・・・・・・・。

今回の大物釣果

マダイ 30センチ
マダイ 30センチ
マダイ 47センチ
マダイ 44センチ
マダイ 67センチ
マハタモドキ 34センチ
イシダイ 44センチ
丸アジ 30センチww 25センチ中心に52匹





テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 5月 島根県 隠岐西ノ島

 隠岐ノ島は本土からフェリーで渡るのもメチャ遠い、ほんまエゲツナイ離島やなぁと言う感覚はそれ程ワテは持って無いのですけれど、やっぱり何時釣行しても風が強い事が多いです。ベタ凪やなんてことは盛夏を除いては記憶に無いですね。梅雨明けから晩秋まで最近は釣行しないようになって来てるので、数の出る夏場に釣っても料理をするのは奥ちゃまやし、お魚が沢山あったら怒られるしねww。

 随分昔の事でしたけれど、隠岐汽船のフェリー乗り場が七類。境港ともにプレハブやった時の秋口に、台風崩れの低気圧が北海道奥尻沖で猛烈に発達して、しかも停滞するちゅー最悪の時に隠岐に渡っていました。案の定欠航です。その週はたしか2、3日しか船は出なかったように記憶しています。運航の都合上、朝にフェリーが欠航すると、当時はいくら昼から収まってもその日のフェリーは全便欠航やったです。エサは既に無いしで、サザエやガンガラ(せいたか)とか亀の手などを採ってきて、それを餌にして釣ってました。釣果は漁協でカチンコチンの冷凍をしてもらいましたねぇ。だって何時帰れるかわかりませんでしたから、確かにお魚も沢山釣れたし、今の隠岐西ノ島とは別の島のようでした。
 
 さて風気のある日本海を3時間ほどでフェリーは西ノ島の別府港へ通着します。『あぁー。よう寝たわww』今回の目的のお魚はスーパーマコカレイとビッグもつ(大型アイナメ) 恐らくシーズン盛りの筈と今回も同行していただいている名人ユウタロウさんと踏んでいます。
DSCF1150_convert_20160514153156.jpg

 13時から渡船して22時に迎えを頼んで半夜で頑張ります。ゆうたろうさんと別々に渡っているので、携帯でしか状況は解りませんけれど、ゴゴゴ、ボボボと風が強いのが聞いて取れます。兎に角風が強くて釣り難いですね。そんな時には渡船店のおかあちゃんの未だほんのり暖かいサービスお弁当を戴きましょか、サザエ弁当でメチャ旨かったです。沢山入っているサザエに感動しながら完食~。
DSCF1140_convert_20160514153047.jpg

渡ってから17時頃までロクな当たりが無くてイソベラ、小さなレンコ、ほんでミニガシラです。持参した活魚も元気に泳いで交換する必要も無い状況でした。
でも、その活魚を餌に放り込んでいる籠竿の様子が変なんです。表現は出来ないですけれど、柔らかい穂先の動きが何かおかしいので、暫くじっと見ていると、フンニャン、フンニァン、・・・・・・・・・・・・・・グィ、、グイーーーーン『おっ・・・・・・・・きたぁ!重いけど引けへんなぁ。タコかなぁ??』バチャッと顔を出したのは旨そーなエエ型のカサゴ30cmチョイでした
DSCF1139_convert_20160514153020.jpg

その後はレンコダイの小さな群れが回って来たのか中小のレンコダイが釣れだしてこの日は終了。ワテもユウタロウさんも明日は違う所で竿を出す事にします。
 相変わらずカレイの当たりがありません。スーパーとは言わずとも時期的に1匹くらいは針掛かりしても良いものなのにねえ。アイナメも乗って来ません『ウソやろっ。既にシーズンは終わったんかいな。やっぱり4月に行っとかなアカンかったんかぁなぁ』
DSCF1145_convert_20160514153128.jpg

まぁそんな、小さなガシラや偶に中レンコダイが釣れて、まったりしている時にユウタロウさんから電話が入ります。
『えらい事が起こりましたでぇ~。凄いモノが釣れました。』『大タコでも釣ったんかいな??』とそんな事がありました。それについてはユウタロウさんのブログでそのうちにUPされる筈ですよ。夕刻前に僅か1回だけジャーとドラグが鳴きました。慎重に喰わせたつもりで合わせを入れても空振りでした。『なんやねん!!腹たつなー』夜は夜でマダイの回遊は無いし、今日も半夜で納竿なので、今回の隠岐釣行はマダイまでもがもうアカンそんな気がしてきました。良く釣れて来るレンコダイちゅーてもそんな大きくなるお魚と違うしなぁー。。。。。

 最終日は15時45分発の七類港行のフェリーに乗るので、朝から往年のカレイポイントに入りました。1日居れば精々30cm位のマコカレイ100枚の実績場へ行ってみましたが、釣り場の雰囲気は昔と全く変わらず。お土産釣りに期待しましたが、ほんま今は昔でんな。カレイが居ない、居てませんワ。
DSCF1157_convert_20160514153230.jpg

 相変わらず到着したときから風が強くて3方山や岬で囲まれている唯一の逃げ場へ時間まで釣って見ます。藻がメチャ多いながら1投目から小気味良いアタリがあって29cmカワハギとキュウセンベラのダブル
DSCF1160_convert_20160514153326.jpg

キュウセンは頭の上に居るトンビに進呈します。ほんで2投目も良いアタリが出てきました。大きな藻の塊の先に26cmカワハギ
DSCF1162_convert_20160514153350.jpg

その後はアタリが出ても大きな藻で逃がしたり、イソベラやったりで、今回はここまでで終了。ゆうたろうさんが釣ったカワハギを全てワテが掠め取る暴挙があって、トンビよりたちが悪いオヤジですな。そそ、マダイも戴いて結構豊漁になりましたね。でも、ゆうたろうさんは睡眠も充分な上にメチャご機嫌で今回の隠岐釣行を終えられた筈ですよ。エエなぁ~。ww
DSCF1172_convert_20160514153424.jpg
貰ったお魚は入ってまヘンでぇ。まずまずのレンコダイとカサゴ


今回の大物釣果

 カサゴ 31センチ
カワハギ 29センチ
カワハギ 26センチ




テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 4月 カゴ竿の遠投ブルズアイを投げ竿にプチ改造

 我が家の周りのサクラが散ると、ブルーベリー20本の花が咲き始めます。ほんで熊蜂や蜜蜂、今年は5種類の蜂がやってきました。鳥もメジロやウグイス、モズ、ヒヨドリ、スズメが無農薬で発生する葉巻虫やらを捕食しに朝から賑やかです。初めてやってきたウグイスもエエ声出してますww。なにやら豊作の予感がしますねぇ。今年も30Kg越える収穫が出来るかなぁ?
DSCF1133_convert_20160429125235.jpg

 隠岐ノ島へ行く予定が雨と強風の加減で少しズレて、えらい暇になってしまい、以前から実行せなアカンと言う事を、今日からするゾーとの気合いで取り掛かりました。
 活魚を付けて投げている遠投用のカゴ竿なのですけれど、長年投げ竿に馴染んでいると、どうしてもリールシートの位置が短くて合わないんですねぇ。ワテの考えられるところでは竿尻を延長するか、リールシートの位置を変えるかですね。でもリール取り付けはスクリューシートの位置変更やから難しいなぁ。竿尻延長も振り出し竿の仕舞いに支障が出そうやし、強度も不安です。手前の1番竿だけを古いスピンパワーと交換するのもあまりに竿内径が合えへんしなぁ??大体がスピニングリールで投げるように成って無いのかなぁカゴ竿ちゅーのは??。せめて遠投と銘が打ってあるんやし、もう少しリールシートの位置を広く取れへんもんなんかなぁ?別に遠投する気は無いですがねぇ・・・・。理由としては竿全体が投げ竿と比べるとメチャ柔らかい事もあるんやろか?キット何か他に理由があるのでしょうね。メーカー各社同じような位置やもん。まぁ兎に角、スピニングリールで投げ易くなるようにチョットだけ触ってみます。これで近投の名人に成れるかもしれまへんね。

 初期のスピンパワーBX-Tからリールシートを2個外してきました。おっチタンって刻印してありますね。これをカゴ竿に付けるだけです。スクリューシートより竿先側に付くし、以前は良くガイドを交換したり位置を弄ったりしてたんで、リールシートだけなら簡単な作業で終わりそうです。スレッド(巻く糸)色は車のタッチペンで塗装しようかなと思いました。メタリックもきっちりと再現出来るやろうし、なんと言っても色彩が豊富で、色調も確実でしょう。竿との色合わせも塗装色が解るのでエエかもね。今回は残っても使えるよう車に合わせた色でトヨタ202ブラックと竿に合わせたトヨタ8K4ライトブルーメタリックで新しいスレッドに着色してみます。
DSCF1074_convert_20160429125315.jpg

DSCF1125_convert_20160429125854.jpg
用意したものです。

A #1000以上の極細目 耐水ヤスリ
B カッターナイフ(バリを取る時に刃ではなく背を使います)
C 棘抜き(塗装が乾いていない時にフワフワ飛んで付着した埃掴や塗装の水泡取りに重宝します)
D うすめ液 薄めたり拭いたりあれば良いですね。無くてもOK
E 仕上げのエポキシ樹脂、扱いがメンドクサかったです。車用のクリアで仕上げたらよかった
F 紙製のテープとビニル製のマスキングテープ
DSCF1075_convert_20160429125341.jpg
今回はスレッドの色は何でも良いです。残ったPEの細いものでもOKやね

DSCF1078_convert_20160429125404.jpg
巻き上りました。次はマスキングをしてタッチペンで塗りましょう

DSCF1079_convert_20160429125430.jpg
1度目のトヨタ8K4ライトブルーメタリックを塗ったところです
なんか、スレッドの色がプロサーフの色に近いなぁww

DSCF1085_convert_20160429125504.jpg
#1000以上の耐水ヤスリで泡を消したり、表面にヤスリで極小さなキズを付けて仕上げ塗料が乗り易くします
出たヤスリ屑を全て吹き飛ばすのを忘れずに

DSCF1099_convert_20160429125530.jpg
スレッドの色付終了

DSCF10866666_convert_20160429125551.jpg
エポキシ樹脂を塗り、良く乾かせば、
ブルズアイSP 遠投4.5-520PK改リバーシブルの出来上がりです

DSCF1128_convert_20160429125632.jpg
2本共綺麗にできました。両竿とも同じスレッドを使っています。
上の竿は4号ブラックエディションLTDの竿にトヨタ202ブラックを染りました

DSCF1130_convert_20160429125656.jpg
残ったエポキシは竿尻へ、勿体ないのでコテコテに塗りつけてます。


 塗装はホンマ簡単にできます。塗り面積が少ないですし、随分昔から商品化されてるだけありメタリックの再現も旨くできます。ところが乾き難くて粘度が高いエポキシコーティングはワテには扱い難くかったです。マスキングもしっかり確実にしないと、紙のマスキングテープだと乾き出すまで時間が掛かるので染むし、ビニルテープはシワや隙間からは滲むし、テープは両方併用してリールシートの隙間とか溝とかをキッチリ詰めましょう。

 実釣はまだですけれど外で振ってみると、遥かに振り易くなってます。振れすぎるのかも?軽いオモリで旨く飛ぶ感じですね。高齢者向きww?4号4.5号の竿を投げ竿とでは比べられませんけど、しなやかで軟投や近投、カゴも100M近くはせぇ~のビヨヨヨーンと投げられそうです。

 ところで先月ワテのTwitterに、カナダの日系の人からメールが入りまして。内容はエサ箱の製作注文でしたが、それはそれは丁寧にお断りさせて戴きました。
お金を戴くちゅー事は一切していませんし、また戴く程の事でも無いし、まぁ何時も適当にしか出来ないので・・・・スンマヘンですわ


 

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2016年 4月 石川県 能登半島 輪島周辺 

 去年の秋から久しぶりにお仕事が忙しいゆうたろうさんを捕まえて2夜2日で、22時頃に大阪堺を出発します。名神・北陸・能登さと山の終点になる能登空港まで、金沢のバイパスを含んで、まぁ高速や自動車道で快適に桜満開の能登半島を走り抜けて行きました。行きは暗くて良く判らなかったのですが、帰りにはハッキリ見えたものがあります。それは各河川がメチャ濁っていると言う事です。大量の雪解け水が能登や北陸路に注がれているんですかねぇ。

 やがて何度も改修されて20年程前に大きな漁港なった目的地にトーチャク。夜明けが早くなったとは言えまだまだ暗く、ほんで流石に外気は4度・・・・・・。ゆうたろうさんは完全防寒、ワテはフリースを羽織ってるだけだと、常時肉布団を着用して脂肪断熱するだけでは効果無しみたいで、ヒィーーーーーッ寒寒寒い。こんな事を続けていると血管へのストレスで、そのうち血管が裂けて突然死んでまうデェ。こんなに寒いのにあかん。いくら夜でも釣れるかしらないけれど、日中にもカレイは釣れるんやから、せめて明るく成ってからでエエがな。急がんとゆったりと行きましょや。
 
 ベッドにおっさん2人がお布団に包まって爆睡ww。アラームに起こされると、もう薄明るくてヘッドライトが要るか要らないかの微妙な頃会いでした。夜中に到着した時はまったく感じなかったのですが、今は強い北風が吹いています。1時間毎の風予想でもそんな方向も強さの表示は出てないです。まぁ朝やからそれなりの向きの風は吹くんやろうと思って北東向き2本の波止先へ1人づつ釣り座を設けて釣り始めました。
DSCF1057_convert_20160406210041.jpg
 この釣り場の第1号は流石に旨いですねぇ。ゆうたろうさんでした。『30cm少しのマコカレイです』とのTELでした。おっ釣れたかぁ良かったわぁ。ほんなら次はワテに釣れてやぁ。オオキイのんやでぇと八百神にお祈りを~。お祈りが天に届いたのか?それは解りませんけれど、ドラグが短く爺~と鳴きました。『おっ、来た来た~』
DSCF1052_convert_20160406205917.jpg
なんでこんなに小さいのん?小ッ端マコカレイやんか
どうやら今回は信心の大きさで決まるようデ・・・・ヘヘヘ。3月中頃よりも断然今日のほうがオモリも冷たいし嫌な予感がします。ランクものより小さいカレイなんてまぁ此処で釣った記憶がない良い釣り場なんですけどねぇ。釣りを観にきた漁師さんが言うには、『今年の水温は例年に無く低くて、冷たいなぁ』でした。
『爺~・・・・』おっ!巻きあげてみると、先程よりすこし大きなイシカレイが釣れてきました。
DSCF1054_convert_20160406205948.jpg
イシカレイ31cm
なんかなぁ~薄っペラなカレイばっかりで、今まで此処で、こんなに薄いの釣った事なかったのに、アカンなぁ~。暫くして頭が硬式ボール大のマダコが変なアタリで釣れてきましたけれど、すんなりと針が外れたのでリリース。
また暫く間が開いて、『爺~。。。。』なんかアタリも小さいし期待薄やわぁ
DSCF1055_convert_20160406210012.jpg
ええーー。此処で初めての小さなマガレイ
写真には出て無いけれど、尾鰭付け根の両サイドの色が違います
そんなにマガレイでビックリすることも無いけれど、隠岐では普通に釣れるくらいで、関西やその近辺では御観かける機会が無いカレイですね。どちらかと言うとマガレイは北方系のカレイでしょうか??また間が開いて『爺~』
DSCF10600_convert_20160406210117.jpg
30cmのイシカレイ
この日の納竿までに釣れたのはカレイ6枚。クジメ。マダコで、枚数は毎回こんな物ですけれど、形と厚みが無かったです。明日は午前中だけの釣りですので場所を変えて遊びましょうかね。

 昨日の夜は22時には、お布団に包まれて2人とも意識不明の超爆睡で、朝の5時にはアチコチ体が痛くてふらつきながらも用意完了、今度は車では行けないので、重い荷物を背負って、降りたり上ったりトコトコ・フラフラ歩いて行きます。『これは遠いわぁ~。あーしんど』ようやく辿り着いても暫く動かれへん。そこで竿4本でカレイを狙います。1匹目は直ぐに釣れて昨日と同じ位のマガレイ『あかん、ここも同じや』その直後重厚な当たりが近投の竿に出ました。暫く待っていると、もう一度グイッと竿が入りました。『ムムッ。。重い。。。』でも変や、バシャっと浮いたのは大きなマダコですわソフトボールより大きな頭で気色悪~い。リリースしようかなと思いましたけれど、大した釣果も無いし、持って帰る事にして、マダコの急所を絞めてクーラーに入れちゃいました。その後は『あーーー。又、戻るのが大変やなぁ』そんな程度の釣況で、まるでスーパーのパックに入って売っているような形揃いのカレイ25~31cm8枚と大きなマダコ1匹を持って、ハプニングも無く夕方には大阪堺に戻れました。

今回の大物釣果

イシカレイ 31センチ
イシカレイ 30センチ





テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

半世紀中年

Author:半世紀中年

仕事を辞めてしまった半世紀中年。仕事でムダになった30年を取り戻すデェ。
これからは投げ釣り三昧ジャ。
嫁ハンはちょっと怒ってますけど

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいまし
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。